【ポルックスS】(中山)~ドリームキラリが逃げ切り6勝目を挙げる [News]
2017/01/07(土) 16:30
中山11Rのポルックスステークス(4歳以上オープン・ダート1800m)は5番人気ドリームキラリ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒9(良)。アタマ差の2着に2番人気センチュリオン、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気タムロミラクルが入った。

ドリームキラリは栗東・矢作芳人厩舎の5歳牡馬で、父Giant's Causeway、母Truant(母の父Gone West)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ドリームキラリ(松岡正海騎手)
「チークピーシズを着用した効果がありました。反応が良く、ハナに行ってもずっと手応えが良かったです。最後早めに来られてもよく粘っていました」

(矢作芳人調教師)
「最後まで粘りきれたのは、チークピーシズをつけた効果でしょう。オープンまで勝つことができて嬉しいです。この後は一息入れて次を考えたいと思います」

5着 バスタータイプ(内田博幸騎手)
「ゲートの中では落ち着いていたのですが、スタート直後に滑って、さらに躓いてしまいました。しかし、それでも5着になるのですから力はあります。休み明けでしたから、次に期待です」

11着 ジェベルムーサ(柴山雄一騎手)
「いつもなら3コーナーから上がって行く馬が、今日はいつもと違いフワーっと抜ける感じで、勝負どころから進んで行きませんでした」