【北國新聞杯】(京都)~ツィンクルソードが中盤でハナを奪って押し切る [News]
2016/10/30(日) 15:23
京都9Rの北國新聞杯(3歳以上1000万下ハンデ、芝1400m)は7番人気ツィンクルソード(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒9(良)。2馬身1/2差2着に2番人気グレイスミノル、さらに3/4馬身差で3着に3番人気キアロスクーロが入った。

ツィンクルソードは栗東・松永昌博厩舎の5歳牡馬で、父デュランダル、母ツィンクルブライド(母の父Lyphard)。通算成績は20戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ツィンクルソード(小牧騎手)
「返し馬でいい馬だと感じました。(母ツィンクルブライドの)血が騒ぎました。ペースが遅かったので、引っ張って行くよりはマシだと思い、前に行きました」

3着 キアロスクーロ(松山騎手)
「終いは脚を使って、力のあるところを見せてくれました」

5着 ムーンエクスプレス(秋山騎手)
「いい時はグンと行く馬ですが、今日は懸命に促してやっと行くくらいでした。まだ戻っていないようで、良くなっている途中でしょうか」

6着 ビナイーグル(和田騎手)
「馬群の内に収めたかったのですが、皆が控えていたので、引っ掛かって外へ行ってしまいました。難しいですね」