【エプソムC】(東京11R)~レイエンダが待望の重賞初制覇 [News]
2019/06/09(日) 16:48

東京11Rのエプソムカップ(3歳以上GIII・芝1800m)は5番人気レイエンダ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒1(稍重)。3/4馬身差の2着に7番人気サラキア、さらに1馬身差の3着に1番人気ソーグリッタリングが入った。

レイエンダは美浦・藤沢和雄厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 レイエンダ(C.ルメール騎手)
「いいスタートを切れたのでいいポジションが取れました。道中も折り合いがついて冷静に走っていました。柔らかい馬場を心配していましたが、反応が良く速い脚を使ってくれました。今日はチークピーシーズを付けて100%の力が出せたと思います。血統が良く能力もすごく高いので今後がとても楽しみです」

2着 サラキア(丸山元気騎手)
「スタートが出過ぎる感じで、周りを見ると行く馬がいなそうでしたので、先頭に立って馬場のいいところをリズム良く走らせました。勝った馬は強かったですが、ゲートも安定して右手前の走りも良くなればもっと成長すると思います」

3着 ソーグリッタリング(浜中俊騎手)
「レイエンダを目標に前に見ながらいい形でレースができました。今日はペースが遅すぎて展開が向かなかった感じです」

4着 ショウナンバッハ(吉田豊騎手)
「この馬の脚は使っています。雨が降って馬場を心配したのですが大丈夫でした。左回りはいい馬です」

5着 ブレスジャーニー(戸崎圭太騎手)
「緩い馬場は大丈夫そうだったので内を突きました。最後は止まる感じでしたが、早めに動いた分もあると思います」

6着 プロディガルサン(D.レーン騎手)
「重い馬場は問題ありませんでした。今日はペースが遅く展開が向きませんでした」

12着 ダノンキングダム(三浦皇成騎手)
「敗因は馬場しか考えられません。馬場に出て走らせたときからハミ受けが甘く、極端に重い馬場はダメな感じでした」

【マーメイドS】(阪神11R)~後方からレースを進めたサラスがゴール前で差し切る [News]
2019/06/09(日) 16:23

阪神11Rのマーメイドステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝2000m)は7番人気サラス(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒3(良)。ハナ差の2着に10番人気レッドランディーニ、さらに3/4馬身差の3着に5番人気スカーレットカラーが入った。

サラスは栗東・西村真幸厩舎の4歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ララア(母の父Tapit)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 サラス(松若風馬騎手)
「元々素質のある馬ですから勝てて良かったです。前に行く競馬を試していましたが、難しい所がある馬なので、終いを生かそうとプランを立てていました。それができたのではないでしょうか。一頭、池添騎手の馬が抜けていたので、届いてくれと思いながら必死に追っていました。(勝ったか)わかりませんでしたが、帰って来て勝ったと聞いて素直に嬉しかったです。(この馬は)一時期崩れた時もありましたが、前走から気持ちが入っていましたし、結果を出せると思っていました。勝てて良かったですし、さらに成長してくれると思います」

2着 レッドランディーニ(池添謙一騎手)
「あと一完歩でした。抜け出すとソラを使うところがあるので、ラスト3完歩でふっと抜けるところがあり、そこを突かれた感じです。レースはいいリズムで折り合いもつきました。3コーナーで他馬が動いてこちらも動かざるを得なくなりました。直線は本当によく伸びてくれました」

3着 スカーレットカラー(岩田康誠騎手)
「直線、本当に頑張ってくれました。折り合いもついていい位置で運べました。馬が良くなっています。ラストは惜しかったです」

6着 モーヴサファイア(川田将雅騎手)
「リズム良くレースを運べて、4コーナーも馬はいい雰囲気でした。現状での走りはできています」

8着 クィーンズベスト(松山弘平騎手)
「外枠でいいスタートからいい位置で運べました。ラスト1ハロンで甘くなってしまいました」

【江の島特別】(東京10R)~アントリューズが大外から差し切る [News]
2019/06/09(日) 16:14

東京10Rの江の島特別(3歳以上2勝クラス・芝1600m)は1番人気アントリューズ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3(稍重)。3馬身差の2着に9番人気ナイトバナレット、さらにクビ差の3着に2番人気クインズサンが入った。

アントリューズは美浦・栗田徹厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母シーズオールエルティッシュ(母の父Eltish)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アントリューズ(田辺裕信騎手)
「自己条件で期待していました。まだまだ先が楽しみです」

