【京都金杯】(京都)~エアスピネルが接戦制す [News]
2017/01/05(木) 17:12
京都11Rの京都金杯(4歳以上GIII・ハンデ・芝1600m)は1番人気エアスピネル(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒8(良)。ハナ差の2着に6番人気ブラックスピネル、さらに半馬身差の3着に5番人気フィエロが入った。

エアスピネルは栗東・笹田和秀厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母エアメサイア(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エアスピネル(武豊騎手)
「久しぶりにこの馬で勝てたので嬉しいです。行きっぷりが良かったですし、このくらいの距離が乗りやすいと思います。3~4コーナーでは良い感じで外めを回っていました。直線では弾けると思いましたが、もたついてしまいました。しかし、この馬は地力があります。この馬にかけるものは大きいので、良いスタートが切れて良かったです。今後も楽しみです」

2着 ブラックスピネル(福永祐一騎手)
「勝った馬はGIでも主役級の馬でしたし、かわせそうでかわせませんでした。それでも、内枠を利して、上手く立ち回ってくれました」

3着 フィエロ(S・フォーリー騎手)
「思っていた以上にペースが速かったのですが、前の馬が楽そうに走っていました。これではまずいと思い、位置を上げようと思いましたが、他の馬にブロックされてしまいました。思ったより後ろになりました。直線では前をこじ開けて、エンジンが掛かりましたが、最後の100mでは止まってはいませんが、加速度が変わってしまいました。勝った馬とは位置取りの差だったと思います」

4着 アストラエンブレム(M・デムーロ騎手)
「良く頑張ってくれました。直線では一頭だけ後ろから伸びてきました。勝つと思いましたが、ムチを使うとブレーキをかけるところがあります。相手が強かったです」

5着 マイネルハニー(柴田大知騎手)
「緩いペースの中、出して行って折り合えたのは良かったです。早めに踏んで行っているのですが、仕方がありません。どこかで条件が合えばまた頑張ってくれると思います」