【東京スポーツ杯2歳S】(東京)~ワグネリアンが無傷で重賞制覇 [News]
2017/11/18(土) 17:18

東京11Rの東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・芝1800m)は1番人気ワグネリアン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒6(良)。3馬身差の2着に2番人気ルーカス、さらにクビ差の3着に3番人気シャルルマーニュが入った。

ワグネリアンは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ミスアンコール(母の父キングカメハメハ)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
「思ったよりもペースが流れていましたが、捕まえられる感触がありました。直線は後ろから1頭来るかと思い、ターフビジョンを確認していました。2歳としては最有力ではないかと思います。課題としては普段からカッカしていることと、だんだんレースで行き脚がつくようになっているということが距離を延ばした時にどうなるかということだと思います」

1着 ワグネリアン(友道康夫調教師)
「前残りになることが怖かったので、流れてくれて良かったです。初めての輸送もこなしてくれて、馬体も増えていたので、課題はクリアできたと思います。今日もテンションは高かったですが、前回より少し落ちついていたので、良くなってきています。次走は予定通り弥生賞を使うつもりです」

2着 ルーカス(R・ムーア騎手)
「良いレースをしてくれました。まだ2戦目で、馬体は出来上がっていませんが、力はあります。今回は勝った馬が強かったです」

3着 シャルルマーニュ(戸崎圭太騎手)
「ペースが速い中でも、いいリズムで行くことができました。交わされてからもよく頑張っています。切れるタイプではなく、長くいい脚が使えますね」

4着 カフジバンガード(吉田豊騎手)
「良い形で進められ、終いも頑張っています。切れるタイプではないので、もう少し馬場がしぶってくれると良かったです」

5着 ゴールドギア(北村宏司騎手)
「道中楽な手応えではなかったのですが、ロスなく行けました。最後も追い詰めるまではいけなくても、この馬なりに頑張っています」

6着 コスモイグナーツ(柴田大知騎手)
「後ろからも来られたことで、ペースが速くなってしまいました。雨が降ってくれたら違った結果になったと思います」

7着 ケワロス(牧浦充徳調教師)
「道中で力んでいた分があってか、最後に脚が上がりました。今後のために長めの距離を使いましたが、本質的には短い方が良いのかもしれません」

【フルーツラインC】(福島)~メイショウキトラが勝利 [News]
2017/11/18(土) 16:50

福島11Rのフルーツラインカップ(3歳以上1000万下・ハンデ・芝2600m)は9番人気メイショウキトラ(鮫島良太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分40秒5(良)。クビ差の2着に4番人気ヒメタチバナ、さらに半馬身差の3着に1番人気ステイブラビッシモが入った。

メイショウキトラは栗東・牧浦充徳厩舎の6歳牡馬で、父メイショウオウドウ、母イエロージャケット(母の父サツカーボーイ)。通算成績は34戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウキトラ(鮫島良太騎手)
「具合が良く、チャンスだと思っていました。前半は掛かり気味でしたが馬込みで我慢させられました。長く良い脚を使ってくれて、最後までしっかりしていました」

2着 ヒメタチバナ(丸田恭介騎手)
「リズム良く走れたし、位置もイメージ通りでした。よく頑張っています」

3着 ステイブラビッシモ(丸山元気騎手)
「馬のリズムを気にしすぎて、前半の位置が後ろになりすぎてしまいました。終いは良い脚を使ってくれています」

5着 ジャッキー(津村明秀騎手)
「距離延長がどうかと思いましたが、折り合いがつくので、むしろこのくらいの距離の方が良いのかもしれません」

【修学院S】(京都)~ストレンジクォークが勝利 [News]
2017/11/18(土) 16:41

京都10Rの修学院ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・芝2000m)は7番人気ストレンジクォーク(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒0(重)。クビ差の2着に1番人気ヴァナヘイム、さらにクビ差の3着に2番人気ハナズレジェンドが入った。

ストレンジクォークは美浦・小島太厩舎の5歳牡馬で、父メイショウサムソン、母フェルミオン(母の父アグネスタキオン)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ストレンジクォーク(浜中俊騎手)
「スタートの出た感じで折り合いをつけながら進めました。直線までロスなく行けましたし、最後も差し返してくれました」

