【メイクデビュー】(京都4R、5R)~エルデュクラージュ、アンセムが勝利 [News]
2016/10/30(日) 14:08
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は1番人気エルデュクラージュ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒3(良)。3馬身1/2差2着に5番人気ブラックジェイド、さらに1/2馬身差で3着に10番人気エールブリリアンツが入った。

エルデュクラージュは栗東・池添学厩舎の2歳牡馬で、父クロフネ、母エルダンジュ(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 エルデュクラージュ(松山騎手)
「今日はうまく乗ることが出来ず、馬の力に助けてもらいました。練習ではうまく出ていたゲートも今日はボコッと上に出る感じでした。初めてだったので砂を被らないようにしてのレース。馬の力が抜けていましたね」

2着 ブラックジェイド(太宰騎手)
「調教では掛かり気味でしたが、レースではうまくハミが抜けて走ることが出来ました。今日は勝ち馬が強かったのですが、交わされた後もよく粘りを見せてくれました。内容のあるレースだったと思います」

3着 エールブリリアンツ(松田騎手)
「スピード豊かな馬。練習ではゲートを出ていましたから、ハナでもと思ったのですが、まだ若く物見をしていました。そのあたりは使いつつ良くなってくると思います。いい経験になったと思います」

7着 ベディヴィア(松若騎手)
「道中、集中して上手にレースをしてくれました。最後、不利があったことが痛いですね。それがなければ上位があったと思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は2番人気アンセム(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒6(良)。クビ差2着に3番人気ムイトオブリガード、さらに1/2馬身差で3着に6番人気ザモンゴメリーが入った。

アンセムは栗東・野中賢二厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母オータムメロディー(母の父Kingmambo)。

~レース後のコメント~
1着 アンセム(四位騎手)
「今日は調教の時より馬がエキサイトしていました。レース前は、スタートしてハミを噛んでしまいそうな感じだったのですが、ゲートを出なくてうまく馬の後ろでフワフワして走ることが出来ました。能力の高い馬ですが、まだ体の使い方が下手で、直線でスピードが上がった時にどうかと心配していたのですが、しっかり伸びてくれました」

3着 ザモンゴメリー(坂井騎手)
「折り合い良くレースが出来て、最後に外からどれだけ伸びるだろうという手応えだったのですが、外に出すまでに手間取って、直線でも外に逃げる感じになり、若さを見せていました。まだまだ良くなる馬だと思います」

4着 アドマイヤプリヴ(和田騎手)
「ハミを噛む時とハミが抜ける時がまだ極端な感じです。ちょうどいい感じになかなかなりません。ひょっとするともっと極端な感じのレースをした方がいいのかもしれません。距離の適性は今日の感じからはまだ分かりません」

5着 ライクアエンジェル(岩崎騎手)
「スローな流れの中で楽に2番手からレースが出来ました。終いの伸びも調教の感じよりいい伸びでした。次も楽しみです」