【エリザベス女王杯】(京都)~クイーンズリングがGI初制覇 [News]
2016/11/13(日) 17:26
京都11Rのエリザベス女王杯(3歳以上GI・牝馬・芝2200m)は3番人気クイーンズリング(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒9(良)。クビ差の2着に12番人気シングウィズジョイ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気ミッキークイーンが入った。

クイーンズリングは栗東・吉村圭司厩舎の4歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母アクアリング(母の父Anabaa)。通算成績は13戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 クイーンズリング(M・デムーロ騎手)
「ずっと京都のGIを勝てていなかったのを気にしていました。勝てて良かったです。内枠も条件は良く、もう少し前に行きたかったのですが、強いレースをしてくれました。直線ではルメール騎手に先に入られ外へ川田騎手に行かれましたが、とても真面目な馬なので、中のスペースをしっかり伸びてくれました。距離の心配もなくなりました。今後も楽しみです」

(吉村圭司調教師)
「初めてGIを勝てて嬉しいのと、信じられない気持ちと両方です。夏を越して馬が成長して、府中牝馬ステークスから中3週でしたが、中間にパワーアップした感じで馬の成長期とレースがマッチした感じです。レースでは位置取りは思ったより後ろでしたが、長い長距離のレースですから切り替えてみていました。直線ではシングウィズジョイうを交してくれと声を出していました。初めて重賞を勝ってくれた馬で、GIが勝てて感謝の気持ちしかありません」

2着 シングウィズジョイ(C・ルメール騎手)
「ペースは遅かったですが、馬はリラックスして走っていました。直線では反応するどく伸びてくれたのですが、今ひとつスタミナが足りない感じで残り100mで止まる形でした。でも今日はこの馬としてはとても良いレースをしてくれました」

3着 ミッキークイーン(浜中俊騎手)
「ペースは遅くなると思っていました。今日はゲートを上手に出てくれていいポジションでレースが出来ました。3~4コーナーもスムーズでしたし、エンジンの掛かりが遅い馬ですが、6ヵ月の休み明けを考えると本当に良く走っています。直線ではもう一度差を詰めようとしていましたし、気持ちの強さとポテンシャルの高さを感じました」

4着 パールコード(川田将雅騎手)
「秋華賞からいい状態で、今日もとてもいい状態でした。来年もまたこの舞台に立てればと思います」

6着同着 マリアライト(蛯名正義騎手)
「1コーナーの不利が全てです。落馬するかと思いました。レースに多大な影響がありました。今日はそれだけです」