【NHKマイルC】美浦レポート~ミュゼスルタン [News]
2015/05/06(水) 15:47
 10日(日)に東京競馬場で行われる第20回NHKマイルカップ(GI)に登録をしているミュゼスルタン(牡3、美浦・大江原哲厩舎)について、追い切り後の大江原哲調教師と鞍上予定の柴田善臣騎手のコメントは以下の通り。

・大江原哲調教師

(初めての馬を見た時の印象は?)
「最初の出会いというのは、セレクトセールの少し前でした。見て、"あっ、良い馬だな"と思いました。厩舎に来てからビックリしましたが、立ち上がってばかりいて、とても遊び心満点の馬でした。調教助手が苦労していました」

(同じマイルの新潟2歳Sを振り返って)
「もう少し前で競馬をするのかと思ったら、意外とごちゃついた所にいました。ジョッキーが競馬を教えていたのでしょう。その分、抜け出してからはあっという間に先頭に立ってしまったので、少し拍子抜けしたところもありました。ゴール前はハラハラしました」

(前走のスプリングS7着を振り返って)
「ゲート内で遊んでしまったものですから、満足な位置取りではありませんでした。しかし、ジョッキーも出遅れたなりの競馬をしてくれて、次につながるような競馬でした。また使ったことによって、馬にスイッチが相当入りましたから、"これはいけるな"と。東京の2000mだったら皐月賞でも良いなと思ったぐらいでしたが、直線の長い東京で、向正面もストレートで行けるので、マイルの方に頭が行きました。
このレースで、"あっ、マイルなら勝てる"と思ったのです。皐月賞は嫌だったので、オーナーに相談して、"ではマイルカップ勝ちましょう"と。そういうことでマイルカップにしました。もう最初から私がマイルでは絶対走ると思っていました。故障していなければ朝日杯も行けたのでしょうが、それはそれです」

(芝での最終追い切りについて)
「思ったような感じでした。最後の1ハロンも反応良く、良い感じです。先週までビッシリやっているので、最後の反応だけが良ければいいなという感じで見ていました。最初は少しカリカリしていたので、道中はどうかなと思っていましたが、あとは落ち着いて、最後はバシッと切れていました」

(今回のレースについて)
「(理想の展開、枠、馬場状態などは)特別考えていません。そういうことはジョッキーに任せています。マイルカップ、絶対に勝ちたいのでよろしくお願いします。(GIは)最初から夢でしたので、何とかものにしたいですね」


・柴田善臣騎手

(最終追い切りの手応えについて)
「今回は順調に来ています。前回は少し馬の体を見ながらの調整で難しかったです。今回はそういうことを気にしないで来られたので、良いと思います」

(馬の成長について)
「まあ、成長はしています。今回の場合は特に体の盛り上がりも出てきました。2週前ぐらいには、2歳戦を走っていた頃の体に戻り、またそれからパワーアップしています。少し遊びたがるヤンチャな性格は変わらないですよ。人間でもそうですし、性格は変えられません」

(前走のスプリングS7着を振り返って)
「他の馬よりもゲートを遅れて出たので、呼吸を整えながら競馬をさせました。次走で頑張れるようなレースにしてあげようという感じでは乗りました。皐月賞を使うと思っていたので、そのイメージで乗っていました」

(その後のローテーションを決めた経緯は?)
「次の日、調教師がわざわざ来てくれて、いろいろと相談した結果、そういう形になりました。スプリングステークスを使ってから時間が空くので、また馬も良くなるのではないかとは期待していましたが」

(新潟2歳S、左回りマイルの印象について)
「普通に新馬戦も乗っていましたし、何の抵抗もなくレースはできました。抜け出す時はイメージよりも早めに動きましたが、直線で抜け出してから遊ぶところがあったので、まだ奥のある馬だという気はしました」

(今回のレースについて)
「イメージは各ジョッキーが思っているでしょうが、その場その場で上手に流れに乗って走ってくれれば、あとは力関係だけで結果が出てくると思います。展開に向いた位置にいて、そこで脚を溜める。どの競馬場でもそうでしょうが、別に東京の1600mだからといって、どこがどうというのはないと思います。前回のスプリングステークスよりも馬は成長しています。現段階で100%かそれ以上なのかもしれないのですが、来ています。良いレースができると思います。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)