【フェブラリーS】栗東レポート~ケイティブレイブ [News]
2018/02/14(水) 14:39

2月18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に登録しているケイティブレイブ(牡5、栗東・目野哲也厩舎)について、目野哲也調教師のコメントは以下の通り。

(前走の川崎記念1着を振り返って)
「ケイティの力をいっぱい出したような走りでしたから、満足しています。
 この馬は行った方が良いのですよね。それで思った通りのレースになりました」

(前走後の調整について)
「中間は元気ありました。ずっと毎日見ていて、元気がありますので、大丈夫です」

(調教の動きを振り返って)
「そんなにやるつもりはなかったのですが、乗り役が乗ってくれたら、気合いが乗って行くのでしょう。このくらいの時計が出るのは、走る脚があるということだと思いますので、期待はしています」

(今回のレースに向けて)
「もう平均的に走りますので、別に良くなっているということはないのですが、やはり年を取るごとに力は付いていると思います。
 枠はどこでもいいです。直線が長いものですから、心配はありません。
 競馬に携わって幸せだったことは確かにあります。しんどいこともたくさんありました。ストーンステッパーで(以前このレースは)負けていますので、ここであの時の思いをひっくり返して勝ちたいと思います。応援して下さい。
 馬自体は元気に出走できますので、(調教師として)最後の(GI)レースとして、完璧に馬は走ってくれると思いますので、私は私なりに自信を持って出します。いつでも勝つということしか考えていませんので、皆さんも応援して下さい。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【フェブラリーS】栗東レポート~テイエムジンソク(古川吉洋騎手) [News]
2018/02/14(水) 14:36

2月18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に登録しているテイエムジンソク(牡6、栗東・木原一良厩舎)について、鞍上の古川吉洋騎手のコメントは以下の通り。

(前走の東海S1着を振り返って)
「普段通り、良いリズムで走っていました。強かったです」

(その前のチャンピオンズCは2着)
「GI初挑戦であれだけの競馬をしてくれました」

(調教に跨がっての感触は?)
「内容はやはり良かったです。一度使っているので、さらに動きは良くなっていました」

(今回のレースに向けて)
「距離自体は悪くはないと思います。今まで未知な部分がいろいろありながらも結果を出してくれています。不安なことばかり考えても仕方がないと思っています。むしろ良いのではないかというふうに捉えています。
 ジンソクの力をどうやったら一番出せるかということを考えれば、自ずと結果は見えてくるのではないでしょうか。
 あのスピードで、あの持続力が一番凄いところだと思います。
 いつものように強いジンソクを見てもらえれば、良い結果が付いてくると思っているので、皆さん応援してもらえればと思います」

(取材:米田元気)

【フェブラリーS】栗東レポート~テイエムジンソク(木原一良調教師) [News]
2018/02/14(水) 14:34

2月18日(日)に東京競馬場で行われる第35回フェブラリーステークス(GI)に登録しているテイエムジンソク(牡6、栗東・木原一良厩舎)について、木原一良調教師のコメントは以下の通り。

(前走の東海S1着を振り返って)
「休みを挟んだので、いくらかテンションが高めでしたが、メンバー的に自分の競馬をすれば何とかなるのかなという状態だったので、思った通りの競馬になりました。良かったなと思っています」

(前走後の調整について)
「東海Sを使ったことで、ガス抜きができて、馬が落ち着きました。ジョッキーを乗せると少しテンションが上がるのですが、今日も前回と同じ感じの調教でした」

(調教内容を振り返って)
「悪くないと思います。トモの入りがしっかりしていて、前脚もよく伸びていたので、まずまずかなと思っています」

(今回のレースに向けて)
「(初の東京遠征は)別に気にしてはいないのですけどね...。とにかく自分の競馬をするしかないので、他は目に入っていません。自分の馬だけです。
 たぶん負けて悔いなしのレースを古川騎手がすると思います。相手の出方次第で、遅かったら行くでしょうし、行く馬がいたら控えるでしょうし、そこはお任せします。
 (コース、距離、芝スタート)その3点は未知なのですが、たぶん大丈夫ではないかと思っています。
 お母さんが短距離で走っていた馬なので、距離が縮まる分にはたぶん対応できると思います。
 やることは全てやってきています。GIというのは強くても勝てないのがGIなので、あとは私と馬に運があるかないかではないかと思っています。
 結構ジンソクを応援してくれるファンの方がいっぱいいるのですよね。ですから、ファンの後押しと追い風に乗って、何とか一つGIというタイトルを獲りたいと思っています。皆さんどうぞ応援のほどをよろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

【京都牝馬S】登録馬~ミスパンテールなど13頭 [News]
2018/02/13(火) 17:45

17日(土)に京都競馬場で行われる第53回京都牝馬ステークス(GIII、牝馬限定、芝1400m)の登録馬は以下の通り。

【出走可能頭数:18頭】
ミスパンテール
ソルヴェイグ
ワンスインナムーン
タマモブリリアン
デアレガーロ

アットザシーサイド
アリンナ
エンジェルフェイス
サザナミ
ヴゼットジョリー

ミスエルテ
エスティタート
オーヴィレール

(JRA発表)

