【STV杯】(函館)~メジロツボネがゴール前の混戦を制す [News]
2013/08/03(土) 16:39
函館11RのSTV杯(3歳以上1000万下・芝1200m)は、5番人気メジロツボネ(黛弘人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒7。クビ差の2着に3番人気ヤマニンプチガトーが、ハナ差の3着に6番人気レッドガルシアがそれぞれ入線。

メジロツボネは美浦・高木登厩舎の5歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母メジロルバート(母の父メジロライアン)。通算成績は20戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 メジロツボネ 黛弘人騎手
「一度使われて、状態は上がっていました。スタートよく、行ければ行こうと思っていましたが、行く馬がいたので3番手から折り合いをつけて乗りました。今日は前走より時計もかかり、いろいろなことがうまくいきました。5歳ですが元気一杯ですし、いい意味での落ち着きが出てきました」

4着 ワキノブレイブ 四位洋文騎手
「最後はよく来ていますが、流れが落ち着きましたね。今日のレースぶりも悪くなく、しっかり伸びています」

5着 ゴールデンムーン 三浦皇成騎手
「ゲートはうまく出ましたが、他の馬にいい位置をとられ、ペースも落ち着いたので後手に回ってしまいました。完全に前残りの競馬で、よくここまで来たと思います」

6着 ニシノカチヅクシ 柴山雄一騎手
「馬の具合はすごくよかったのですが、厳しい競馬になってしまいました。前が開けば、突き抜けそうな感じだったのですが......」

9着 メイショウヒデタダ 吉田隼人騎手
「下がってくる馬がいて、動けなくなり、うまくさばけませんでした」