【NHKマイルC】美浦レポート~グランシルク [News]
2015/05/06(水) 15:50
 10日(日)に東京競馬場で行われる第20回NHKマイルカップ(GI)に登録をしているグランシルク(牡3、美浦・戸田博文厩舎)について、追い切り後の斎藤吉則調教助手のコメントは以下の通り。

(最終追い切りについて)
「レースの間隔がそれほど開いていないので、あまりテンションを上げすぎないようにしました。落ち着きがあって、最後も無理をしないで、感触を確かめる程度で良い動きだったと思います」

(年が明けて変わった点は?)
「体はしっかりしてきました。マイルに変わって、良い競馬ができるようになりました。その距離適性が一番大きいと思います。以前は、瞬間的にカーッとなりやすいところなどがあったのですが、レースでも以前より折り合えるようになってきて、成長していると思います」

(前走のニュージーランドトロフィー2着を振り返って)
「ちょうど立ち上がった時にスタートが切られて、大きく出遅れました。競馬としてはもう無理かなと思いました。しかし、ジョッキーも終いの勝負にかけて、勝ち馬には届きませんでしたが、最後はこちらもビックリするぐらい良い脚を使ってくれました。能力の高さが確認できました」

(東京の芝1600mについて)
「東京コースは経験済みですし、前走の脚を見ると、合っているのではないでしょうか。稽古などでも、右も左も得意不得意はないので、全く問題はないと思います」

(どんなレースをしたいか?)
「元々、ゲートの出が悪い馬ではないので、前走のように大きく出遅れることはないと思います。普通に流れに乗って、折り合って行ければ良いですね」

(今回のレースについて)
「枠自体は、終いの脚を生かす競馬になると思うので、あまり関係ないと思います。終いは切れる馬なので、良馬場に超したことはないでしょう。(戸崎騎手には)折り合えればすごく良い脚を使えるというのは前走で分かったと思うので、その点を生かしてもらいたいです。気性的に少し若さが残っていて、良くなるのはまだまだ先だと思います。しかし、現時点では良い状態で出走できそうです。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)