【メイクデビュー】(新潟5~6R) [News]
2013/07/28(日) 15:29
新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1600m)は、7番人気ヴィスビー(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒6。3/4馬身差の2着に5番人気ジャストヴィークルが、半馬身差の3着に8番人気ニシノアカツキがそれぞれ入線。

ヴィスビーは美浦・粕谷昌央厩舎の2歳牝馬で、父ネオユニヴァース、母アルヴィス(母の父Mr. Greeley)。

レース後のコメント
1着 ヴィスビー 粕谷昌央調教師
「同年代の馬の中では稽古でいちばん動いていました。無理をさせず、本数を多めにして順調にここまで来ました。普段カッとするところもあるので心配していましたが、今日はパドックでも本馬場でも落ち着いていて、レース中は物見をしながら走っていました。ハナを切ったのは外枠を考えて、乗り役が決めたのでしょうが、無理せずペースを作れたようです。まだ伸びしろはありますし、距離も2000mぐらいまで持ちそうですね。このあとは馬と相談して決めます」

2着 ジャストヴィークル 池添謙一騎手
「直線で内にササるので。左ムチを入れたら外に行ってしまうようにまだフラフラするところはありましたが、馬はいいですよ。使ってよくなると思います」

3着 ニシノアカツキ 武藤善則調教師
「レースぶりからもわかるように、センスのいい馬です。ただ、直線でちょっと内にモタれたのか、追い出しにくいようなところがあったのが残念です。まだ脚はありましたからね。一回使われてよくなると思います」

4着 マイネルスパイアー 松岡正海騎手
「期待していたんですがね。楽に行けましたし、これは勝つしかないという形になったのですが、追ってから反応しませんでした。ショックです。距離はもっと長くても大丈夫だと思います」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(牝馬・芝1400m)は、1番人気ラヴィーネ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3。ハナ差の2着に4番人気アラマサクロフネが、5馬身差の3着に5番人気ニシノシュロがそれぞれ入線。

ラヴィーネは栗東・安田隆行厩舎の2歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母レディイン(母の父Kendor)。

レース後のコメント
1着 ラヴィーネ 福永祐一騎手
「折り合いの難しい馬ですから、その点に気をつけて乗りました。スタートよく、理想的な競馬ができました。追ってからスピードに乗るまで時間がかかりましたが、テンションが上がらないように調教をビシッとやっていないからです。いい内容で勝てましたし、先々まで楽しみな馬です」

2着 アラマサクロフネ 田辺裕信騎手
「アクシデントがなければ勝っていたかもしれません。調教の時点ではどうかと思うところもありましたが、競馬ではしっかり走ってくれましたから、よかったです」

3着 ニシノシュロ 池添謙一騎手
「3コーナーで、前のほうでトラブルがあり、かなり外を回るロスがありました。それでも上がっていくときの脚はよかったですし、じゅうぶん力を見せてくれました」

4着 スズプリンセス 勝浦正樹騎手
「センスがいいですね。使っていけば変わってくると思います」

7着 ヒーラブズミー 吉田豊騎手
「ビシッとやれていない分、最後は苦しくなってモタれてしまいました。使ってよくなると思います」