【京成杯】(中山)~コマノインパルスが横綱競馬 [News]
2017/01/15(日) 16:39
中山11Rの京成杯(3歳GIII・芝2000m)は1番人気コマノインパルス(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒5(良)。クビ差の2着に7番人気ガンサリュート、さらに半馬身差の3着に3番人気マイネルスフェーンが入った。

コマノインパルスは美浦・菊川正達厩舎の3歳牡馬で、父バゴ、母コマノアクラ(母の父フジキセキ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 コマノインパルス(田辺裕信騎手)
「この前のレースがフロックでないという結果を出せてよかったです。ゲートを出てポジションを取れれば前に行くことも考えましたが、馬のリズムを守っていきました。2週続けて強めに追ったので馬がカリカリしていてレースに悪影響が出ないかと思いましたが、最小限に抑えられました。ペースは遅く感じたので早めに前の馬を射程に入れて行きました。外から1頭来ていましたが、しのげる感じでした。結果を出せてよかったです」

2着 ガンサリュート(北村友一騎手)
「オンとオフの切り替えが激しく、難しい面があります。調教からゆとりを持って走れるよう乗ってきたことが競馬につながっています。ゲート裏でスイッチが入りましたが、競馬ではギリギリ我慢できていました。もっと道中オフで走れれば、もっと走れると思います」

3着 マイネルスフェーン(柴田大知騎手)
「ハミを換えて折り合いはOKでした。今日はスローペースで、直線で前が開きませんでした。内枠が仇になりました。馬は充実してきています」

5着 アサギリジョー(石川裕紀人騎手)
「思い切ってハナへいくことも考えましたが二の脚で進んでいきませんでした。3、4コーナーから勝ちに行く競馬をしました。終始外を回ったこともあり勝ち馬とは差がありましたが、おっと思うこともあり、これからの成長に期待したいです」

6着 バリングラ(石橋脩騎手)
「後手に回ると競馬に集中できません。能力はあるので競馬を覚えてくれば、もっとやれると思います」

10着 ポポカテペトル(戸崎圭太騎手)
「手応えは良かったのですが、追ってからもたつくので、入りたいところに入れませんでした」