ラブリーデイ引退、ブリーダーズSSで種牡馬入り  [News]
2017/01/04(水) 17:36
 2015年の宝塚記念、天皇賞(秋)とGIを2勝したラブリーデイ(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)が、1月4日(水)付で競走馬登録を抹消した。今後は、北海道沙流郡日高町のブリーダーズスタリオンステーションで種牡馬となる予定。

 ラブリーデイは父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ(その父ダンスインザダーク)という血統。通算成績は33戦9勝(うち海外2戦0勝)、重賞は2015年の中山金杯、京都記念、鳴尾記念、宝塚記念、京都大賞典、天皇賞(秋)の6勝。2015年にはJRA賞最優秀4歳以上牡馬にも選出された。

(JRAリリースによる)