【木古内特別】(函館)~リワードアンヴァルが楽に逃げ切る [News]
2019/06/16(日) 16:01

函館10Rの木古内特別(3歳以上1勝クラス・ダート1700m)は1番人気リワードアンヴァル(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒0(重)。7馬身差の2着に2番人気レッドオールデン、さらにハナ差の3着に3番人気テイエムソレイユが入った。

リワードアンヴァルは美浦・藤原辰雄厩舎の3歳牡馬で、父スマートファルコン、母リワードエンプレス(母の父オペラハウス)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 リワードアンヴァル(藤岡佑介騎手)
「完勝ですね。調教に乗ったときから能力を感じていました。今日は内枠でしたから、主張してマイペースで運びました。時計も優秀ですし、クラスが上がってもやれるでしょう」

2着 レッドオールデン(D.レーン騎手)
「良いスタートから良い位置をとれましたが、今日は勝った馬が強かったです。ダートは問題ありません」

4着 ナイルデルタ(岩田康誠騎手)
「勝った馬は強かったですが、ゴール前まで頑張ってくれましたし、すぐにチャンスは来ると思います」

5着 グリニッジシチー(石川裕紀人騎手)
「前回、前に行って止めてしまいましたから、今日は昇級戦のときのように、追い込む形で競馬をしました。最後まで走っています」

【箕面特別】(阪神)~スピリットワンベルが1番人気に応える [News]
2019/06/16(日) 15:58

阪神9Rの箕面特別(3歳以上2勝クラス・ダート1200m)は1番人気スピリットワンベル(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒0(稍重)。3/4馬身差の2着に2番人気サンライズカラマ、さらにハナ差の3着に4番人気ウラガーノが入った。

スピリットワンベルは栗東・牧田和弥厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母ショウサンミーベル(母の父フジキセキ)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 スピリットワンベル(松山弘平騎手)
「少頭数でレースが組み立てやすかったです。スタートを決めて好位に付けて、砂を被るとズブイ所を見せましたが、前が開いてからは突き抜けてくれました。強い競馬でした」

2着 サンライズカラマ(浜中俊騎手)
「スペースがなかったです。正味追えたのはゴール前だけで、それでも2着でしたから、スムーズならもっとやれたと思います」

4着 バルコラベーロ(西村淳也騎手)
「つまずいてしまって、前に行けませんでした。それでもジックリ行って伸びましたし、1000万(2勝クラス)でも通用すると思います」

5着 スズカプリズム(酒井学騎手)
「休む前は成績は良くなかったのですが、もっと前は好成績があって、力はあると思っていました。リフレッシュして良くなっていて、揉まれ弱いと聞いていましたが、そうでもなかったです。器用さがなくフワッとする所がありましたが、直線で外に出すと伸びそうな雰囲気になりました。そこからダラダラとなったのは、休み明けの分かもしれません。勝ち切れる力のある馬です」

【メイクデビュー】(東京6R)~トライフォーリアルが新馬勝ち [News]
2019/06/16(日) 14:43

東京6Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は1番人気トライフォーリアル(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒4(重)。1馬身1/4差の2着に8番人気ルドラクシャ、さらに1馬身差の3着に5番人気ロードファビュラスが入った。

トライフォーリアルは美浦・萩原清厩舎の2歳牡馬で、父リアルインパクト、母エンプレスティアラ(母の父クロフネ)。

~レース後のコメント~
1着 トライフォーリアル(三浦皇成騎手)
「1400mの距離は忙しい感じですが、それはまだ体の使い方が本当ではないからで、この馬のポテンシャルを引き出せばもっと楽に走れると思います。これからもっと良くなる馬です」

2着 ルドラクシャ(岩部純二騎手)
「1400mは長いかなと思っていました。道中、力んで走っていて、最後ソラを使いました。チークなどをつけたほうが良いかもしれません」

3着 ロードファビュラス(津村明秀騎手)
「ゲートの出は思っていたよりも反応が良くなかったです。直線ではジリジリとした伸びでした。ダートの方が良いかもしれません」

