【東京大賞典】(大井)~アポロケンタッキーがGI初制覇 [News]
2016/12/29(木) 18:08
29日、大井競馬場(晴・重)で行われた第62回東京大賞典(GI・ダート2000m)は、5番人気のアポロケンタッキー(内田博幸騎手)が直線抜け出し、GI初制覇を飾った。

レースはスタートから、コパノリッキー、アウォーディー、アポロケンタッキー、ノンコノユメとJRA所属馬が先行グループを形成し、その直後にサウンドトゥルーが続いた。

3コーナーでは、コパノリッキーにアウォーディーが並びかけ、アポロケンタッキー、サウンドトゥルーも差を詰めて、4頭が広がる形で直線へ。直線では4頭の争いからコパノリッキーが脱落、アポロケンタッキーが抜け出し、2分05秒8の時計でGI初制覇。2着争いはアウォーディーがサウンドトゥルーの追い上げを凌いで2着を確保、3着にサウンドトゥルーが続いた。

勝ったアポロケンタッキーは父Langfuhr母Dixiana Delight(母の父Gone West)の血統、JRA栗東・山内研二厩舎所属の牡4歳鹿毛馬。通算成績19戦8勝(JRA18戦7勝)、勝利騎手はJRAの内田博幸。

~レース後のコメント~
1着アポロケンタッキー(内田博幸騎手)
「戻ってきました、この大井に!皆さんの暖かい応援のおかげで勝つことができました。
周りも強い馬ばかりでしたが、負けてもいい、差されたら仕方がないと思って、早めに動いていって持久力を生かすことができました。キャンターが力のある走りで、ダート、特に大井が合う走りでした。私は46歳になりますが、20代に負けないつもりで乗っています。この機会を下さった関係者の皆さん、ありがとうございます」

1着アポロケンタッキー(山内研二調教師)
「上積みはあって、どこまでと思っていましたが、勝てるとは思っていませんでした。距離の延長は魅力だと思っていました。できれば大井を知っている騎手に頼みたいと思って、内田騎手に依頼しました。いいジョッキーに乗ってもらえました。脚元の不安もありませんし、これから楽しみです。一息入れることになると思います」

2着アウォーディー(武豊騎手)
「競馬の形は良かったのですが、スローすぎました。残念です」

3着サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「展開は遅くなりそうだったので先行していきました。スムーズに走れました。自分から動く形でも崩れずに走ってくれました。もう少し時計が出る馬場なら良かったと思いますが、力を付けています」

(取材:山本直)