2着 ヴァナヘイム(C・デムーロ騎手)
「道中リズムよく行けて、直線でもいい脚でしたが、残り1ハロンを切ったところで脚色がにぶりました。良い走りをしているのですが」

3着 ハナズレジェンド(A・アッゼニ騎手)
「ゲートで後手を踏みましたが、道中はリズムよく立ち回ることが出来ました。最後で脚色がにぶりましたが、このクラスで十分にやれる力があります」

【ユートピアS】(東京)~レッドアヴァンセが差し切る [News]
2017/11/18(土) 16:31

東京10Rのユートピアステークス(3歳以上1600万下・牝馬・芝1600m)は3番人気レッドアヴァンセ(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒7(良)。3/4馬身差の2着に1番人気フロンテアクイーン、さらにアタマ差の3着に9番人気ディープジュエリーが入った。

レッドアヴァンセは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドアヴァンセ(C・ルメール騎手)
「前半はペースが遅くてタイトなレースになりましたが、直線を向いてからはペースも上がり、瞬発力勝負のレースに持ち込むことが出来ました。この馬の能力を発揮することが出来たと思います」

2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手)
「スタートがよかった割りには前の馬に下がって来られて結果的に位置取りが悪くなってしまいました。折り合いもついていただけに残念です」

3着 ディープジュエリー(柴山雄一騎手)
「ペースが遅くてもムキにならずに上手に走っていました。踏ん張りきれると思いましたが、上位の馬の決め手が上でした」

4着 ミエノサクシード(福永祐一騎手)
「ゲートも普通に出て、行こうと思えば行けました。逃げれば良かったです。失敗しました。逃げていれば楽勝だったと思います」

【伊達特別】(福島)~サウスザスナイパーが勝利 [News]
2017/11/18(土) 16:13

福島10Rの伊達特別(3歳以上500万下・ダート1700m)は2番人気サウスザスナイパー(菊沢一樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒0(良)。半馬身差の2着に8番人気マイネルネッツ、さらに5馬身差の3着に5番人気クインズプルートが入った。

サウスザスナイパーは栗東・加用正厩舎の3歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母ショウリノホホエミ(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サウスザスナイパー(菊沢一樹騎手)
「すごく良い形に持ち込めました。最後は馬が頑張ってくれて、よく交わしてくれました」

6着 ラレータ(石橋脩騎手)
「スタートをポコッと出てしまい、後手後手に回る形になってしまいました。途中で動くところもありませんでした」

7着 ナポレオンズワード(丸田恭介騎手)
「スタートを出たのに挟まれてしまい、位置取りが悪くなりました。もったいないレースでした」

【もちの木賞】(京都)~ビッグスモーキーがレコードV [News]
2017/11/18(土) 15:59

京都9Rのもちの木賞(2歳500万下・ダート1800m)は3番人気ビッグスモーキー(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒0(重)。半馬身差の2着に7番人気サージュミノル、さらに1馬身1/4差の3着に9番人気サクラアリュールが入った。

ビッグスモーキーは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スモークンフローリック(母の父Smoke Glacken)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ビッグスモーキー(浜中俊騎手)
「スタートを上手に切って、良いポジションにつけられました。直線でもしっかり伸びてくれました。時計が出やすい馬場なのでレコードタイムになりましたが、速い時計に対応してくれたのは良かったです」

1着 ビッグスモーキー(清水久詞調教師)
「馬込みで辛抱して、間を割って抜けてくれました。先につながる競馬内容でした。今後は芝を試す可能性もゼロではありませんが、馬の状態を最優先にして考えたいです」

4着 コマビショウ(和田竜二騎手)
「ゲートは出ていますが、大トビなので行き脚がつきませんでした。流れも向きませんでした。それでも能力は高いと思いますし、よく走っています」

6着 キーフラッシュ(藤岡康太騎手)
「うまく立ち回っていましたし、最後もバタッと止まっていません。速い決着のわりにはよく頑張っています」

【伊勢佐木特別】(東京)~サンホッブズが接戦を制す [News]
2017/11/18(土) 15:44

東京9Rの伊勢佐木特別(3歳以上1000万下・ハンデ・ダート2100m)は9番人気サンホッブズ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒3(良)。クビ差の2着に12番人気エオリア、さらにクビ差の3着に5番人気ピアシングステアが入った。

