坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(6月11日) [News]
2018/06/11(月) 18:27

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の6月11日(月)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

マレーブリッジ競馬場(オーストラリア)
3R 一般レース(芝1406m) オールウェイズザキング 5着(11頭)
5R 一般レース(芝904m) イフアイキャン 8着(9頭)
6R 一般レース(芝1406m) セッロブランコ 8着(9頭)


(JRA発表)

【宝塚記念】登録馬~ヴィブロスなど15頭 [News]
2018/06/10(日) 18:53

6月24日(日)に阪神競馬場で行われる第59回宝塚記念(GI、3歳以上、芝2200m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:15頭・外国馬1頭】(フルゲート:18頭)

●外国馬

ワーザー

●ファン投票による優先出走馬

サトノダイヤモンド
サトノクラウン
キセキ
ヴィブロス
ダンビュライト

スマートレイアー
ステファノス
ミッキーロケット
アルバート
パフォーマプロミス

●賞金上位馬

タツゴウゲキ
ストロングタイタン
ゼーヴィント
ノーブルマーズ
サイモンラムセス

【帝王賞】(27日、大井)~JRA所属出走予定馬及び補欠馬について [News]
2018/06/10(日) 18:47

6月27日(水)、大井競馬場で行われる第41回帝王賞(JpnI、4歳以上、ダート2000m)のJRA所属出走予定馬及び補欠馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
アウォーディー  (武豊)
アポロケンタッキー(未定)
オールブラッシュ (未定)
ケイティブレイブ (福永祐一)
ゴールドドリーム (C.ルメール)
サウンドトゥルー (大野拓弥)
テイエムジンソク (古川吉洋)

補欠馬(予定騎手名)
ミツバ      (松山弘平)
サンライズソア  (M.デムーロ)
ヨシオ      (未定)
トラキチシャチョウ(未定)

【ユニコーンS】登録馬~ルヴァンスレーヴなど27頭 [News]
2018/06/10(日) 18:14

6月17日(日)に東京競馬場で行われる第23回ユニコーンステークス(GIII、3歳、ダート1600m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:27頭】(フルゲート:16頭)

ルヴァンスレーヴ
ハヤブサマカオー
グリム
バイラ
ハーベストムーン

リョーノテソーロ
イダペガサス
エピックアン
エングローサー
グレートタイム

コスモロブロイ
コマビショウ
ザイオン
シヴァージ
ジャスパーウィン

セイウンクールガイ
ソウルセイバー
タイセイアベニール
ダンケシェーン
トキノパイレーツ

ヒラボクラターシュ
プロスパラスデイズ
ベストマイウェイ
ホウショウナウ
ミックベンハー

ルッジェーロ
レピアーウィット

【函館スプリントS】登録馬~ダイアナヘイローなど17頭 [News]
2018/06/10(日) 18:02

6月17日(日)に函館競馬場で行われる第25回函館スプリントステークス(GIII、3歳以上、芝1200m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:17頭】(フルゲート:16頭)

ダイアナヘイロー
セイウンコウセイ
エポワス
ラインミーティア
ノボバカラ

キングハート
ラインスピリット
ティーハーフ
ナックビーナス
ワンスインナムーン

ヒルノデイバロー
ジューヌエコール
ライトフェアリー
タマモブリリアン
ユキノアイオロス

アドマイヤゴッド
ノットフォーマル

【エプソムC】(東京)~サトノアーサーが残り200mで先頭に立ち重賞初V [News]
2018/06/10(日) 17:47

東京11RのエプソムC(3歳以上GIII・芝1800m)は2番人気サトノアーサー(戸崎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4(重)。半馬身差の2着に4番人気ハクサンルドルフ、さらに3/4馬身差の3着に5番人気グリュイエールが入った。

サトノアーサーは栗東・池江泰寿厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母キングスローズ(母の父Redoute's Choice)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノアーサー(戸崎騎手)
「スタートがよく、思ったよりいい位置につけることができました。緩い馬場も問題なく、手応えよくレースができました。初めて乗せてもらいましたが、今日の勝ちっぷりならこれから先、楽しみな馬だと思います」

