【かささぎ賞】(小倉10R)~ラミエルが3頭の追い比べを制す [News]
2019/02/16(土) 16:00

小倉10Rのかささぎ賞(3歳500万下・芝1200m)は2番人気ラミエル(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒6(良)。クビ差の2着に3番人気グッドレイズ、さらにクビ差の3着に15番人気ブルベアオーロが入った。

ラミエルは栗東・橋口慎介厩舎の3歳牝馬で、父ジャスタウェイ、母カストリア(母の父Kingmambo)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ラミエル(松若風馬騎手)
「ゲートでゴソゴソしていて少し遅れました。ペースが流れていました。終始いい手応えでしたし、手応えの通りしっかり伸びてくれました」

2着 グッドレイズ(幸英明騎手)
「一番強い競馬をしてくれましたが......。(前半で)ポジションがどんどん下がっていってしまいました」

3着 ブルベアオーロ(鮫島克駿騎手)
「2走前は不利があったりしてリズムが良くないレースでした。今日は折り合い重視でリズムが良く、こういうレースが出来たのは収穫でした。展開も向いたと思います」

【フリージア賞】(東京9R)~人気薄のアトミックフォースが最内から差し切る [News]
2019/02/16(土) 15:41

東京9Rのフリージア賞(3歳500万下・芝2000m)は7番人気アトミックフォース(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒9(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気シフルマン、さらに3/4馬身差の3着に1番人気シャドウディーヴァが入った。

アトミックフォースは美浦・武藤善則厩舎の3歳牡馬で、父ワークフォース、母タックスシェルター(母の父フジキセキ)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アトミックフォース(田辺裕信騎手)
「レースの流れに乗れましたし、道中はタメが利きました。終いもしっかり伸びて勝ってくれました。」

2着 シフルマン(石橋脩騎手)
「スタートを上手に出て、いいポジションを取れました。自分のタイミングで動いていって、最後まで止まらず走ってくれました。一頭内からシュッという感じで抜けられましたが、この馬としては文句なしのレースをしてくれました」

3着 シャドウディーヴァ(岩田康誠騎手)
「いい感じでレースができていたのですが、追い出してからモタモタした感じになりました」

7着 ホウオウサーベル(蛯名正義騎手)
「道中は普通に走れていたのですが、4コーナーでシャドウディーヴァが動いた時についていけない感じになりました。右前を落鉄していたそうなので、グリップが効かなかったのかもしれません」

【つばき賞】(京都9R)~良血馬ワールドプレミアが好位から脚を伸ばし勝利 [News]
2019/02/16(土) 15:11

京都9Rのつばき賞(3歳500万下・芝1800m)は2番人気ワールドプレミア(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒3(良)。1馬身差の2着に3番人気ユニコーンライオン、さらに3/4馬身差の3着に5番人気ルモンドが入った。

ワールドプレミアは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母マンデラ(母の父Acatenango)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ワールドプレミア(武豊騎手)
「どうしてもズブくなるところがあります。その分、伸びしろがあって能力を感じます。キャリアを積めばもっと良くなりそうです。掛かるところはなさそうです」

2着 ユニコーンライオン(M.デムーロ騎手)
「子供です。今日は真面目に走ってくれましたが、武豊騎手の馬(ワールドプレミア)が瞬発力を使って一気に伸びました。併せる形になればもっと良かったと思います」

4着 レターオンザサンド(藤岡佑介騎手)
「マイペースでしぶとく走ってくれました。最後、並ばれても伸び返していました。馬がしっかりして良い感じになっています」

5着 サトノウィザード(C.ルメール騎手)
「モタれてあまり動けませんでした。調子があまり良くなかったのかもしれません......」

【3歳500万下】(東京6R)~ヴィッテルスバッハが競り合いを制す [News]
2019/02/16(土) 14:56

東京6Rの3歳500万下(芝1600m)は4番人気ヴィッテルスバッハ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒6(良)。クビ差の2着に3番人気ミモザイエロー、さらに4馬身差の3着に2番人気トロシュナが入った。

ヴィッテルスバッハは美浦・池上昌和厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母ケイティーズジェム(母の父ディープインパクト)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴィッテルスバッハ(石橋脩騎手)
「ゲートの中で態勢が悪くて少し出遅れましたが、どれだけの脚を使えるかはわかっていましたからね。3コーナーでも後方の展開が遅かったので、ここにいても仕方ないだろうと思って、周りを気にせず動いていきました。こちらが思っていた以上に切れる脚を使ってくれましたし、噛み合えば上でも通用します」

2着 ミモザイエロー(岩田康誠騎手)
「止まっていませんでしたが......。良い瞬発力を持っていますし、走る馬です。牝馬で少しカリカリするところはありますが、レースに行けばおとなしいですし、競馬もしやすいです」

3着 トロシュナ(北村宏司騎手)
「4コーナーからの勝負どころで何かフットワークがぎこちない感じになっていて、沈み込んでいきませんでした。調教ではすごく重心の低い走りでしたし、自信を持っていましたが、思ったより動けませんでした」

