【寿S】(京都)~ロードヴァンドールが先手を奪って押し切る [News]
2017/01/08(日) 16:08
京都10Rの寿ステークス(4歳以上1600万下、芝2000m)は2番人気ロードヴァンドール(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒6(稍重)。クビ差2着に1番人気ハナズレジェンド、さらに3/4馬身差で3着に5番人気ジョルジュサンクが入った。

ロードヴァンドールは栗東・昆貢厩舎の4歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ジャズキャット(母の父Storm Cat)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードヴァンドール(太宰騎手)
「このような渋った馬場は得意ではありませんが、具合の良さでカバーしてくれました。体も徐々に増えているように、今はまだ良化の途上にあります。まだ良くなりそうです」

2着 ハナズレジェンド(ルメール騎手)
「スタートがもう一つでポジションが後ろになりました。ペースが落ち着いてしまった中、この馬はラストは素晴らしい脚でした。ただ、前の馬も止まらない展開でした」

3着 ジョルジュサンク(幸騎手)
「スタート良く、勝ち馬の後ろで流れに乗ってのレースが出来ましたが、あとひと押しが利かなかったのは久々ということもあったと思います。次はもっと走りそうです」

5着 レッドルーラー(シュミノー騎手)
「ペースが遅い中、後ろからリラックスして走っていましたが、促したら掛かりそうでした。ラストは右にヨレるところがありました」