2着 ナイトバナレット(中谷雄太騎手)
「久しぶりに騎乗しましたが、折り合いがスムーズでこの馬なりにしっかりと走っています」

4着 サンクロワ(戸崎圭太騎手)
「道中、少し力むところがありました。最後はジリジリと伸びています」

5着 オーヴォドーロ(福永祐一騎手)
「今日は緩い馬場を気にしていました」

【安芸S】(阪神10R)~初ダートのエアアルマスが楽な手応えで突き抜ける [News]
2019/06/09(日) 15:59

阪神10Rの安芸ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1400m)は1番人気エアアルマス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(稍重)。4馬身差の2着に3番人気アメリカンファクト、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気バーンフライが入った。

エアアルマスは栗東・池添学厩舎の4歳牡馬で、父Majestic Warrior、母Nokaze(母の父Empire Maker)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 エアアルマス(川田将雅騎手)
「初めてのダートでしたからその点だけ用心していましたが、能力の高い馬で、ダートの適性も高かったです。このまま無事にいってほしいと思います」

2着 アメリカンファクト(北村友一騎手)
「スタートの一歩目のところで伸び上がるスタートでしたが、道中はリズムよく行けました。勝ち馬は強かったですが、メドの立つ競馬だったと思います」

5着 テーオージーニアス(川須栄彦騎手)
「連闘でしたが、馬の硬さは感じませんでした。道中はインで脚をためてそこから外へ出しましたが、今日はジリジリとした脚でした」

【小金井特別】(東京9R)~メイショウミライが後続の追撃を凌ぐ [News]
2019/06/09(日) 15:45

東京9Rの小金井特別(3歳以上2勝クラス・ダート1400m)は1番人気メイショウミライ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒9(重)。ハナ差の2着に6番人気ミスパイロ、さらに1馬身1/4差の3着に12番人気トークフレンドリーが入った。

メイショウミライは栗東・南井克巳厩舎の4歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母メイショウヒミコ(母の父Elusive Quality)。通算成績は13戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウミライ(武豊騎手)
「馬場が速そうな感じでしたから、前の位置でレースをしようと考えていました。スタートもよく思い通りのレースができました。最後に詰め寄られましたが、抜け出してから物見をして外に逃げる面がありました」

2着 ミスパイロ(松岡正海騎手)
「外を回すと届かないイメージがあり、今日は内に進路を取りました。よく伸びてくれました。馬の状態も良くなっていました」

3着 トークフレンドリー(勝浦正樹騎手)
「今日のような流れは合っています。タメて終いを伸ばすよりももまれずに流れに乗ってレースをするのが良いようです」

16着 インバウンド(中谷雄太騎手)
「スタートで躓いてリズムを崩しました。そのあと何とか立て直したのですが、気持ちが切れてしまったようです。能力のある馬なのですが」

【三田特別】(阪神9R)~サトノガーネットがしぶとく脚を伸ばす [News]
2019/06/09(日) 15:02

阪神9Rの三田特別(3歳以上2勝クラス・芝2400m)は4番人気サトノガーネット(坂井瑠星騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒2(良)。3/4馬身差の2着に11番人気ヴィッセン、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気ミスマンマミーアが入った。

サトノガーネットは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母ビートリックスキッド(母の父Victory Note)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「距離を延ばしましたが、前半はリズムよく行けました。切れるタイプではありますが、前が残らなそうだったので早めに動いていって長くいい脚を使ってくれました」

2着 ヴィッセン(荻野極騎手)
「速いペースで行ったので、本来ならもっと早く止まってしまうところでした。最後までしぶとく長い脚を使ってくれました。持久力があります。いい引き出しができました。力があるからこそ残ってくれます」

3着 ミスマンマミーア(四位洋文騎手)
「昇級ですが能力の高い馬ですからね。いいレースをしてくれました」

4着 フォーラウェイ(酒井学騎手)
「レース前はあまり行く馬もいないと思いましたが、内の馬が先手を主張してきたので自分のペースで運びました。2400mなら少し折り合いを欠くところがあるかと思いましたが、流れてくれたので終始いい雰囲気で運べました。前の馬が動いたところでついていってジリジリ詰めています。ただ、距離があった分、ラストは苦しくて内にモタれましたが、このクラスならチャンスがありそうです」

【メイクデビュー】(東京5R)~ワーケアが新馬勝ち [News]
2019/06/09(日) 15:00

東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は1番人気ワーケア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒0(稍重)。2馬身半差の2着に3番人気ウインカーネリアン、さらに半馬身差の3着に2番人気ゴルコンダが入った。

ワーケアは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母チェリーコレクト(母の父Oratorio)。

