【師走S】(中山)~テーオーエナジーが2番手から堂々押し切る [News]
2018/12/08(土) 16:21

中山11Rの師走ステークス(3歳以上オープン・ダート1800m)は3番人気テーオーエナジー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒9(良)。2馬身半差の2着に2番人気チュウワウィザード、さらにハナ差の3着に4番人気クインズサターンが入った。

テーオーエナジーは栗東・宮徹厩舎の3歳牡馬で、父カネヒキリ、母シルキークラフト(母の父Crafty Prospector)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 テーオーエナジー(岩田康誠騎手)
「前走のJBCクラシックは早めに交わされた分と1900mもあり7着に負けましたが、今日はスタートを決めて、自分の形でリズム良く走れました。段々力をつけて強くなっています」

2着 チュウワウィザード(田辺裕信騎手)
「今の中山は時計が速いので、その対応がどうかと思いましたが、よく走っています。まだ奥がありそうです」

3着 クインズサターン(戸崎圭太騎手)
「やはり東京向きなのでしょうか。コーナーで少しもたついた分もありますが、それでもしっかりと伸びていました」

5着 アングライフェン(三浦皇成騎手)
「よく上がりの競馬に対応してくれました。最後は良い脚でした。状態も良くなっていました。もう少しペースが流れればもっと良い競馬が出来たと思います」

【香港スプリント】(9日・シャティン)~日本馬の近況(8日) [News]
2018/12/08(土) 16:11

9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港スプリント(G1)に出走予定の日本馬について、8日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)
角馬場で運動→オールウェザーコース1周強(ゆっくりめのキャンター)

鵜木睦宣調教助手のコメント
「体調を整える程度の調教をしました。スピードのある馬なので、ポジション取りが上手くいけば、どのような馬場でもこなしてくれると思います」

(現地情報)

【香港ヴァーズ】(9日・シャティン)~日本馬の近況(8日) [News]
2018/12/08(土) 16:08

9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ(G1)に出走予定の日本馬について、8日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●クロコスミア(牝5歳、栗東・西浦勝一厩舎)
角馬場で運動

北添裕哉調教助手のコメント
「変わりなく順調です」

●リスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)
坂井瑠星騎手が騎乗して、角馬場で運動→オールウェザーコース1周半

矢作芳人調教師のコメント
「数日前から良い状態で、それをキープ出来ています」

(現地情報)

【境港特別】(阪神)~シルヴァンシャーが外から突き抜け連勝 [News]
2018/12/08(土) 15:59

阪神10Rの境港特別(3歳以上1000万下・芝2200m)は2番人気シルヴァンシャー(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒9(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気メールドグラース、さらに3馬身差の3着に1番人気ダブルフラットが入った。

シルヴァンシャーは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母アゼリ(母の父Jade Hunter)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 シルヴァンシャー(J.モレイラ騎手)
「レース中は完全にリラックスして折り合っていました。最後の瞬発力は持っている馬ですし、直線に入って反応が良かったです。強い勝ち方でした」

2着 メールドグラース(川田将雅騎手)
「いつもより良い位置で競馬が出来ました。終いは自分の脚を使ってくれました」

5着 マイネルアトゥー(和田竜二騎手)
「スタートが決まって、この馬なりに良い位置を取れました。阪神は良さそうです」

6着 レプランシュ(藤岡佑介騎手)
「内枠なので、外を回さないようにしていました。4コーナーでは窮屈になりましたが、最後はしっかりと盛り返してくれました」

【浜名湖特別】(中京)~エオリアが外から差し切り快勝 [News]
2018/12/08(土) 15:53

中京10Rの浜名湖特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は3番人気エオリア(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒4(良)。3馬身差の2着に12番人気メモリーコウ、さらに半馬身差の3着に8番人気ドゥリトルが入った。

エオリアは栗東・角田晃一厩舎の4歳牝馬で、父ストリートセンス、母スタリア(母の父アルカセット)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 エオリア(吉田隼人騎手)
「強いレースでした。ゲートを出たなりの位置でレースを進めて、3~4コーナーでスムーズに外に出せました。直線での手応えも良く、抜け出してからフワフワしましたが、ここでは力が違いました」

2着 メモリーコウ(荻野琢真騎手)
「昇級戦でも良い競馬をしてくれました。競馬の上手な馬です。夏の間に成長して先行力もつきました。安定して走れるようになって、この先も楽しみです」

【アクアラインS】(中山)~クイーンズテソーロが好位から押し切り4連勝 [News]
2018/12/08(土) 15:36

中山10Rのアクアラインステークス(3歳以上1600万下・ダート1200m)は3番人気クイーンズテソーロ(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒2(良)。3/4馬身差の2着に2番人気スマートレイチェル、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気ビービーサレンダーが入った。