8着 シュルルヴァン(大野拓弥騎手)
「攻め馬の感じは良い馬です。スタートさえ良くなればと思います」

【メイクデビュー】(東京5R)~サクセッションが新馬勝ち [News]
2019/06/16(日) 14:22

東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は1番人気サクセッション(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒4(重)。1馬身1/4差の2着に4番人気グレイトホーン、さらに3馬身差の3着に2番人気ゴールデンエポックが入った。

サクセッションは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母アディクティド(母の父Diktat)。

~レース後のコメント~
1着 サクセッション(福永祐一騎手)
「この時期なのでまだトモの甘い所があって、エンジンがかかるのに時間がかかりました。それ以外は言うことがありません。とてもセンスの良い馬です」

(国枝栄調教師)
「無難な競馬をしていましたし、まずは合格です。体はまだまだこれからですが、どう変わっていくのか、とても楽しみです」

2着 グレイトホーン(藤田菜七子騎手)
「ゲートをポンと出て逃げる形になりました。子供っぽい所があるので、良くなる余地があると思います」

3着 ゴールデンエポック(北村友一騎手)
「行くとフワフワしそうなので控えました。道中はしっかりと我慢して、しっかりと脚を使ってくれました。初戦としては良い内容だったと思います」

【メイクデビュー】(阪神5R)~エールヴィオレが新馬勝ち [News]
2019/06/16(日) 13:57

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1600m)は7番人気エールヴィオレ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒7(稍重)。2馬身差の2着に10番人気ベッラヴォルタ、さらに1馬身差の3着に2番人気チェルヴィーノが入った。

エールヴィオレは栗東・武英智厩舎の2歳牝馬で、父タートルボウル、母クインリーグレイス(母の父スペシャルウィーク)。

~レース後のコメント~
1着 エールヴィオレ(浜中俊騎手)
「性格が真面目で、新馬向きだったと思います。テンションが高くなりそうな雰囲気があるので、焦れ込みすぎなければ良いですね」

(武英智調教師)
「行きっぷりが良かったですし、馬場が緩いのも良い方に出たと思います。道悪もこなしそうな気がします。テンションの高いところがあるので、一回目できっちりと勝てて良かったです。今後は中京2歳Sを狙っていくと思います」

2着 ベッラヴォルタ(中井裕二騎手)
「人気はありませんでしたが、調教に乗せてもらって狙っていました。それだけに、個人的にすごく悔しいです。上手く自分の感じで行けていただけに......。テンションとの兼ね合いが課題です」

4着 ハッピールーラ(鮫島克駿騎手)
「乗りやすかったです。すごくレースが上手なのがストロングポイントです」

10着 カヴァス(和田竜二騎手)
「(外に)逃げて逃げて、全然競馬になりませんでした。背中の乗り味は良いです」

【メイクデビュー】(函館5R)~オータムレッドが新馬勝ち [News]
2019/06/16(日) 13:51

函館5Rのメイクデビュー函館(芝1200m)は2番人気オータムレッド(D.レーン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(稍重)。クビ差の2着に1番人気ビアンフェ、さらに1馬身差の3着に4番人気ヴァクストゥームが入った。

オータムレッドは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牝馬で、父ワールドエース、母ティッカーコード(母の父Giant's Causeway)。

~レース後のコメント~
1着 オータムレッド(D.レーン騎手)
「スタートしてからそこまで速くなくて、ついて行くためにサポートすると、前に馬がいてスペースがなくて引き気味になって、少し子供っぽい所を見せました。ただすぐに慣れて、しまいもしっかりと脚を見せてくれました。良い2歳馬ですね」

2着 ビアンフェ(藤岡佑介騎手)
「スタートで少し遅れて寄られる所があって、巻き返して位置を取りに行くのに脚を使った分が、最後に響きました。それでも馬体や精神面に幼さがある中でしっかりと脚を使いましたし、素質を感じます。さらに良くなりそうです」

3着 ヴァクストゥーム(坂井瑠星騎手)
「ゲートを上手に出てくれて2番手につけて、直線もしっかり反応してくれました。今日は上位の2頭が強かったです」

【プリンスオブウェールズステークス】~日本馬の近況(6月15日) [News]
2019/06/16(日) 13:37

6月19日(水)に英国のアスコット競馬場で行われるプリンスオブウェールズステークス(GI)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

