【メイクデビュー】(京都4R、5R)~メイショウテムズ、パッポーネが勝利 [News]
2016/10/22(土) 14:04
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は1番人気メイショウテムズ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒2(良)。1/2馬身差2着に7番人気テンザワールド、さらに1/2馬身差で3着に8番人気アシャカリアンが入った。

メイショウテムズは栗東・庄野靖志厩舎の2歳牡馬で、父カネヒキリ、母グリーンヒルレッド(母の父スキャン)。

~レース後のコメント~
1着 メイショウテムズ(武豊騎手)
「まだあまり仕上がり切っていない感じですが、それでも勝ってしまうのですから力があります。実戦タイプの馬です。ダート適性の高さも感じます」

2着 テンザワールド(松田騎手)
「馬はとても真面目で一生懸命走ってくれます。ただ、今日は初めてのレースで周囲に馬がいるのを気にして少し躊躇する面がありました。真面目な馬ですから、1回レースを経験したことでそのあたりもすぐに覚えてくれると思います」

5着 イイデメモリー(藤岡康騎手)
「うまくリズム良く走ることが出来ました。残り1ハロンで脚色が鈍ってしまいましたが、大型の馬ですからレースを1回使ってまた良くなると思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は4番人気パッポーネ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒8(良)。1/2馬身差2着に1番人気アーケロンバイオ、さらに1馬身1/2差で3着に6番人気ヒロシゲグローリーが入った。

パッポーネは栗東・吉田直弘厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母パッションローズ(母の父アフリート)。

~レース後のコメント~
1着 パッポーネ(浜中騎手)
「4コーナーから仕掛けて、いい加速を見せてくれました。しかし、道中も直線も右にササりながらのレース。体力がついてくればもっときれいなレースが出来るでしょう」

2着 アーケロンバイオ(国分優騎手)
「もっと4コーナーから引き離せば良かったでしょうか...。ラストの瞬発力で何とかと思ったのですが、今日は相手の脚が勝りました。パドックや並脚の時は集中しないところがありましたが、実戦ではしっかり集中しています。まだ良くなりそうです」

3着 ヒロシゲグローリー(幸騎手)
「スタート良く、いい位置からレースが出来ましたが、直線に向いてスペースがなく、追い出しを待たされるところがありました。その分ですね」

4着 ヴィルデローゼ(武豊騎手)
「返し馬からいい雰囲気でしたが、フワフワして自分からハミを取らない感じでした。それでもこれだけ走れましたから、使いつつ良くなってきそうです」