【HTB杯】(函館)~人気のレコードチェイサーが僅かに逃げ切る [News]
2019/06/15(土) 17:16

函館11RのHTB杯(3歳以上2勝クラス・芝1200m)は1番人気レコードチェイサー(富田暁騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(良)。クビ差の2着に7番人気オフクヒメ、さらに1馬身半差の3着に2番人気オーパキャマラードが入った。

レコードチェイサーは美浦・伊藤圭三厩舎の3歳牝馬で、父ディープブリランテ、母ゴールドチェイス(母の父アドマイヤムーン)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 レコードチェイサー(富田暁騎手)
「前走の勝ちっぷりから、人気になるのは分かっていました。内枠を引けたことも、斤量52キロも良かったです。すべてが上手くいきましたし、最後も馬の力でしっかり押し切ってくれました。まだまだ成長できる器だと思いますから、次も楽しみです」

2着 オフクヒメ(坂井瑠星騎手)
「ゲートはいつもより出ましたし、出たなりのポジションで運べました。最後もあいた内をよく伸びてくれましたが...。惜しかったです」

4着 イサチルルンルン(松岡正海騎手)
「この形が合っていますね。ゆっくり行って終いを生かせました。今はどれくらいのさじ加減で行かせたら良いのかを探っている所ですし、次はもっとやれると思います」

【相模湖特別】(東京)~カレングロリアーレが堂々と逃げ切る [News]
2019/06/15(土) 16:53

東京10Rの相模湖特別(3歳以上2勝クラス・芝1400m)は2番人気カレングロリアーレ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒8(不良)。1馬身3/4差の2着に1番人気アンリミット、さらに2馬身半差の3着に9番人気ボールドジャパンが入った。

カレングロリアーレは栗東・安田隆行厩舎の3歳牡馬で、父トーセンホマレボシ、母カレンタントミール(母の父シェルゲーム)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 カレングロリアーレ(三浦皇成騎手)
「返し馬から良さを感じました。このような馬場も良いのかもしれませんが、力がここでは違いました。良いスピードがあり、後ろから他の馬が来たら、来た分だけ行くという感じでした」

2着 アンリミット(内田博幸騎手)
「4コーナーでは勝った馬は手綱を持ったままでしたからね。これで3戦続けて2着。終いは少し甘くなる所がありますがよく走っています。これから力をつけてくれば良いと思います」

3着 ボールドジャパン(江田照男騎手)
「道悪は大丈夫でした。上手に走ってくれました。前で流れに乗って最後までしっかりと走っていました」

4着 ハトホル(野中悠太郎騎手)
「2番枠でしたから内でしっかりと運んで、最後は外に出しましたが、最後はジリジリとした脚でした。馬場は少し悪いくらいでもいいように思います」

【小豆島特別】(阪神)~アドマイヤキズナが僅かに差し切る [News]
2019/06/15(土) 16:46

阪神10Rの小豆島特別(3歳以上2勝クラス・芝1600m)は3番人気アドマイヤキズナ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒2(稍重)。ハナ差の2着に5番人気ライオネルカズマ、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気エイシンルカーノが入った。

アドマイヤキズナは栗東・友道康夫厩舎の6歳牡馬で、父ハービンジャー、母アドマイヤオウカ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は18戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤキズナ(和田竜二騎手)
「切れないイメージがあって、外枠でしたし、引っ掛からない程度に前につけて行こうと思っていました。伸び脚は渋いですが、上手くいきました」

3着 エイシンルカーノ(福永祐一騎手)
「追い出した時に脚をとられてしまいました。その分でしょうか。切れそうだったのですが、伸びあぐねました。馬場を気にしていたでしょうか」

4着 ロケット(幸英明騎手)
「直線で追い出した時、勝てそうな手応えでした。しかし、最後は間隔が空いた分だと思います」

【駒ケ岳特別】(函館)~ジャディードが3頭の競り合いを制す [News]
2019/06/15(土) 16:25

函館10Rの駒ケ岳特別(3歳以上1勝クラス・芝2600m)は3番人気ジャディード(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分43秒2(良)。ハナ差の2着に5番人気タガノシャルドネ、さらにクビ差の3着に1番人気プルクラが入った。

ジャディードは美浦・小島茂之厩舎の4歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母ジャドール(母の父フジキセキ)。通算成績は12戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ジャディード(古川吉洋騎手)
「上手に競馬をしてくれましたね。途中まで内でロスなく運んで外へ出して、勝負どころ早めに踏んで、この馬のしぶとさを生かせました」

2着 タガノシャルドネ(国分恭介騎手)
「思った通りに乗れました。惜しかったです。ヨーイドンの競馬はあまり得意ではないようですが、頑張ってくれました」

3着 プルクラ(藤岡佑介騎手)
「道中はリズムを守って運んで、良い手応えでした。勝負どころで強気に外へ行って、突き抜けるかと思いましたが...。最後は1、2着馬と同じ脚色になってしまいました。今日に関してはキャリアの浅さの分でしょうか」

【稲城特別】(東京)~オセアグレイトが先行して抜け出す [News]
2019/06/15(土) 15:27

東京9Rの稲城特別(3歳以上1勝クラス・芝2400m)は2番人気オセアグレイト(野中悠太郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分33秒9(不良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ゴットフルール、さらに2馬身半差の3着に1番人気キタサンバルカンが入った。

オセアグレイトは美浦・菊川正達厩舎の3歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ブルーダヌーブ(母の父Bahri)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 オセアグレイト(野中悠太郎騎手)
「好位につけて、スムーズに折り合えました。こういう馬場もこなしてくれると思っていましたし、斤量が軽かったことも良かったですね」

