【中山金杯】(中山)~ツクバアズマオーが人気に応えて重賞初制覇 [News]
2017/01/05(木) 17:02
中山11Rの中山金杯(4歳以上GIII・ハンデ・芝2000m)は1番人気ツクバアズマオー(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒6(良)。3/4馬身差の2着に6番人気クラリティスカイ、さらに2馬身半差の3着に4番人気シャイニープリンスが入った。

ツクバアズマオーは美浦・尾形充弘厩舎の6歳牡馬で、父ステイゴールド、母ニューグランジ(母の父Giant's Causeway)。通算成績は27戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ツクバアズマオー(吉田豊騎手)
「スタートにいつも不安のある馬ですが、今日は他の馬と同じくらいに出ました。ただ、位置取りが思っていたよりも後ろになりました。前がとばしていたので、自分のリズムを崩さずに乗りました。外からいい感じで上がっていけました。人気になっていましたし、勝てて良かったです」

(尾形充弘調教師)
「年齢と共に大人になりました。今日のレースは流れも向きましたし、色々な意味で運もありました。この後のことは、まだ何も考えていませんが、いい形でスタートできて良かったです」

2着 クラリティスカイ(田辺裕信騎手)
「思った通りの競馬は出来ました。ただ、展開的に少し厳しくなりました。このハンデで、力のあるところを見せてくれました」

3着 シャイニープリンス(江田照男騎手)
「手応えは良かったですし、良く頑張ってくれたと思います。一生懸命走ってくれる馬ですし、どこかで重賞のタイトルを取らせてあげたいと思うのですが...」

4着 シャドウパーティー(内田博幸騎手)
「力のあるところを見せてくれましたし、頑張りました」

5着 カムフィー(蛯名正義騎手)
「形になりましたし、頑張りました」