【紅梅S】(京都)~アロンザモナが差し切り勝ち [News]
2017/01/17(火) 16:19
京都10Rの紅梅ステークス(3歳オープン・牝馬・芝1400m)は5番人気アロンザモナ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(稍重)。3/4馬身差の2着に2番人気エントリーチケット、さらに1馬身半差の3着に7番人気ビーカーリーが入った。

アロンザモナは栗東・西浦勝一厩舎の3歳牝馬で、父ストリートセンス、母リザーブシート(母の父クリエイター)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アロンザモナ(幸英明騎手)
「直線を向いたところで手応えを感じました。最後はしっかりとした脚でした。調教の時からいい素質がありそうだと思っていましたが、競馬に行ってもセンスが良かったです。これからも良くなっていくと思います。今後も楽しみです」

(西浦勝一調教師)
「収穫のあるレースでした。5,6番手とうまくいいところにつけて、終いもしっかりと伸びてくれました。新馬勝ちは伊達ではありませんでした。今後はリフレッシュ放牧に出して、トライアルから桜花賞に向かいたいと思います。どのトライアルを使うかは馬の状態を見て決めたいと思います」

2着 エントリーチケット(V.シュミノー騎手)
「スタートよく切れました。道中もリラックスして走れました。いい結果が出て良かったです。完璧なレースだったと思います」

5着 ラプソディーア(S.フォーリー騎手)
「馬場に脚を取られたり、躓いたり、ロスがありました。馬がメンタル的に一生懸命走るので、心肺的に直線まで持ちません。柔らかい馬場なら軽快に走れると思います」