【くすのき賞】(小倉)~シロニイが早め先頭から押し切る [News]
2017/02/25(土) 17:19
小倉10Rのくすのき賞(3歳500万下・ダート1700m)は1番人気シロニイ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒5(重)。クビ差の2着に5番人気イイデファイナル、さらに3馬身差の3着に2番人気タガノポムルが入った。

シロニイは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母シラユキヒメ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シロニイ(秋山真一郎騎手)
「これまでゆったりとしたペースでためるレースをしていた分、最初のペースには戸惑っていたようです。陣営からは『遠慮するな』と言われていたので自分から動いて行きました。もともと力が上の馬、いい時に乗せてもらいました」

2着 イイデファイナル(中谷雄太騎手)
「ダート1700mは初めてでしたが、上手に運んでくれました。勝ち馬はスムーズに外を回って抜け出すレースで、この馬は動くに動けない位置にいたことが勝ち馬との着差です。この馬自身自分で動ける脚がある乗りやすい馬。追い出しのタイミングの差で力負けではありません」

3着 タガノポムル(藤岡佑介騎手)
「ゲートも良く、流れにも乗れた、しっかりとしたレース。自分自身も伸びて、内容のあるレースでした」