【黄梅賞】(中山)~ハローユニコーンが大外から豪快に差し切る [News]
2017/03/04(土) 15:35
中山9Rの黄梅賞(3歳500万下・芝1600m)は4番人気ハローユニコーン(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒2(良)。クビ差の2着に2番人気サレンティーナ、さらに半馬身差の3着に1番人気ゴールドハットが入った。

ハローユニコーンは栗東・鮫島一歩厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母サンタローズ(母の父パントレセレブル)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ハローユニコーン(田辺裕信騎手)
「ゲートがざわついていて、思ったより出ませんでした。折り合い、リズムを重視して、馬群から離されないように追走して、直線は頑張ってくれました。このペースとしてはいい位置ではなかったのですが、うまく対応してくれました」

2着 サレンティーナ(戸崎圭太騎手)
「スローペースだったので早めに動いて行きました。最後までしっかり走ってくれていました。馬の感じは悪くないです」

3着 ゴールドハット(内田博幸騎手)
「輸送は初めてでしたが、最後まで粘ってくれました。落ち着いていますし、いい馬です」

4着 トリリオネア(蛯名正義騎手)
「スローペースで、ゲートを出たのでいい形で運べました。距離はある程度あった方がいいと思います」