~レース後のコメント~
1着 ワーケア(C.ルメール騎手)
「能力がありますね。ずっと乗りやすかったです」

(手塚貴久調教師)
「距離はもちそうですね。まだ緩さもありますから、この後は休ませることになると思います。今後が楽しみな馬です」

2着 ウインカーネリアン(松岡正海騎手)
「センスがよく能力が高い馬です。今日は展開のアヤがありましたが、すぐにチャンスが来ると思います」

3着 ゴルコンダ(D.レーン騎手)
「体が立派な馬で力強いですね。レースセンスもあります。この経験が次につながると思います」

【メイクデビュー】(阪神5R)~キズナ産駒のルーチェデラヴィタが勝利 [News]
2019/06/09(日) 14:34

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1600m)は3番人気ルーチェデラヴィタ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒4(良)。2馬身差の2着に2番人気ヒシタイザン、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気テランガが入った。

ルーチェデラヴィタは栗東・西村真幸厩舎の2歳牝馬で、父キズナ、母トウカイライフ(母の父トウカイテイオー)。

~レース後のコメント~
1着 ルーチェデラヴィタ(池添謙一騎手)
「調教から良い動きで、調教通りにレースがいってくれれば良いところがあると思っていました。ハミ受けに難しい所があって行きたがるところはありますが、直線で進路を確保して追い出したら反応が良かったです。小柄な馬なのでさらに成長してくれれば良いですね。この距離をこなしたので問題ないと思います。将来性があると思いますし、キャンターが軽くいい走りをしてくれます。しかし、まだ若くスイッチが入りすぎるところがあるので、大人になってくれればと思います」

2着 ヒシタイザン(藤岡佑介騎手)
「調教で少し左に張る所があって、レースでも若さが出ました。乗り込みや動きから勝ち負けできると思います。真っすぐ走れていればと思います」

3着 テランガ(北村友一騎手)
「スタートの一歩目は遅かったのですが、その後はリズム良くリラックスして追走できました。よく脚を使っていますし、レースセンスがあると思いました」

4着 ブラックヒューマー(幸英明騎手)
「乗りやすくて素直な馬です。フラフラしている所がありましたが、一回使ってもっと良くなると思います」

5着 シャルロワ(岩田康誠騎手)
「追い切り自体は良かったです。4コーナーまではいい感じで、どれだけ伸びるのかと思いましたが、反応してくれませんでした」

【プリンスオブウェールズS】~日本馬の近況(6月8日) [News]
2019/06/09(日) 14:33

6月19日(水)に英国のアスコット競馬場で行われるプリンスオブウェールズステークス(GI)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

プリンスオブウェールズステークス(GI、芝1990m)
●ディアドラ(牝5、栗東・橋田満厩舎)
<本日(現地時間6月8日)の調教状況>
ニューマーケット調教場のゴールデンマイル芝コースで追い切り6ハロン(込山雄太調教助手騎乗)

<込山雄太調教助手のコメント>
(到着後からこれまでについて)
「ニューマーケット到着後は、前走のレースと輸送の影響も考慮して軽めの運動を行ってきました。こちらの環境にも徐々に慣れて、今は通常の調整を行うことができています。ディアドラの普段の様子と同じでリラックスできている雰囲気です」

(本日の追い切りについて)
「終いを強めに追って、(他厩舎の馬と)3頭併せるような形で追い切りました。1週前としてはとても良い動きでした。また来週の最終追い切りに向けて調整していきます」

(JRAの発表による)

【ベルモントS】(アメリカ)日本馬の関係者コメント [News]
2019/06/09(日) 14:09

現地時間6月8日(土)にアメリカ・ベルモントパーク競馬場で行われたベルモントステークス(GI)に出走した関係者のコメントは以下の通り。

5着 マスターフェンサー(牡3歳、栗東・角田晃一厩舎)

(角田晃一調教師)
「スタートは上手に決まりました。ペースが落ち着いたので楽に追走出来ましたが、3コーナーからペースが上がった際についていけなかったようです。こういう展開も競馬なので仕方ないですが、『マスターフェンサー』チーム一丸となって1着を目指していたので悔しい思いがあります。ですが、マスターフェンサーは一生懸命走ってくれました。今後の予定は様子を見て決めたいと思います」

(J.ルパルー騎手)
「馬は非常に良い状態で、良いレースをしたと思います。スローペースだったこともあり、3コーナーで馬を押していこうとしたのですが、ペースが上がった際に少し置かれてしまいました。最後の直線では非常に良い脚を使ってくれました」

(JRAの発表による)

全58959件中 81件〜90件目を表示 [ 前の10件 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次の10件 ]