【ラジオNIKKEI賞】美浦レポート~キャンベルジュニア [News]
2015/07/01(水) 13:37
 5日(日)に福島競馬場で行われる第64回ラジオNIKKEI賞(GIII)に登録をしているキャンベルジュニア(牡3、美浦・堀宣行厩舎)について、騎乗を予定している内田博幸騎手のコメントは以下の通り。なお、最終追い切りは明日2日の予定。

(デビューからの2戦を振り返って)
「ゲートは出られていますし、競馬が上手です。今回は強い相手と戦いますが、相手なりに走る馬ですし、能力は良いものを持っています。これで3戦目なので、まだまだこれからという感じはしますが、このメンバーどれくらいやれるかが楽しみです」

(福島芝1800mについて)
「直線が短いので、上手く流れに乗って、この馬の一番良い位置取りをして、相手なりに走れば、力は出し切れると思います」

(理想のレース運びなどについて)
「先行したいと思っても、先行できない時もあるでしょうし、馬が勝手に行く気になって先行する場合もあります。それはそれなりに対応していけば良いと思います。何番手とか、どのように競馬を作っていくかというのは、そこまで細かく考えてはいません。馬のリズムなどを重視して、相手の馬と自分の馬とのリズムを見ながら、馬が一番走りやすい位置取りをすれば、十分力は出せると思います」

(出走メンバーについて)
「このクラスでどれぐらい走れるかというのが、これからの目安になっていくと思います。しかし実際、当日走ってみて、結果が出てみないと分かりません」

(意気込み)
「初めてのコースですが、馬の走る力を信じて騎乗すれば、結果は見えてくるでしょう。まだまだ先のある馬なので、そこまで馬を追い詰める必要もないと思います。この馬が一番能力を出せるような騎乗をしたいと思っています」

(取材:米田元気)