【犬山特別】(中京)~伏兵トーセンリラが馬群を割って差し切る [News]
2018/12/08(土) 17:18

中京12Rの犬山特別(3歳以上500万下・芝1400m)は10番人気トーセンリラ(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒0(良)。半馬身差の2着に12番人気グロワールシチー、さらに半馬身差の3着に7番人気ヤマニンペダラーダが入った。

トーセンリラは美浦・宗像義忠厩舎の3歳牝馬で、父トーセンブライト、母トーセンデイジー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トーセンリラ(田中勝春騎手)
「狭いところからもしっかりと脚を使ってくれました。芝替わりが良かったと思います」

2着 グロワールシチー(菱田裕二騎手)
「内枠を生かしたかったのですが、楽に絶好の位置を取れました。最後もよく頑張っています」

3着 ヤマニンペダラーダ(岡田祥嗣騎手)
「リフレッシュの効果がありましたし、1400mにも対応してくれました。捌いて、捌いて、最後も伸びていますが、カットされたのが痛かったです」

4着 ラルムドランジュ(北村宏司騎手)
「良い位置で流れに乗れましたが、左へもたれるのを直している分、ジリジリとした伸びになりました。それでも坂を上り切ったところからはよく伸びました」

【中日新聞杯】(中京)~ギベオンが2頭での追い比べを制し重賞初制覇 [News]
2018/12/08(土) 17:11

中京11Rの中日新聞杯(3歳以上GIII・芝2000m)は1番人気ギベオン(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。ハナ差の2着に12番人気ショウナンバッハ、さらに4馬身差の3着に7番人気ストロングタイタンが入った。

ギベオンは栗東・藤原英昭厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母コンテスティッド(母の父Ghostzapper)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ギベオン(C.デムーロ騎手)
「良いポジションが取れて折り合ってレースが出来ました。良い感じで上がって行けました。直線も良い脚でよく走ってくれました」

2着 ショウナンバッハ(鮫島克駿騎手)
「なるべく風の影響を受けない位置でレースをしました。この馬の持ち味はしっかり出してくれたと思います」

3着 ストロングタイタン(B.アヴドゥラ騎手)
「スタートが良く、良いポジションでレースが出来ました。かわされた時に怯むところがありましたが、そこからまた伸びました。夏に乗った時は心房細動で力を出せませんでした。今日は本来の力の片鱗を見せてくれました」

4着 レイホーロマンス(丸山元気騎手)
「トモが入らずスタートで後ろの位置になりました。最後は51キロもあって良い脚で伸びました」

8着 マイスタイル(田中勝春騎手)
「1コーナーの入りは良かったのですが、今日は上手くハミが抜けませんでした」

中京7Rの競走中止について [News]
2018/12/08(土) 17:01

中京7レースで、12番ショウナンパンサー(荻野極騎手)は、発馬機内で暴れ、スタート直後、騎手がバランスを崩し落馬したため競走を中止した。人馬ともに異状なし。

(JRA発表による)

【リゲルS】(阪神)~パクスアメリカーナが4馬身差をつけ快勝 [News]
2018/12/08(土) 16:45

阪神11Rのリゲルステークス(3歳以上オープン・芝1600m)は2番人気パクスアメリカーナ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。4馬身差の2着に10番人気アサクサゲンキ、さらにクビ差の3着に9番人気キョウヘイが入った。

パクスアメリカーナは栗東・中内田充正厩舎の3歳牡馬で、父クロフネ、母グローバルピース(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 パクスアメリカーナ(中内田充正調教師)
「仕上がりも良く、力を出してくれました。道中リズム良く走り、ラストも良い脚でした。次走は年明けになります」

2着 アサクサゲンキ(松若風馬騎手)
「今回距離を延ばして、良い位置につけられました。最近ハミを取らないことが多かったのですが、今日は普通に走ってくれたので、これが良いきっかけになればと思います。能力もあって重賞も勝っている馬ですから、その頃の走りが戻ってくればと思います」

3着 キョウヘイ(高倉稜騎手)
「もう少し前目でレースをしたかったのですが、行き脚がつかず、馬のリズムに合わせて運びました。久々にしっかりとした脚を見せてくれました。これが次に繋がればと思います」

4着 ソーグリッタリング(J.モレイラ騎手)
「2走前に乗って勝った馬です。でも前走は折り合いを欠いたようです。ですから今日は折り合いを重視して良いレースができました。オープンクラスでも慣れてくれば通用します。今日は相手も強かったですね」

5着 トゥラヴェスーラ(藤岡佑介騎手)
「(ゲートを)出たなりでハナに立ってリズム良く運べました。ラストは少しもたれながらではありましたが、しぶとく粘ってくれました。良いきっかけになったのではと思います。調教の感じなら、もうひと伸びしそうでしたが、そこで伸び切れないのがまだ良化途上ということなのでしょうか。もっと走りそうな馬です」

7着 グリュイエール(M.デムーロ騎手)
「短かったですね。忙しかったです。ただ折り合いがついていたのですが、ペースが遅くなって瞬発力勝負になってしまいました。展開が向きませんでした」

