【東スポ杯2歳S】(東京)~ブレスジャーニーが重賞連勝 [News]
2016/11/19(土) 16:30
東京11Rの東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は1番人気ブレスジャーニー(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3(稍重)。クビ差の2着に4番人気スワーヴリチャード、さらにハナ差の3着に1番人気ムーヴザワールドが入った。

ブレスジャーニーは美浦・本間忍厩舎の2歳牡馬で、父バトルプラン、母エルフィンパーク(母の父タニノギムレット)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ブレスジャーニー(柴田善臣騎手)
「返し馬の時から少し気持ちが入りすぎるところがあるので、これが課題です。レースでは普通に自分のリズムで走っていて、直線での手応えが十分だったので、差し切れると思いました。このまま無事にいってほしいです」

2着 スワーヴリチャード(四位洋文騎手)
「結果的にですが、もうワンテンポ追い出しを遅らせても良かったかもしれません。じっくり溜めて終いを生かしたほうが良い、という話を先生としていましたし、直線を向いてからもいい感じでしたが...。勝ちたかったです」

3着 ムーヴザワールド(C・ルメール騎手)
「まだ2戦目で経験も少ないですし、馬も若いです。ちょっと反応するまでに時間が掛かりました。ポテンシャルを持っている馬ですが、今日は相手も強かったですね。ただ、2000mを超える距離がいいと思いますし、だんだんと馬も良くなっています」

4着 キングズラッシュ(田辺裕信騎手)
「今日はスタートを出てくれました。前は流れていましたし、リラックスしてリズム良く走っていました。最後は前の3頭から遅れましたが、まだパワーアップしていけると思います」

5着 トラスト(柴田大知騎手)
「頑張ってくれましたが、一生懸命になりすぎました」