2着 ハクサンルドルフ(川田騎手)
「返し馬の様子から、馬場は大丈夫だと感じていました。直線では自分の脚をしっかり使って、精一杯頑張っています」

3着 グリュイエール(福永騎手)
「もう少し前でレースをしたかったのですが、馬場もあって前走ほど行きっぷりがよくなかったです。直線ではジリジリ伸びていましたが、左にモタれていて、その分2着を取り損ねました。ただ、長期休養明け2戦目でよく頑張っていますから、今後が楽しみです」

4着 サーブルオール(C.ルメール騎手)
「このレベルは初めてでしたが、よく頑張っています。距離は1800
~2000mあたりがよさそうです。この馬場で大変でしたが、力のある馬ですから重賞を勝つ力は十分にあります。一戦毎によくなっています」

6着 ベルキャニオン (石橋騎手)
「これまでは力んでしまいモタれていましたが、今日は我慢できるようになっていました。それもあって3~4コーナーもスムーズに行けて、直線では手応えを感じました。次につながるいいレースができました」

12着 スマートオーディン(武豊騎手)
「入れ込みは以前よりよくなってしましたが、途中から気負って力んで走っていました。能力を感じるので、このまま無事にいってくれれば今後が楽しみです」

14着 ダイワキャグニー(菊沢隆徳調教師)
「ボコボコした馬場に気を遣って走っていたようです。内側に入る形になりましたが、手応えがあれば外に出せていたでしょう」

【マーメイドS】(阪神)~10番人気のアンドリエッテが直線で馬群の内を抜け出す [News]
2018/06/10(日) 17:25

阪神11RのマーメイドS(3歳以上GIII・芝2000m)は10番人気アンドリエッテ(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒1(良)。クビ差の2着に9番人気ワンブレスアウェイ、さらに2馬身差の3着に4番人気ミエノサクシードが入った。

アンドリエッテは栗東・牧田和弥厩舎の6歳牝馬で、父ディープインパクト、母アナバシュドチャーム(母の父Silver Deputy)。通算成績は28戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アンドリエッテ(国分恭騎手)
「(2010年府中牝馬Sの)テイエムオーロラ以来の重賞勝ちで、本当に久しぶりなので、何だか気持ちがフワフワして実感が湧きません。内枠をいただいてもっと雨が降ると思っていたので、そのあたりがどうかとは思いましたが、内にこだわってそこでロスなく行って脚を使えたら、いいところがあるのではないかと思っていました。もともとテンから行く馬ではないので、慌てずに外に行った馬の内を突きながらレースをしました。一瞬の脚は速かったですね。このようなチャンスをいただいて、結果を出せたことは自信になります」

2着 ワンブレスアウェイ(津村騎手)
「ゲートを何とか出てくれて、いい位置で競馬ができました。返し馬のときから雰囲気がよくて、勝負になる気配がありましたがもう少しでした」

3着 ミエノサクシード(川島騎手)
「距離の心配はありましたが、よく頑張ってくれました」

4着 ヴァフラーム(富田騎手)
「最後はよく伸びて、いい脚を使ってくれました。乗りやすい馬で、よく頑張っています」

5着 ミリッサ(岩田騎手)
「流れに乗ることはできましたが、相手の脚が上でした。直線、一緒に上がっていけませんでした」

7着 キンショーユキヒメ(秋山騎手)
「動きたかったけど他の馬との(斤量の)比較で、思ったように動けませんでした。流れに乗ってもっと行くか、下げて終いを生かすか、というレースをすればよかったかもしれません」

11着 エテルナミノル(和田騎手)
「流れに乗って運べましたが、4コーナーも直線も伸びませんでした。乗った具合はよかったのですが...」

12着 アルジャンテ(酒井騎手)
「2000mより1600mのほうがよさそうですね。コーナーで位置をキープするためには、かなり押さないといけません。バテてはいませんが、伸びる感じもありませんでした。現状は、マイルで自分のレースに徹したほうがよいかもしれません」

