【ラジオNIKKEI杯京都2歳S】(京都)~カデナが大外から差し切り重賞初制覇 [News]
2016/11/26(土) 16:44
京都11RのラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(2歳GIII・芝2000m)は3番人気カデナ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒6(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ヴァナヘイム、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気ベストアプローチが入った。

カデナは栗東・中竹和也厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母フレンチリヴィエラ(母の父French Deputy)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 カデナ(福永祐一騎手)
「イメージ通りのレースができ、馬もそれに応えてよく伸びてくれました。一番有力だと思っていた馬の後ろの位置を取ることができ、この形で負けたら仕方ないと思うくらいでした。距離が延びても良さそうですし、牡馬クラシックをにぎわせてくれる馬になってくれると思います」

2着 ヴァナヘイム(A.シュタルケ騎手)
「プラン通りのレースができました。勝ち馬と併せる形になっていれば違ったと思います」

3着 ベストアプローチ(川田将雅騎手)
「3コーナーまでいいリズムでしたが、そこから行けずに直線もなかなか進路が出来なかったのですが、終いはいい脚で伸びてくれました」

4着 ワンダープチュック(武豊騎手)
「折り合いがつきましたし、その分終いはよく伸びました。メドが立ちました」

5着 ソーグリッタリング(M.デムーロ騎手)
「よく頑張ってくれたのですが、直線で狭くなったのが痛かったです。距離はもう少し短い方がいいかもしれません」

6着 プラチナヴォイス(和田竜二騎手)
「今日は気分が乗りすぎていて、消耗していました。直線も反応し切れませんでした」