【ジャパンC】外国馬情報(18日)~4頭が競馬学校で調整 [News]
2017/11/18(土) 18:30

26日(日)東京競馬場で行われるジャパンカップ(GI)に出走予定のブームタイム(豪)、イキートス(独)、ギニョール(独)、アイダホ(愛)の、18日の調教状況及び関係者のコメントは以下の通り。

※競馬学校...天候:曇、馬場状態:良

○ブームタイム(牡6)
 ダラ・オマハー厩務員が騎乗し、左回りで常歩800m、キャンター(1ハロン14秒~17秒程度)1600m、ダク(速歩)100m、右回りで常歩200m

ゲイリー・フェネシー調教助手のコメント
「疲れもなく飼い葉もよく食べ、水もよく飲んでいます。体調は最高の状態です。また、本日の調教も動きが良く、東京競馬場へ移動する頃にはさらに良くなるでしょう。明日はキャンターで馬場を2周する予定です」

○イキートス(牡5)
 シモーヌ・ハルニッシュマッヒャー厩務員が騎乗し、左回りでダク(速歩)1200m、キャンター(1ハロン14秒~18秒程度)2000m、右回りで常歩600m、左回りで常歩100m

ヤニナ・レーゼ調教助手のコメント
「昨年もここ(競馬学校)に来たので馬自身がすべきことを理解しており、リラックスしています。本日は昨日よりもキャンターを長めに乗りました。とてもテンポ良く走っていました。今後も少しずつキャンターの距離を延ばしていく予定です。レースに向けて調子が上がるように調整していきます」

○ギニョール(牡5)
 ミヒャエル・カデドゥ調教助手が騎乗し、左回りでダク(速歩)700m、キャンター(1ハロン15秒~20秒程度)1800m、右回りでダク200m、常歩600m、左回りで常歩100m

ミヒャエル・カデドゥ調教助手のコメント
「自国にいる状態と変わらない状態で、とてもリラックスしています。調教の動きも良く、非常に満足しています。明日の調教は本日の内容と同じような内容で行う予定ですが、調教師からの指示で少し強めに追うかもしれません」

※なおブームタイム、イキートス、ギニョールは本日ゲート試験を実施し、合格している。

○アイダホ(牡4)
 ベン・ダルトン厩務員が騎乗し、右回りでダク(速歩)2000m、左回りでキャンター(1ハロン18秒~20秒程度)1600m、常歩400m

トーマス・コマフォード調教助手のコメント
「飼い葉もすべて食べ、水もたっぷり飲んでいます。体調も非常に良く、大変順調です。初めての来日ですが、非常に馬がフレッシュな状態です。皮膚もツヤがあり、サラトガ競馬場で出走した時(8月)よりも良い状態なので期待しています。馬の態度がとても良く、それは馬が自分自身で調子のいいことを示しているサインです」

(現地情報)

明日の騎手変更(伴啓太騎手) [News]
2017/11/18(土) 18:12

伴啓太騎手は下記のとおり騎手変更となった。

2R 6番 デルマキミコイシ
伴啓太(53) → 井上敏樹(54)

6R 10番 ペイシャボム
伴啓太(53) → 原田和真(55)

8R 4番 シルバーゲイル
伴啓太(55) → 木幡初也(56)

9R 13番 アプト
伴啓太(52) → 菊沢一樹(51)

12R 5番 アルミューテン
伴啓太(54) → 井上敏樹(54)

ロワジャルダン競走馬登録抹消、地方競馬へ [News]
2017/11/18(土) 18:09

2015年みやこステークス(GIII)に優勝したロワジャルダン(牡6歳 美浦・戸田博文厩舎)は、本日付で競走馬登録を抹消した。今後は、地方競馬(大井)に移籍する予定。

※重賞勝鞍
2015年 みやこステークス(GIII)

JRA通算成績 25戦6勝
JRA通算獲得賞金 184,344,000円(付加賞含む)

(JRA発表)

京都5Rの制裁について [News]
2017/11/18(土) 18:02

京都5レースにおいて、13番アドマイヤビート(岩田康誠騎手)は、3コーナーで11番ザクライングマシン(藤岡佑介騎手)が外側に斜行したため、同馬に触れて転倒し、競走を中止した。

