JRA、来年1月14日からパトロールビデオ全レースで公開 [News]
2016/12/12(月) 15:12
 JRAは12日(月)、現在公開している重賞レースの全周パトロールビデオを、全レースに拡大して公開すると発表した。公開開始は来年の1月14日(土)。

 JRAホームページの「競馬メニュー」→「レース結果」で視聴が可能で、最終レース終了後に当日の全レース分を一括して公開する(おおむね最終レース50分後までに掲載)。なお、競走中の個別事象を説明するパトロールビデオは引き続き掲載する。

 また、来年から以下の2点での競走ルールの変更も発表されている(運用開始は来年1月1日)。

<変更点1>落馬再騎乗の禁止
 ルールの国際調和及び騎手と馬の保護の観点から、競走において騎手が落馬した場合に、再騎乗して競走を継続することを禁止する。よって、騎手が落馬した時点で、当該馬は競走を中止したものとする。

<変更点2>パッド付鞭の義務化
 ルールの国際調和及び動物愛護の観点から、競走において騎手が使用する鞭を、パッド付鞭に限定する。

(JRA発表による)