【ダイヤモンドS】登録馬~フェイムゲームなど18頭 [News]
2018/02/13(火) 17:35

2月17日(土)に東京競馬場で行われる第68回ダイヤモンドステークス(4歳以上GIII、ハンデ、芝3400m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:18頭】(フルゲート:16頭)
フェイムゲーム
プレストウィック
レジェンドセラー
ソールインパクト
ラブラドライト

デビルズハーツ
グランアルマダ
ヤマカツライデン
ハッピーモーメント
サイモントルナーレ

トウシンモンステラ
ホウオウドリーム
リッチーリッチー
リッジマン
フレンドスイート

ネイチャーレット
トレジャーマップ
ダウンザライン

(JRA発表)

【小倉大賞典】登録馬~スズカデヴィアスなど18頭 [News]
2018/02/13(火) 17:33

2月18日(日)に小倉競馬場で行われる第52回小倉大賞典(4歳以上GIII、ハンデ、芝1800m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:18頭】(フルゲート:16頭)
ヒットザターゲット
ダノンメジャー
ダッシングブレイズ
スズカデヴィアス
トリオンフ

クラリティスカイ
サトノスティング
タイセイサミット
クインズミラーグロ
ストレンジクォーク

ハッピーユニバンス
マサハヤドリーム
ケイティープライド
サトノアリシア
ウインガナドル

ヤマカツライデン
ヒラボクプリンス
トラスト

(JRA発表)

【エンプレス杯】(28日川崎)~JRAからの出走予定馬 [News]
2018/02/13(火) 17:17

28日(水)に川崎競馬場で行われる第64回エンプレス杯(JpnII・ダート2100m)のJRAからの出走予定馬、補欠馬は以下の通り。

★出走予定馬(出走枠5頭)
アンジュデジール  牝4
サルサディオーネ  牝4 丸山元気
プリンシアコメータ 牝5
ミッシングリンク  牝4 戸崎圭太
ワンミリオンス   牝5

・補欠馬(補欠順位順)
ブランシェクール
エンジェルフェイス
ヴォカツィオーネ
タガノヴェローナ
ベストセラーアスク

(JRA発表)

古川吉洋騎手、2月24日から騎乗停止へ [News]
2018/02/13(火) 16:54

小倉7レースで、5番タガノジーニアス(古川吉洋騎手)が4コーナーで内側に斜行し、10番メイクミーハッピー(岡田祥嗣騎手)がつまずいたため、古川吉洋騎手は2018年2月24日(土)から2018年3月4日(日)まで9日間の騎乗停止となった。

なお、騎乗停止が2月24日(土)からになる理由は、2月17日(土)および18日(日)に行われる競走の出馬投票(2月15日(木))までに、2日間の不服申立て期間が満了しないため。

(JRA発表)

【門司S】(小倉)~キーグラウンドが勝利 [News]
2018/02/13(火) 16:47

小倉11Rの門司ステークス(4歳以上1600万下・ダート1700m)は4番人気キーグラウンド(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒8(稍重)。1/2馬身差の2着に2番人気アスターゴールド、さらにクビ差の3着に1番人気テルペリオンが入った。

キーグラウンドは栗東・宮徹厩舎の4歳牡馬で、父アサクサキングス、母キーツヨイ(母の父タバスコキャット)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 キーグラウンド(藤岡康太騎手)
「スタートの1歩目が遅いのですが、中団の外目につけることができました。ペースも良い感じに流れてくれて、こうなるとしぶとく脚を使います」

2着 アスターゴールド(田中健騎手)
「小倉のこのコースと馬場の状態を考えて、積極的に勝ちに行く競馬をしましたが、後ろからすくわれてしまいました。力はあります」

3着 テルペリオン(松若風馬騎手)
「先行馬が揃っていて厳しい展開でしたが、力があるので踏ん張ってくれました」

【壇之浦特別】(小倉)~スズカディープが勝利 [News]
2018/02/13(火) 16:13

小倉10Rの壇之浦特別(4歳以上1000万下・芝2000m)は1番人気スズカディープ (岩崎翼騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒8(稍重)。3/4馬身差の2着に10番人気アドマイヤメテオ、さらにハナ差の3着に2番人気バリングラが入った。

スズカディープは栗東・橋田満厩舎の6歳セン馬で、父ディープインパクト、母ローマンスズカ2(母の父Seattle Slew)。通算成績は17戦5勝(うち地方4戦3勝)。

~レース後のコメント~
1着 スズカディープ(岩崎翼騎手)
「道中まくってこられても、この馬のリズムで競馬ができました。最後も詰め寄られましたが、終いはしっかりしていましたし、よく辛抱してくれました。馬が成長しています」

3着 バリングラ(藤岡康太騎手)
「流れが遅いなか、動けない場所に入ってしまい、4コーナーの位置取りの差が大きかったです。最後に良い脚を使っているだけにもったいないことをしました」

4着 ホットファイヤー(柴山雄一騎手)
「いつも通り後ろから行きましたが、ペースが落ち着いてしまいました。それでも外々を回ってこの着差ですから、このクラスでも十分やれる力があります」

全54558件中 71件〜80件目を表示 [ 前の10件 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次の10件 ]