【東海S】(中京)~人気のグレンツェントがキッチリと差し切り重賞2勝目 [News]
2017/01/22(日) 16:52
中京11Rの東海ステークス(4歳以上GII・ダート1800m)は1番人気グレンツェント(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒2(良)。半馬身差の2着に12番人気モルトベーネ、さらに半差の3着に10番人気メイショウウタゲが入った。

グレンツェントは美浦・加藤征弘厩舎の4歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母ボシンシェ(母の父Kingmambo)。通算成績は10戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 グレンツェント(横山典弘騎手)
「着差以上に余裕がありました。よく頑張ってくれました。攻め馬とレースでオン・オフの切り替えがある馬です。自由自在でした。ペースがもう少し流れるのかと思っていましたが、レースは最初のコーナーでゴチャついたところ以外はスムーズでした。若い馬ですし、まだ良くなる余地があります。今年1年人も馬もケガなく無事に幸せに平和に頑張ります」

2着 モルトベーネ(秋山真一郎騎手)
「調教で動いたイメージそのままで乗れました。スムーズに走れました。一瞬はやったと思いましたが、悔しいです」

3着 メイショウウタゲ(幸英明騎手)
「2頭分あったスペースが狭くなって引っ張ってしまいました。あれがなければ突き抜けていたと思います」

6着 ピオネロ(川須栄彦騎手)
「休み明けもありましたが、本来の力を考えればかわせると思いました。遅くなりそうでしたから、ある程度先行して行こうと位置を主張していきました。どんなレースでもできると聞いていますし、次は良くなってきそうです」

9着 ラストインパクト(石橋脩騎手)
「3~4コーナーはいい形で回って来られました。まだダートに慣れていないのか、最後は引っ掛かりのない走りになってしまいました」