【天皇賞・秋】(東京)~モーリスが完勝で5度目のGI制覇 [News]
2016/10/30(日) 17:12
東京11Rの第154回天皇賞・秋(GI、3歳以上、芝2000m)は1番人気モーリス(R.ムーア騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。1馬身1/2差2着に7番人気リアルスティール、さらに1馬身1/4差で3着に6番人気ステファノスが入った。

モーリスは美浦・堀宣行厩舎の5歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス(母の父カーネギー)。通算成績は17戦10勝。

~レース後のコメント~
1着 モーリス(ムーア騎手)
「今日はスタッフが完璧に仕上げてくれていましたし、今までにないくらいの走りをお見せ出来たと思います。エイシンヒカリとラブリーデイからあまり離れずにレースが出来、いいところにいるなと思いました。ただ、目の前にいる馬は伏兵ばかりでしたから、それらを避けるために早めに外から動いて行きましたが、馬がパワフルなので、早く追い出しても誰も追いつけない自信がありました。ペースが速くなかったことも幸いでした」

2着 リアルスティール(M.デムーロ騎手)
「スタートで少し掛かって行って、一番いいところを走れませんでした。今日はモーリスが強かったです。この馬もすごく頑張ってくれました。この馬の強さにもビックリしました」

(矢作芳人調教師)
「装鞍でトラブルがあり、普通の馬では走れないような状態でしたが、その中であれだけ走れましたし、負けたことは残念ですが、地力は示してくれましたし、感心しました。次走は香港カップを考えていましたが、モーリスもいますし、ジャパンカップも視野に考えていきます」

3着 ステファノス(藤原英昭調教師)
「しっかり走っていますし、力は発揮してくれました。外枠でしたし、後ろからの競馬にかけましたが、上位2頭は強かったです」

4着 アンビシャス(音無秀孝調教師)
「流れることを祈っていましたが、まったく流れてくれませんでした。最後は4着に来て力を見せてくれましたが...。これで年内は休養です」

5着 ロゴタイプ(田辺騎手)
「いい感じでしたし、脚をためられました。1度使ったことで馬はピリッとしていました。デキは上向いていました」

7着 ルージュバック(戸崎騎手)
「3~4コーナーで外を回そうとしましたが、ゴチャついてしまいました。そのあたりがスムースだったら良かったのですが...」

8着 ヒストリカル(田中勝騎手)
「このスローペースでは動けません。頑張ってくれているのですが...」

9着 ラブリーデイ(ルメール騎手)
「他の馬が行って、その直後につけて行く形にはなりましたが、大外枠は厳しいです」

11着 クラレント(内田博騎手)
「少しイレ込んでしまってかわいそうでした。世界と戦った馬が1、2着でしたし...」

12着 エイシンヒカリ(武豊騎手)
「先手を取る形でしたが、レースは大人しすぎました。去年はエキサイトしすぎていたと感じたくらいだったのですが...。難しい馬です。次で頑張りたいです」