【信濃川特別】(新潟)~クランモンタナが叩き合いを制す [News]
2013/08/03(土) 16:51
新潟10Rの信濃川特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は、2番人気クランモンタナ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒8。クビ差の2着に1番人気サトノノブレスが、3馬身差の3着に8番人気レオプログレスがそれぞれ入線。

クランモンタナは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母エアトゥーレ(母の父トニービン)。通算成績は18戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 クランモンタナ 内田博幸騎手
「スパッと切れるタイプではないので、直線の長いコースでの今日のようなレースは合っています。いい位置をとれましたし、この馬の持ち味を生かすレースができました」

2着 サトノノブレス 岩田康誠騎手
「もう少し前の位置につけたかったですね。休み明けの分もありますが、今日はチャンスを生かせず残念です」

3着 レオプログレス 田辺裕信騎手
「この馬の休み明けとしてはいい状態でよく動いてくれました。前の馬を追いかける形だと一生懸命走ってくれますし、地力のある馬ですから、あとは流れと気性面でしょうか」

4着 ダービーフィズ 蛯名正義騎手
「直線に入って追い出すところまでは完璧だったんですが、追い出してからの伸びだけが想定外でした。思ったほど伸びず、今日はショックな負けです」

5着 ファルスター 福永祐一騎手
「決め手の差が出た形です。この馬にはコーナーが4つあるコースのほうが合っているようです」

6着 ゴールドブライアン 高倉稜騎手
「前に行く馬があまりいなくて、スタートで出して行くとガツンとハミを噛んで行きそうだったので抜いた形で出て行ったんですが、思った以上にハミをとらなくて、フワフワした感じになってしまいました。最後はよく伸びているんですが......」

7着 トウシンイーグル 松岡正海騎手
「前残りの競馬になってしまいましたね。直線ではいちばん良い脚で伸びているんですが......」