【若竹賞】(中山)~ウインブライトが人気に応えて快勝 [News]
2017/01/21(土) 15:44
中山9Rの若竹賞(3歳500万下・芝1800m)は1番人気ウインブライト(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気マイネルズイーガー、さらに半馬身差の3着に9番人気ムーンザムーンが入った。

ウインブライトは美浦・畠山吉宏厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインブライト(松岡正海騎手)
「控える形、折り合いをつける形でずっとレースをしてきました。馬が脚の使いどころを覚えてきたのが今日の1番の収穫ですね。今日のようなスタイルで競馬をしたかったので、まだ余力を残して作っているので、体が緩く、これからまた成長してくると思います。距離は2000mでも大丈夫でしょう。強かったです。次も頑張ります」

2着 マイネルズイーガー(柴田大知騎手)
「頑張っていました。馬に芯が入って良くなってきました。今日は内枠で勝ち馬の前で競馬をしましたが、これからはいろいろな競馬を試していければ良いと思います。今日は勝ち馬にかないませんでしたが、この馬も力をつけていて、今後楽しみです」

3着 ムーンザムーン(大野拓弥騎手)
「外からうまく上がって行けましたが、エンジンがかかるのが遅いタイプです。広いコースになればよりいいかもしれません」

4着 シーズララバイ(柴田善臣騎手)
「走りますよ。体はもう少し立派になってほしいです。今は我慢です。いいモノがありそうな馬です」