【JBCレディスクラシック】(川崎)~ホワイトフーガ堂々抜け出し連覇達成 [News]
2016/11/03(木) 16:31
3日(祝・木)川崎競馬場(晴 重)で行われた第6回JBCレディスクラシック(ダート1600m)は1番人気のホワイトフーガ(JRA)が好位から抜け出して完勝、このレース連覇を達成した。

スタンド前の先行争いでブルーチッパーがハナを切り、レッツゴードンキが2番手につけた。ホワイトフーガがインの3番手、直後タイニーダンサー・トロワボヌール・トーセンセラヴィが差なく追走。タマノブリュネットはその後ろから追い上げる形に。4コーナー手前でレッツゴードンキが先頭に立つが、ホワイトフーガが楽に並びかけ直線で一気に抜け出した。

勝ちタイム1分41秒3、勝利騎手は蛯名正義(JRA)。

今回が初のダート戦出走だった4番人気レッツゴードンキ(JRA)が2着、3着は8連勝でこのレースに臨んでいた6番人気トーセンセラヴィ(浦和)が食い込んだ。2番人気トロワボヌール(JRA)5着、3番人気アムールブリエ(JRA)は9着だった。

ホワイトフーガは父クロフネ、母マリーンウィナー(母の父フジキセキ)、牝4歳芦毛馬。JRA美浦・高木登厩舎の管理馬。通算成績を16戦8勝(重賞5勝)とし、第1回・第2回のミラクルレジェンド以来2頭目となるJBCレディスクラシック連覇を果たした。

<レース後の関係者のコメント>

1着 ホワイトフーガ(蛯名正義騎手)
「人気に応えられて良かったです。今日は良い状態で、返し馬からいい形でした。今日は他の馬と同じ斤量でしたし、いいレースをしてくれるだろうと思っていました。先行馬がそろっているように思いましたが、序盤はどの馬も様子を見ているように見えました。さすがに逃げるのは......と思いましたが、行く馬がいたので、その後ろにつけられていい流れだったと思います。掛かるところはありますが、以前ほどではありません。4コーナーでも抜群の手ごたえで、進路だけは確保しようと思っていました。最後はさすがに差されないだろうと思いましたが、ビジョンを見て確信しました。古馬になってさらに力強さを増したことで、こういう結果になっていると思います」

(高木登調教師)
「ホッとしました。中間は喉が気になっていましたが、今日は仕上がった状態でした。返し馬で折り合いもついていましたね。レースでの作戦は、騎手とも特に話していませんでした。3コーナーで外に出したところで、今日は大丈夫かな、と思いました。川崎コース、左回りはよく走ります。若い時はイレ込むところもありましたが、大人になってきたように思います。今後については喉の状態を見て、オーナーと相談したいと思います」

2着 レッツゴードンキ(岩田康誠騎手)
「ズルッと滑るような形でスタートは良くありませんでしたが、スピードがあるので好位につけることができました。今後どこに行くかは分かりませんが、今日の結果で視野が広がったと思います。ダート向きの血統ですね」

3着 トーセンセラヴィ(森泰斗騎手)
「もう少し前へ行くつもりでしたが、周りの馬が速くて、思ったよりも後ろになってしまいました。ただ、初の重賞でも食らいついてくれましたし、これからもっとやって行けると思います」

4着 タマノブリュネット(田辺裕信騎手)
「テンのダッシュ力がそれほどあるという訳ではないですし、後方からになってしまいました。他の馬に比べると、持ち味が出るという距離ではないですからね。ただ、ラストまでしぶとく脚を使ってくれました。勝ち馬は強かったですが、この馬の力は出してくれたと思います」

7着 タイニーダンサー(クリストフ・ルメール騎手)
「最初は良いポジションでしたが、ペースを維持していけず、ちょっと止まってしまいました。3歳牝馬ですし、今日は古馬とのレースでちょっと厳しかったかもしれません」

9着 アムールブリエ(浜中俊騎手)
「牝馬同士ですし、地力でこなしてくれる期待もありましたが、甘くはありませんでした。この馬の距離ではなかった、ということだと思います」

(取材:大関隼、山本直)