クイーンズテソーロは美浦・畠山吉宏厩舎の3歳牝馬で、父ヘニーヒューズ、母クイーンオブハルカ(母の父Singspiel)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 クイーンズテソーロ(木幡巧也騎手)
「強いです。4連勝がすべて同じ競馬で、余裕を持って外に出すことが出来て、伸びてくれました。何もしないで勝ってしまいました」

2着 スマートレイチェル(酒井学騎手)
「完璧なレースだったと思いますし、力は出していますが、今日は勝った馬が強かったですね」

3着 ビービーサレンダー(田辺裕信騎手)
「うまく外に出せて、伸び脚が良かったのですが、届きませんでした」

7着 オーヴァーライト(内田博幸騎手)
「フワフワしている時にゲートが開いてしまい、後方からのレースになってしまいました。馬の状態は良かったですし、少し間隔も空いていましたから、次は変わると思います。元々、力のある馬ですからね」

【エリカ賞】(阪神)~人気のエールヴォアが逃げ切りV [News]
2018/12/08(土) 15:21

阪神9Rのエリカ賞(2歳500万下・芝2000m)は1番人気エールヴォア(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(良)。1馬身半差の2着に4番人気ブラヴァス、さらにクビ差の3着に5番人気タガノディアマンテが入った。

エールヴォアは栗東・橋口慎介厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母フィーリングトーン(母の父ワイルドラッシュ)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 エールヴォア(川田将雅騎手)
「持ち味を生かす競馬をということでハナに行ってもという指示でした。リズム良く競馬をした結果です」

2着 ブラヴァス(武豊騎手)
「1歩目で躓いて後ろからになりましたが、新馬の時より道中の行きっぷりも良く、ラストも伸びてくれました。素質がありますね」

3着 タガノディアマンテ(秋山真一郎騎手)
「今回はうまく乗れました。能力があるだけにコントロールがより効くようになれば良いですね」

4着 アドマイヤリーブラ(池添謙一騎手)
「しぶとく脚を使ってくれました。このクラスで十分やれる力があります」

【霞ヶ浦特別】(中山)~クレッシェンドラヴが直線で突き抜け快勝 [News]
2018/12/08(土) 15:15

中山9Rの霞ヶ浦特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は5番人気クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒8(良)。2馬身半差の2着に4番人気ウインイクシード、さらにクビ差の3着に8番人気ショワドゥロワが入った。

クレッシェンドラヴは美浦・林徹厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母ハイアーラヴ(母の父Sadler's Wells)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手)
「元々力のある馬です。疲れなどが出たりして、成長を待っていました。このぐらいの距離も良かったですね。直線は遊び遊びでしたし、これからも楽しみです」

2着 ウインイクシード(三浦皇成騎手)
「ゲートを上手に出てくれて、リズムを崩さないように行きました。前に馬がいないところでもバランスを取って走っていました。勝った馬は強かったですが、この馬も良い感じで上がって行けました」

4着 フリージングレイン(戸崎圭太騎手)
「少し重かったかもしれません。使って良くなりそうな感じがあります」

6着 ホウオウパフューム(田辺裕信騎手)
「休み明けのレースは以前もあまり成績が良くなかったので、使ったほうが良いのかもしれません」

11着 レイエスプランドル(W.ビュイック騎手)
「4コーナーまでは思い通りの競馬が出来ましたが、そこから手応えが怪しくなってしまいました」

【2歳500万下】(中山7R)~ヴァイトブリックが人気に応えてデビュー2連勝 [News]
2018/12/08(土) 14:26

中山7Rの2歳500万下(ダート1800m)は1番人気ヴァイトブリック(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒6(良)。3馬身差の2着に11番人気セイカヤマノ、さらに1馬身3/4差の3着に7番人気ロダルキラーが入った。

ヴァイトブリックは美浦・和田正一郎厩舎の2歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母ヴァイスハイト(母の父アドマイヤベガ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴァイトブリック(戸崎圭太騎手)
「砂を被っても怯みませんでしたし、狭い所もグイグイと走ってくれました。まだソワソワする面はありますが、これからが楽しみです」

4着 ノーベルプライズ(三浦皇成騎手)
「良い感じで上がっていけましたし、力があります。まだ荒削りですし、これから良くなって来れば良いですね」

5着 ワシントンテソーロ(大野拓弥騎手)
「ダートからのスタートで、コーナー4回のコースが現状では合っているように思います。感触は悪くなかったです。同じ条件でまた期待したいです」

明日の騎手変更(高野和馬騎手) [News]
2018/12/08(土) 14:14

9日(日)の中京競馬で騎乗予定だった高野和馬騎手は、落馬負傷のため、下記の通り騎手変更となった。

4R 14番ブルベアエゴマ
高野和馬(58)→蓑島靖典(58)
9R 2番ユアーザワン
高野和馬(57)→大庭和弥(57)

(JRA発表による)

全57378件中 81件〜90件目を表示 [ 前の10件 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次の10件 ]