【きさらぎ賞】(京都)~アメリカズカップが好位から抜けて重賞初制覇 [News]
2017/02/05(日) 16:45
京都11Rの第57回きさらぎ賞(GIII、3歳、芝1800m)は6番人気アメリカズカップ(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒1(重)。1馬身3/4差2着に1番人気サトノアーサー、さらにアタマ差で3着に2番人気ダンビュライトが入った。

アメリカズカップは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母ベガスナイト(母の父Coronado's Quest)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アメリカズカップ(松若騎手)
「前走は出遅れましたが、今日はスタートでいい位置を取って流れに乗れました。馬場も渋っていたので早めに行こうとは思っていました。この馬、道悪はあまり苦にしません。ノメらずラストまで走ってくれました。まだ成長途上でこれだけのパフォーマンスを見せてくれました。これから楽しみですね」

2着 サトノアーサー(川田騎手)
「勝ち馬の後ろでスムースに運べました。馬場状態も勝ち馬に向いて、不得意な道悪の中、頑張ってくれました。この馬にとってはいい経験になったと思います」

3着 ダンビュライト(ルメール騎手)
「いい感じ、いいペースで流れに乗って長くいい脚を使ってくれました。まだまだ若い馬、もっと良くなります」

4着 プラチナヴォイス(和田騎手)
「向正面から内にササって、それを直しながらのレースでした。直線も脚はあるのですが、ラチまで行こうとします。トビの大きな馬でノメっていたからでしょうか...。まっすぐ追うことが出来ませんでした」

5着 エスピリトゥオーゾ(四位騎手)
「未勝利戦を勝ったばかりの重賞挑戦ですから、どれだけやれるか確かめる感じでじっくりレースを進めました。それなりの伸びは見せましたし、よく走っていると思います」

7着 タガノアシュラ(岩田騎手)
「前に行きましたが、下を気にして進んで行かない感じです。3コーナーの坂も脚をつっぱっている感じでした」