サンホッブズは美浦・中舘英二厩舎の4歳牡馬で、父メイショウサムソン、母パピュラ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は24戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 サンホッブズ(松岡正海騎手)
「このペースで行けたのは良かったです。前には出られましたがしぶとい脚を使ってくれました。こういう形になれば強いです」

3着 ピアシングステア(北村宏司騎手)
「まずまずのスタートでしたが、流れが落ち着いてしまいました。進路はありましたが、前の馬が楽でしたね。展開ひとつで、力はあると思います」

4着 アンプラグド(戸崎圭太騎手)
「スローペースで掛かっていました。狭いところを割って一瞬は出ましたが...。上手に走っています」

5着 マジカルスペル(R・ムーア騎手)
「距離が少し長いかもしれません」

【秋陽JS】(東京)~シンキングダンサーが叩き合いを制す [News]
2017/11/18(土) 15:33

東京8Rの秋陽ジャンプステークス(3歳以上オープン・芝3110m)は4番人気シンキングダンサー(金子光希騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分27秒5(良)。クビ差の2着に1番人気グッドスカイ、さらに6馬身差の3着に5番人気エルゼロが入った。

シンキングダンサーは美浦・武市康男厩舎の4歳牡馬で、父コンデュイット、母スプリングボード(母の父アサティス)。通算成績は20戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 シンキングダンサー(金子光希騎手)
「思い描いていた通りのレースをすることが出来ました。道中はグッドスカイを見る形でロスなく進められ、肩ムチを入れるとスッと反応してくれました。飛びも上手で、すでに完成しつつあります」

3着 エルゼロ(石神深一騎手)
「重賞を勝っている上位2頭からは離されましたが、よくがんばっています。初めてのオープンですし、まだ4歳なので、来年以降がとても楽しみです」

4着 ビットアレグロ(上野翔騎手)
「1・2着馬からは離されましたが、安定して走ってくれています。道中は良いポジションがとれたので外に出さずロスなく行けました。今日は勝った馬が強すぎました」

7着 アズマタックン(北沢伸也騎手)
「今日はあまりに力んでいました。久々の東京で障害を飛ぶたびに力が入っていました。反応もありませんでしたし、ハミもとらず全くスムーズではありませんでした」

【メイクデビュー】(福島5R)~ロサグラウカがデビュー勝ち [News]
2017/11/18(土) 15:02

福島5Rのメイクデビュー福島(芝2000m)は1番人気ロサグラウカ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒9(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気テンタマユキノブ、さらに3/4馬身差の3着に9番人気マヤノガルネリが入った。

ロサグラウカは美浦・尾関知人厩舎の2歳牝馬で、父ルーラーシップ、母ローザブランカ(母の父クロフネ)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ロサグラウカ(石橋脩騎手)
「調教に乗った時から良いフットワークをしていました。ある程度タメをきかせて運べればと思っていましたが、折り合いもついていました。内にこだわらず馬場のいい所へ出しましたが完勝でしたね。楽しみです」

3着 マヤノガルネリ(木幡巧也騎手)
「センスがいいですね。落ち着いて運べましたし、最後もいい脚を使ってくれました。芝のこの距離も合っていますし、今後が楽しみです」

【2歳500万下】(東京7R)~ムスコローソが勝利 [News]
2017/11/18(土) 14:46

東京7Rの2歳500万下(芝1400m)は2番人気ムスコローソ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(良)。クビ差2着に10番人気モデレイト、さらにクビ差で3着に7番人気シスルが入った。

ムスコローソは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母ルナレガーロ(母の父アドマイヤムーン)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ムスコローソ(手塚貴久調教師)
「1400mですし、ハマってくれるかと思っていました。もう少し力をつけてからだと思います。勝ちはしましたが、決め脚比べになると厳しい面もあるので...。次走はオーナーと相談して決めます」

2着 モデレイト(武藤雅騎手)
「前目でレースをしようと思っていました。最後は真っ直ぐ追えれば良かったのですが...」

3着 シスル(三浦皇成騎手)
「ダートの方がいいのかもしれません。反応はしています。ペースが流れる中で、積極的に競馬ができるのはいい面です」

全53814件中 71件〜80件目を表示 [ 前の10件 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次の10件 ]