3着 キタサンバルカン(戸崎圭太騎手)
「ノメっている訳ではないので、今日のような馬場が全くダメという感じではありませんでした。ただ最後は脚色が他の馬と一緒になってしまいました。パンパンの良馬場なら弾けたのかもしれません」

6着 シゲルシイタケ(蛯名正義騎手)
「今日は馬場が全てですね。すべってしまって進んでいきませんでした」

【鷹取特別】(阪神)~アッシェンプッテルが早め先頭から押し切り勝ち [News]
2019/06/15(土) 14:58

阪神9Rの鷹取特別(3歳以上2勝クラス・ダート2000m)は4番人気アッシェンプッテル(城戸義政騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒1(重)。1馬身3/4差の2着に3番人気オノリス、さらに2馬身差の3着に8番人気スズカロングが入った。

アッシェンプッテルは栗東・奥村豊厩舎の3歳牝馬で、父バトルプラン、母ミミオブパラダイス(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アッシェンプッテル(城戸義政騎手)
「レースを使うごとに状態が良くなっています。昇級戦で力関係が分からず仕掛けが早くなりましたが、よく力を出してくれました。いろいろ課題はありますが、これからもっと良くなってくると思います」

3着 スズカロング(鮫島克駿騎手)
「ハイペースでしたから無理せずじっくり追走する形で自分のリズムで走らせました。しっかり脚を使ってくれました」

4着 フラテッリ(福永祐一騎手)
「最後までよく頑張っていたのですが...」

5着 ジョースターライト(中谷雄太騎手)
「3コーナーまでスムーズだったのですが、内枠のせいもあって外に出すことができず、その後はリズムを崩してしまいました。それでも昇級戦でよく頑張って走っています」

メロディーレーン JRA最少体重優勝記録更新 [News]
2019/06/15(土) 14:45

阪神6Rで、10番メロディーレーン(岩田望来騎手)は、馬体重340キロで出走して1着となり、JRA最少体重優勝の記録を更新した。これまでの最少体重優勝は、ジャンヌダルクが1972年9月2日(土)(第3回小倉競馬第3日2R)で記録した350キロ。

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(東京5R)~伏兵のヴィンカマヨールが直線一気で新馬勝ち [News]
2019/06/15(土) 14:28

東京5Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は10番人気ヴィンカマヨール(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒2(不良)。2馬身差の2着に6番人気エストラード、さらに2馬身差の3着に9番人気フジノヤマテソーロが入った。

ヴィンカマヨールは美浦・田島俊明厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母カラヴィンカ(母の父Bernardini)。

~レース後のコメント~
1着 ヴィンカマヨール(石橋脩騎手)
「トモのはまりが良くないと聞いていましたが、競馬に行ってからは全く気になりませんでした。道中は無理せずに行って、3コーナーの手応えは素晴らしかったです。こういう形で勝つのですから、大したものです」

(田島俊明調教師)
「スタートがあまり速いほうではなかったのですが、道中はリズム良く行って、良い脚を使ってくれました。ウッドチップコースでの調教はそれほど目立ちませんでしたが、レースへ行ってダートで想像以上に頑張ってくれました。レース内容はまだまだといった感じなので、この先が楽しみです。血統的にも今日の走りからもダートが合っていると思います。次走は番組を見てダートのレースを使いたいと考えています」

4着 サトノアレックス(戸崎圭太騎手)
「馬の雰囲気は良かったです。ただレースではあまり進んで行きませんでした。使ってからでしょう」

10着 ラグリマスネグラス(D.レーン騎手)
「子供っぽいですし、今日の馬場ではこの馬には厳しかったです。水溜りにも反応していました。使って次でしょう」

【メイクデビュー】(阪神5R)~断然人気のジェネティクスが悠々逃げ切る [News]
2019/06/15(土) 14:23

阪神5Rのメイクデビュー阪神(ダート1200m)は1番人気ジェネティクス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒0(重)。2馬身半差の2着に3番人気アウトウッズ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気フルデプスリーダーが入った。

ジェネティクスは栗東・西村真幸厩舎の2歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母ソラコマチ(母の父サクラバクシンオー)。

~レース後のコメント~
1着 ジェネティクス(川田将雅騎手)
「まだまだ体ができていないので、成長していけば、もっと良い内容で走ることができると思います。現状でもこのパフォーマンスができるのですから、成長待ちですね」

2着 アウトウッズ(福永祐一騎手)
「大型馬で体に余裕がありましたが、センスがあります。使ってさらに動けると思いますので、先々まで楽しみになる内容でした」

3着 フルデプスリーダー(松山弘平騎手)
「乗りやすい馬です。もう少し前半に行き脚がつけばもっとやれると思います」

【メイクデビュー】(函館5R)~ブルーパピヨンが2番手から抜け出す [News]
2019/06/15(土) 14:12

函館5Rのメイクデビュー函館(芝1000m)は6番人気ブルーパピヨン(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは58秒1(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気アーマーバローズ、さらに半馬身差の3着に2番人気アポロセイランが入った。

ブルーパピヨンは美浦・田島俊明厩舎の2歳牝馬で、父マツリダゴッホ、母ブルーピアス(母の父ヘクタープロテクター)。

~レース後のコメント~
1着 ブルーパピヨン(丹内祐次騎手)
「スピードがありますし、手応えは終始楽でした。競馬に行くと真面目ですし、反応は良かったです」

3着 アポロセイラン(勝浦正樹騎手)
「感じは良かったです。競馬は上手でしたし、終いも伸びてくれました。良い経験になったと思います」

5着 アドラブルリリー(藤岡佑介騎手)
「スピードがあって、良いところを見せてくれました。最後の粘りが課題ですね」

全58959件中 41件〜50件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件 ]