【万葉S】(京都)~タマモベストプレイが5勝目を挙げる [News]
2017/01/05(木) 16:10
京都10Rの万葉ステークス(4歳以上オープン・ハンデ・芝3000m)は2番人気タマモベストプレイ(V・シュミノー騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分06秒1(良)。3/4馬身差の2着に7番人気ラブラドライト、さらに1馬身半差の3着に3番人気スピリッツミノルが入った。

タマモベストプレイは栗東・南井克巳厩舎の7歳牡馬で、父フジキセキ、母ホットプレイ(母の父ノーザンテースト)。通算成績は34戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 タマモベストプレイ(V・シュミノー騎手)
「完璧なレースでした。馬がリラックスしていて、コントロールしやすかったです。前走は5着だったので、今日は良い成績でとても嬉しいです。良い馬に乗れてよかったです」

(南井克巳調教師)
「良かったです。嬉しいです。久しぶりに勝ってくれました。うまく乗ってくれています。力はありますし、素直に走れれば動ける馬です。次走は阪神大賞典辺りを考えています」

3着 スピリッツミノル(M・デムーロ騎手)
「すごく馬が硬かったです。早めに出して行きましたが、伸びませんでした」

5着 マドリードカフェ(川島信二騎手)
「輸送が良くないのでしょうか。こちら(京都)の方がちゃんと走ってくれます。しかし、内枠で押し込められたので、その辺りがもう少しスムーズだったらよかったです」