【香港マイル】(9日・シャティン)~日本馬の近況(8日) [News]
2018/12/08(土) 16:35

9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港マイル(G1)に出走予定の日本馬について、8日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●ヴィブロス(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎)
安田晋司調教助手が騎乗して、角馬場で運動→オールウェザーコース1周

友道康夫調教師のコメント
「落ち着いています。調教では前進気勢もあって良い状態です」

●ペルシアンナイト(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)
岩崎祐己調教助手が騎乗し、角馬場で運動→オールウェザーコース1周半

岩崎祐己調教助手のコメント
「馬の気持ちも体も良い状態に仕上がっています」

●モズアスコット(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)
宮内茂貴調教助手が騎乗して、角馬場で運動→オールウェザーコース1周半

矢作芳人調教師のコメント
「明日競馬だということを教える意味で速めのキャンターを行いました。良い状態でレース当日を迎えられそうです」

(現地情報)

【師走S】(中山)~テーオーエナジーが2番手から堂々押し切る [News]
2018/12/08(土) 16:21

中山11Rの師走ステークス(3歳以上オープン・ダート1800m)は3番人気テーオーエナジー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒9(良)。2馬身半差の2着に2番人気チュウワウィザード、さらにハナ差の3着に4番人気クインズサターンが入った。

テーオーエナジーは栗東・宮徹厩舎の3歳牡馬で、父カネヒキリ、母シルキークラフト(母の父Crafty Prospector)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 テーオーエナジー(岩田康誠騎手)
「前走のJBCクラシックは早めに交わされた分と1900mもあり7着に負けましたが、今日はスタートを決めて、自分の形でリズム良く走れました。段々力をつけて強くなっています」

2着 チュウワウィザード(田辺裕信騎手)
「今の中山は時計が速いので、その対応がどうかと思いましたが、よく走っています。まだ奥がありそうです」

3着 クインズサターン(戸崎圭太騎手)
「やはり東京向きなのでしょうか。コーナーで少しもたついた分もありますが、それでもしっかりと伸びていました」

5着 アングライフェン(三浦皇成騎手)
「よく上がりの競馬に対応してくれました。最後は良い脚でした。状態も良くなっていました。もう少しペースが流れればもっと良い競馬が出来たと思います」

【香港スプリント】(9日・シャティン)~日本馬の近況(8日) [News]
2018/12/08(土) 16:11

9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港スプリント(G1)に出走予定の日本馬について、8日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)
角馬場で運動→オールウェザーコース1周強(ゆっくりめのキャンター)

鵜木睦宣調教助手のコメント
「体調を整える程度の調教をしました。スピードのある馬なので、ポジション取りが上手くいけば、どのような馬場でもこなしてくれると思います」

(現地情報)

【香港ヴァーズ】(9日・シャティン)~日本馬の近況(8日) [News]
2018/12/08(土) 16:08

9日(日)に香港・シャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ(G1)に出走予定の日本馬について、8日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●クロコスミア(牝5歳、栗東・西浦勝一厩舎)
角馬場で運動

北添裕哉調教助手のコメント
「変わりなく順調です」

●リスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)
坂井瑠星騎手が騎乗して、角馬場で運動→オールウェザーコース1周半

矢作芳人調教師のコメント
「数日前から良い状態で、それをキープ出来ています」

(現地情報)

【境港特別】(阪神)~シルヴァンシャーが外から突き抜け連勝 [News]
2018/12/08(土) 15:59

阪神10Rの境港特別(3歳以上1000万下・芝2200m)は2番人気シルヴァンシャー(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒9(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気メールドグラース、さらに3馬身差の3着に1番人気ダブルフラットが入った。

シルヴァンシャーは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母アゼリ(母の父Jade Hunter)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 シルヴァンシャー(J.モレイラ騎手)
「レース中は完全にリラックスして折り合っていました。最後の瞬発力は持っている馬ですし、直線に入って反応が良かったです。強い勝ち方でした」

2着 メールドグラース(川田将雅騎手)
「いつもより良い位置で競馬が出来ました。終いは自分の脚を使ってくれました」

5着 マイネルアトゥー(和田竜二騎手)
「スタートが決まって、この馬なりに良い位置を取れました。阪神は良さそうです」

6着 レプランシュ(藤岡佑介騎手)
「内枠なので、外を回さないようにしていました。4コーナーでは窮屈になりましたが、最後はしっかりと盛り返してくれました」

【浜名湖特別】(中京)~エオリアが外から差し切り快勝 [News]
2018/12/08(土) 15:53

中京10Rの浜名湖特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は3番人気エオリア(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒4(良)。3馬身差の2着に12番人気メモリーコウ、さらに半馬身差の3着に8番人気ドゥリトルが入った。

エオリアは栗東・角田晃一厩舎の4歳牝馬で、父ストリートセンス、母スタリア(母の父アルカセット)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 エオリア(吉田隼人騎手)
「強いレースでした。ゲートを出たなりの位置でレースを進めて、3~4コーナーでスムーズに外に出せました。直線での手応えも良く、抜け出してからフワフワしましたが、ここでは力が違いました」

2着 メモリーコウ(荻野琢真騎手)
「昇級戦でも良い競馬をしてくれました。競馬の上手な馬です。夏の間に成長して先行力もつきました。安定して走れるようになって、この先も楽しみです」

全57353件中 51件〜60件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]