【デイリー杯2歳S】(京都)~ジューヌエコールが無傷の3連勝で重賞制覇 [News]
2016/11/12(土) 17:25
京都11Rのデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・芝1600m)は2番人気ジューヌエコール(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。クビ差の2着に8番人気ボンセルヴィーソ、さらに半馬身差の3着に4番人気サングレーザーが入った。

ジューヌエコールは栗東・安田隆行厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母ルミナスポイント(母の父アグネスタキオン)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ジューヌエコール(福永祐一騎手)
「終始手応えが良かったです。着差はわずかでしたが、かわせる自信はありました。結構ペースが速くなるだろうと思っていましたが、ゲート練習の効果があって良いスタートを切れました。逃げ馬の後ろで力んで、やはり行きたがっていました。直線では前に並んでから逃げ馬のムチを気にしていました。しかし、きっちりとかわしてくれました。マイルまでこなしてくれましたし、良い内容で勝てました」

2着 ボンセルヴィーソ(松山弘平騎手)
「怖がりなところがあるので、気分良く、積極的に走らせようと思っていました。本当にあと少しだったので、勝ちたかったです。残念でした」

3着 サングレーザー(武豊騎手)
「スローだったので、あの位置で折り合っていたら最後は切れたかもしれません」

4着 ディーパワンサ(C・ルメール騎手)
「良い走りでしたが、休み明けの分、反応が遅かったです。次は良くなるでしょう」

6着 リナーテ(浜中俊騎手)
「ペースが遅く、終いは脚を使っていますが、みんな止まらなかったです」

8着 タイセイスターリー(川田将雅騎手)
「ゲートを出た瞬間から外へ外へと行ってしまいました。4コーナーから直線にかけても外にしか行きませんでした。2歳馬特有の難しさが出たとしか言い様がありません」