【3歳500万下】(京都6R)~キュールエサクラが大外から突き抜け完勝 [News]
2019/02/16(土) 14:20

京都6Rの3歳500万下(牝馬・芝1400m)は1番人気キュールエサクラ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒1(良)。1馬身3/4差の2着に2番人気ビックピクチャー、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ブリッツアウェイが入った。

キュールエサクラは栗東・中内田充正厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母インコグニート(母の父Gone West)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
2着 ビックピクチャー(福永祐一騎手)
「突き放されたので、勝った馬が強かったです。伸びてはいますが、相手が悪かったです」

4着 エイシンオズ(荻野極騎手)
「後ろめのポジションにはなりましたが、道中はリズム良く運べました。次はもう少し動ければ良いと思います」

【メイクデビュー】(東京4R)~チバタリアンが勝利 [News]
2019/02/16(土) 14:16

東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は16番人気チバタリアン(宮崎北斗騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒7(良)。アタマ差の2着に1番人気メイショウカスガ、さらに1馬身半差の3着に3番人気ノボオリエンスが入った。

チバタリアンは美浦・柴田政人厩舎の3歳牝馬で、父キャプテントゥーレ、母バクシンオージョ(母の父タイキシャトル)。

~レース後のコメント~
1着 チバタリアン(宮崎北斗騎手)
「一度使ってからかなと思っていましたが、終いで良い脚を使ってくれて驚きました。砂を被っても問題ないですし、これから良くなりそうです」

2着 メイショウカスガ(戸崎圭太騎手)
「とても乗りやすい馬で、使って良くなりそうです。次が楽しみですね」

3着 ノボオリエンス(F.ミナリク騎手)
「レース中、礼儀正しい馬で、競馬をよくわかっているという感じでした。ゲートを出てすぐのスピードも速いので、すぐに勝てると思います」

4着 ブルーコーラル(三浦皇成騎手)
「気性が幼くて、物見をしたり他の馬を気にするところがあって、競馬になじめていませんでした。それでも上位に来ているので力があります」

【メイクデビュー】(京都3R)~テーオーキャンディが勝利 [News]
2019/02/16(土) 13:56

京都3Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は13番人気テーオーキャンディ(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒6(良)。10馬身差の2着に7番人気タガノハツコイ、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ジュンサロベツが入った。

テーオーキャンディは栗東・梅田智之厩舎の3歳牝馬で、父エイシンフラッシュ、母キャンディーストア(母の父スペシャルウィーク)。

~レース後のコメント~
1着 テーオーキャンディ(川須栄彦騎手)
「返し馬から走りが軽く、仕上りが良かったです。レースではスタートからスピードが違いましたし、楽な手応えでした。スピードがありすぎて走りが軽いので、芝でもやれそうです」

3着 ジュンサロベツ(松山弘平騎手)
「スタートで出負けしましたが、上手についていきました。砂を被っても嫌がりませんし、最後もしっかり伸びています。スタートを決めて2、3番手で競馬をしたかったのですが、まだまだやれそうです」

5着 アドマイヤジョイ(C.ルメール騎手)
「スタートも良くなく、最初は砂を被って嫌がっていました。最後は長い脚で加速していましたし、次は良くなると思います。馬自体はすごく若いですが、スタミナがありそうです」

明日の出走取消(東京2R) [News]
2019/02/16(土) 13:36

第1回東京競馬第8日2レース14番トーアシオンは、右前肢跛行により出走取消となった。

(2月16日11時55分 JRA発表による)

江田照男騎手の騎乗停止処分について [News]
2019/02/15(金) 14:56

 江田照男騎手は、2月14日(木)に行われた埼玉県浦和競馬組合営第12回浦和競馬第4日第6競走で、ホープフルサイン(牡3歳 美浦・本間忍厩舎)に騎乗したところ、最後の直線で内側に斜行し、他馬の進路に影響を与えたことについて、浦和競馬裁決委員より2月18日(月)から2月19日(火)まで2日間の騎乗停止処分を受けた。

 これを受け、JRAは「中央競馬と地方競馬間における処分の相互適用実施要領」に基づき、地方競馬主催者が科した騎乗停止期間(日程)をそのまま適用することとし、江田照男騎手は2月18日(月)から2月19日(火)まで2日間の騎乗停止となった。

(JRA発表による)

【馬場情報】小倉競馬場 [News]
2019/02/15(金) 13:25

 15日(金)正午現在の小倉競馬場の馬場状態は以下の通り。
  
●天候:曇
●馬場状態:( 芝 )良 (ダート)稍重
●芝の状態:3コーナーから4コーナーの内柵沿いに傷みが出てきたが、その他の箇所は概ね良好な状態。
●芝の草丈:(芝コース)野芝約6から8センチメートル、洋芝約12から16センチメートル
●使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)
●含水率(測定時刻 午前10時30分)
・芝コース:ゴール前9.8%、4コーナー10.3%
・ダートコース:ゴール前9.0%、4コーナー9.1%

<中間情報・2月8日(金)~ 2月15日(金)正午の情報>
●気象情報(中間の降水量)
10日(日)に1.5mm、11日(月)に4.5mmの雨量を記録した。
●作業内容
<芝コース>
・11日(月)芝刈りを実施した。
<ダートコース>
・11日(月)、13日(水)から15日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0センチメートル)した。

(JRA発表)

全57895件中 41件〜50件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件 ]