【多摩川S】(東京)~ショウナンアンセムが逃げ切る [News]
2018/06/10(日) 16:38

東京10Rの多摩川S(3歳以上1600万下・芝1600m)は5番人気ショウナンアンセム(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒3(重)。1馬身1/4差の2着に3番人気ワンダープチュック、さらに半馬身差の3着に1番人気レッドオルガが入った。

ショウナンアンセムは美浦・田中剛厩舎の5歳牡馬で、父ジャングルポケット、母ヴォラドーレス(母の父クロフネ)。通算成績は27戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ショウナンアンセム(吉田隼騎手)
「トモが緩かったときは、ゲートで遅れたり引っ掛かっていましたが、しっかりしてきました。今日のようなコンディションでもノメることなく、追ってからしっかり伸びてくれました」

3着 レッドオルガ(C.ルメール騎手)
「ハミをずっと取っていてリラックスしていなかったので、最後は疲れていました。馬場は問題なくこなしていました」

4着 バティスティーニ(福永騎手)
「スタートがよかったので、ペースが緩いと思い前目につけました。こういう形でも我慢してくれて、最後もいい脚を使っています。このクラスにもメドが立ちました」

5着 キョウワゼノビア(内田騎手)
「昇級初戦でこのメンバー相手に、よく頑張っています。ペースは遅かったのですが、この馬のよさを生かすため、後方でジッとしていました。これまで1400mを使ってきて、今回は1600mでもいい競馬ができたので、幅が広がりました」

【加古川特別】(阪神)~3歳馬オメガパフュームが早めに仕掛けて古馬を撃破 [News]
2018/06/10(日) 16:23

阪神10Rの加古川特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は1番人気オメガパフューム(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒3(稍重)。1馬身1/4差の2着に3番人気ビッグアイランド、さらに3馬身半差の3着に2番人気ヘヴントゥナイトが入った。

オメガパフュームは栗東・安田翔伍厩舎の3歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス(母の父ゴールドアリュール)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 オメガパフューム(M.デムーロ騎手)
「外枠もよかったと思いますが、今日はスムーズな競馬ができました。ペースがものすごく遅くて、溜めていては勝負にならなかったと思います。3歳馬として、とてもよい勝ち方でしたし、もっとよい馬になりますよ」

2着 ビッグアイランド(高倉騎手)
「遅いペースにも折り合って、うまく反応もしてくれましたが、勝ち馬は強かったです。一瞬で交わされました。それでもモタれるところがなくなって、馬がとてもよくなっていました」

3着 ヘヴントゥナイト(浜中騎手)
「スタートでごちゃついて、位置が後ろになりました。勝ち馬は別として、前残りの展開でよく脚を使って走っています」

【小金井特別】(東京)~アンティノウスが追込み馬を振り切り連勝を飾る [News]
2018/06/10(日) 15:55

東京9Rの小金井特別(3歳以上1000万下・ダート1400m)は1番人気アンティノウス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒0(重)。3/4馬身差の2着に2番人気ビックリシタナモー、さらに1馬身半差の3着に5番人気アオイサンシャインが入った。

アンティノウスは美浦・国枝栄厩舎の4歳牡馬で、父クロフネ、母ミクロコスモス(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アンティノウス(C.ルメール騎手)
「この馬に乗って勝つのは4回目ですが、だんだん競馬が上手になっています。今日も外枠からスムーズなレースで、道中はずっといい感じでした。上のクラスでも問題なくやれるでしょう」

2着 ビックリシタナモー(戸崎騎手)
「いい脚で伸びたのですが、勝ち馬を捕まえることができませんでした。この馬もよく走っています」

3着 アオイサンシャイン(内田騎手)
「勝った馬はエンジンが違う感じでした。この馬もよく頑張ってくれたのですが」

4着 ハルクンノテソーロ(三浦騎手)
「しっかりとリズムを取って、いいフットワークで走っていました。追走を我慢できるようになって、最後まで脚を使えるようになりました。教えてきたものが形になってきました」

全55618件中 81件〜90件目を表示 [ 前の10件 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次の10件 ]