【ラジオNIKKEI賞】栗東レポート サトノヘリオス [News]
2022/06/29(水) 10:58
7月3日(日)に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(GIII)に出走予定のサトノヘリオス(牡3、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

「(皐月賞は)一線級の相手との勝負だったのですが、位置取りとか展開とかいろいろあって、結果が出せなかったと思っています。

(中間は)前走後、山元トレセンへ次走の予定を決めずに放牧に出したのですが、疲れが残っておらず、具合が良いということで、ラジオNIKKEI賞への参加を決めました。1ヶ月前くらいに栗東へ戻りました。暑いのですが、順調に来ています。

(1週前追い切りは)岩田望来騎手が乗って、CWで3頭併せ、しっかり負荷がかかるようにやりました。今日は身体が出来ているので、今日も岩田望来騎手に乗ってもらって、CW単走で終いだけ重点にサッとやったのですが、良い動きだったと思います。牧場から良い感じで戻ってきて、上手くいっていると思います。

気性的には前向きなところがありますが、そこは変わっておらず、身体もちょっと大人の身体になったというか、筋肉がついて、より逞しくなったと思っています。

前進気勢旺盛な馬なので、コーナー4つの方がコーナーで息も入りやすいし、競馬もしやすいと思っています。

(ハンデの55キロは)若干、他の馬との兼ね合いを見ると背負わされたと思いますが、もらったハンデでやるしかないと思っています。

内側にどこかで潜り込みたいと思っているので、内枠が良いかなと思っています。

春はなかなか結果を出せませんでしたが、夏場は賞金を稼いで、秋に頑張りたいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)