【メイクデビュー】(京都4R、5R)~アロンザモナ、グローブシアターがデビュー勝ち [News]
2016/11/13(日) 13:59
京都4Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1600m)は4番人気アロンザモナ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒5(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気シュクレビジュー、さらにアタマ差の3着に1番人気メイズオブオナーが入った。

アロンザモナは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牝馬で、父ストリートセンス、母リザーブシート(母の父クリエイター)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 アロンザモナ(幸英明騎手)
「調教からいい動きで、反応も良かったですからね。マイペースで楽に行くことが出来ました。今後もまれた時にどう対応するかは課題ですが、折り合いもつきますから、距離が延びてもいいと思います」

4着 エレクトロニカ(C・ルメール騎手)
「ちょっと出遅れてしまいました。距離ももう少し長い方がいいと思います。最後の200mはよく伸びていましたし、ポテンシャルを持っている馬ですね」

5着 ラナイ(岩崎翼騎手)
「攻め馬の動きも良くて、楽しみにしていました。初めての競馬で内枠で馬込みに入って、怖がりな面を見せていましたが、よく走ってくれました。乗りやすいですし、もう少し距離があってもいいと思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は1番人気グローブシアター(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気トルネードアレイ、さらにハナ差の3着に2番人気ステイオンザトップが入った。

グローブシアターは栗東・角居勝彦厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 グローブシアター(福永祐一騎手)
「スタート良く、折り合いもスムーズ、気を抜く面も見せましたが、うまく修正出来ました。直線は集中して走ってくれました。まだ、体を使いきってないところがありますが、まだ良くなってきそうです」

2着 トルネードアレイ(川田将雅騎手)
「攻め馬では他馬を怖がるところを見せましたが、今日はそういった面も見せず、上手に走ってくれました」

3着 ステイオンザトップ(M・デムーロ騎手)
「右にもたれたり、左に行ったりと若い面を見せていました。でも能力は高いです。ペースが遅いと遊ぶ面を見せていますが、大人になってくればもっと走る馬です」

4着 コペルニクス(C・ルメール騎手)
「テンのスピードは速くありませんが、4コーナーからいい反応を見せてくれました。まだ若くもの見をするような面がありますが、使われて良くなってくるでしょう。距離はこれくらいがあっています」

5着 メイショウラプター(武豊騎手)
「行きたがる面はあるものの、走りは悪くありません。使って良くなりそうです」