この件について、藤岡佑介騎手は、2017年10月21日(土)に不注意騎乗による騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間に同様の不注意騎乗を繰り返し行ったことを考慮し、2017年11月25日(土)から12月3日(日)まで9日間の騎乗停止となった。
また、3コーナーで外側に逃避したことについて11番ザクライングマシンを平地調教注意とした。

(JRA発表による)

京都9Rの競走除外について [News]
2017/11/18(土) 17:57

京都9レースで、14番メイショウワザシ(秋山真一郎騎手)は、発馬機をくぐり出て放馬し、疲労が著しいため競走除外となった。

(JRA発表による)

福島5Rの競走中止について [News]
2017/11/18(土) 17:54

福島5Rで、2番スマートジュール(長岡禎仁騎手)は、競走中に異常歩様となったため、3コーナーで競走を中止した。

(JRA発表による)

福島8Rの競走中止について [News]
2017/11/18(土) 17:52

福島8Rで、15番アフィニータ(伴啓太騎手)は、4コーナーで前の馬に触れて転倒したため、競走を中止した。

 馬:異状なし
騎手:頭部打撲
   背部打撲
   ※福島市内の病院へ搬送

(JRA発表による)

京都5Rの競走中止について [News]
2017/11/18(土) 17:48

京都5Rで、13番アドマイヤビート(岩田康誠騎手)は、前の馬に触れて転倒したため、3コーナーで競走を中止した。

 馬:異状なし
騎手:右下腿打撲

(JRA発表による)

【高湯温泉特別】(福島)~メイショウフェイクが押し切る [News]
2017/11/18(土) 17:42

福島12Rの高湯温泉特別(3歳以上500万下・芝2000m)は3番人気メイショウフェイク(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒7(良)。2馬身差の2着に12番人気オンザロックス、さらに半馬身差の3着に7番人気ウォーブルが入った。

メイショウフェイクは美浦・奥平雅士厩舎の5歳牡馬で、父メイショウサムソン、母ペルヴィアンリリー(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は23戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウフェイク(菱田裕二騎手)
「先入観を持たずに乗りました。良いスタートを切って、他が行かない分、すんなり2番手につけられました。強かったです」

2着 オンザロックス(江田照男騎手)
「最近は1600mくらいで後方から競馬をしていましたが、今日は前に行ってほしいというリクエストでした。うまく流れに乗れましたし、上手に競馬をしてくれました」

5着 ヴァンベールシチー(中谷雄太騎手)
「外を回すほどではなくても、脚があったので、直線で詰まったのは痛かったです」

【アンドロメダS】(京都)~ブラックバゴが勝利 [News]
2017/11/18(土) 17:28

京都11Rのアンドロメダステークス(3歳以上オープン・ハンデ・芝2000m)は6番人気ブラックバゴ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(重)。1馬身1/4差の2着に1番人気ストロングタイタン、さらにアタマ差の3着に9番人気メドウラークが入った。

ブラックバゴは美浦・斎藤誠厩舎の5歳牡馬で、父バゴ、母ステイウィズユー(母の父ステイゴールド)。通算成績は18戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラックバゴ(池添謙一騎手)
「道中はハミをかんでいましたが、馬の後ろで我慢していました。切れるというより、長く良い脚を使う感じの馬だと思います。外目をうまくうながして、終いも伸びてくれました。54キロも2000mもちょうど良いのではないでしょうか。強いレースをしてくれました」

3着 メドウラーク(北村友一騎手)
「もう少しポジションを取りに行きたかったです。しかし、思ったよりも進んで行きませんでした。後ろのポジションになってしまいました。勝負どころでは内目にいながら、うまく進路を確保できました。馬群を捌けて、良い所に出してこられたと思いますが、そこから勝ち馬と同じ脚色になってしまいました」

4着 ケントオー(藤岡康太騎手)
「前走よりは馬場状態もマシでしたし、しっかりと走ってくれました。2000mでも大丈夫です」

5着 キョウヘイ(高倉稜騎手)
「1コーナーで内に入ることが出来ず、そこに勝ち馬がポジションを取っていました。このロスが痛かったです。前に壁がなく、行きたがるそぶりを見せていました。前目で競馬をしたかったのですが、出たなりであの形でしたし、外を回すとダメですからね。直線では馬群の間を伸びてきましたし、2000mはこなしてくれました。次につながってくると思います」

全53814件中 61件〜70件目を表示 [ 前の10件 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次の10件 ]