【NHKマイルC】美浦レポート~アルビアーノ [News]
2015/05/06(水) 15:48
 10日(日)に東京競馬場で行われる第20回NHKマイルカップ(GI)に登録をしているアルビアーノ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)について、追い切り後の木村哲也調教師のコメントは以下の通り。

(デビュー時の様子は?)
「去年の秋から厩舎に入れさせてもらっていました。ゲート試験はすっと受かったのですが、その後熱発したり、なかなか体がフィットしてこなかったり、弱い所がありました。一旦牧場で立て直してきて、厩舎に入れて、じっくりとやってきました。除外で一週延びてしまいましたが、それでも馬はへこたれることはありませんでした。良い状態でデビュー戦を迎えられたと思っています。血統的な部分や体つきなどを含めて、芝に関しては正直、未知数ではありました。しかし、それに反して素晴らしいパフォーマンスで駆け抜けてくれました。驚きました」

(東京での2戦目について)
「普段から、右手前、左手前によって得手不得手があるわけではないので、心配はしていませんでした。それで環境の変化に動じる馬でもないので、府中だからとか、そういう緊張感はありませんでした」

(3連勝を飾ったフラワーCを振り返って)
「嬉しかったです。ホッとしました。1番人気は想像できませんでしたが、多くのファンに応援していただいて、結果1着になりました。多くの人が喜んでくれたのであれば、それはそれで喜び倍増です」

(その後のローテーションについて)
「(桜花賞とマイルカップでは)そんなに迷わなかったです。年明けてから使い出して、何回も使っているので、できれば間隔を開けたいと思っていました」

(今回のレースについて)
「相手関係よりも、私が執着しているのは、今いる馬をどういうレベルで出せるか、どういう健康状態で出せるか、というところです。私ができるのは、アルビアーノを良い状態にしてあげるということなので、いつも通りアルビアーノのことだけを考えています。
 全然、逃げるつもりはないのですが、枠順などが出てからということにはなると思います。逃げなければ駄目という馬だとは思っていないので、そういう意味でも、どういう競馬をするのか楽しみな部分ではあります。
 (柴山騎手には)いつも通り、ちゃんとしてありますと言って送り出せるような状態にしたいです。
 キャリアのない調教師でも勝たせてくれるところがこの馬のセールスポイントではないでしょうか(笑)。
 何とか良い状態で出られるように、最後まで最善を尽くしたいと思います。当日は天気もたぶん良いでしょうし、多くの皆さんに競馬場へ足を運んでいただいて、観戦していただければと思っています」

(取材:米田元気)