プリンスオブウェールズステークス(GI、芝1990m)
●ディアドラ(牝5、栗東・橋田満厩舎)
<本日(現地時間6月15日)の調教状況>
ニューマーケット調教場 アルバハスリ ポリトラックコース→6ハロン 終い一杯に追う
込山雄太調教助手騎乗

<橋田満調教師のコメント>
(終いの伸びも良く、今日の動きも納得できるいいものでした。追い切り後の息遣いもいいので、良い状態でレースに臨めると思います。)

(JRAの発表による)

【遊楽部特別】(函館)~サクラユニヴァースが2勝目を挙げる [News]
2019/06/15(土) 17:34

函館12Rの遊楽部特別(3歳以上1勝クラス・牝馬・芝1800m)は3番人気サクラユニヴァース(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気フラル、さらに3/4馬身差の3着に1番人気ミモザイエローが入った。

サクラユニヴァースは美浦・高柳瑞樹厩舎の4歳牝馬で、父ネオユニヴァース、母サクラレーヌ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は10戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サクラユニヴァース(吉田隼人騎手)
「前回乗せて頂いた時に、良い感触を掴んでいました。折り合いをつけて、上手く我慢できました。洋芝適性がありますし、距離も1800mくらいが良さそうです」

3着 ミモザイエロー(武藤雅騎手)
「出遅れてしまって、ペースも少し落ち着いてしまいました。どこかで動いて行ければ良かったのですが、最後も外を回らされる、厳しい競馬になってしまいました」

【ジューンS】(東京)~超良血のジナンボーがOP入りを果たす [News]
2019/06/15(土) 17:30

東京11Rのジューンステークス(3歳以上3勝クラス・芝2000m)は3番人気ジナンボー(D.レーン騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒0(不良)。1馬身半差の2着に1番人気シンギュラリティ、さらに1馬身3/4差の3着に4番人気サトノソルタスが入った。

ジナンボーは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母アパパネ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ジナンボー(D.レーン騎手)
「馬の折り合いを一番意識して乗りました。ハナにこだわっていたわけではありませんが、スタートして流れに乗ってハナに立ち、そのまま押し切ってくれました。距離と馬場は全く問題ありません」

3着 サトノソルタス(津村明秀騎手)
「長期休養明けでも競馬が上手で、折り合いもついて良い馬ですね。これだけ走れたのは力がある証拠です。ただ馬場に関してはもっと良いほうが走りやすそうです」

4着 スパイラルダイブ(戸崎圭太騎手)
「3~4コーナーで脚をとられ、手応えが怪しくなり、直線ではもう一度伸びましたが、最後また脚をとられてしまいました。今日は馬場が悪すぎますね」

5着 サトノグラン(三浦皇成騎手)
「馬場が合いませんでした。ゲートを出て、前につけたかったのですが、進みが悪かったです。それでも頑張ってくれました。パンパンならもっとやれるはずです」

【水無月S】(阪神)~ウインストラグルが後続の追撃を振り切る [News]
2019/06/15(土) 17:22

阪神11Rの水無月ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1200m)は7番人気ウインストラグル(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒7(稍重)。クビ差の2着に5番人気ラベンダーヴァレイ、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気タイセイブレークが入った。

ウインストラグルは栗東・加用正厩舎の5歳牡馬で、父ショウナンカンプ、母マルモリバニー(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は21戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインストラグル(川須栄彦騎手)
「前へ行って欲しいとの指示がありました。ハナに行くまで苦労しましたが、行き切ると息が入りました。よく最後まで凌いでくれました」

2着 ラベンダーヴァレイ(福永祐一騎手)
「内枠を生かして上手く立ち回ることができました。柔らかい馬場は得意ではない馬なので、良馬場ならもっと走れそうです」

3着 タイセイブレーク(浜中俊騎手)
「スタートは五分に出ましたが、クラスが上がった分、この馬には忙しい感じのレースになりました。それでも外に出すと、良い脚で伸びてくれました。1400mぐらいの距離も大丈夫そうです。力のある馬です」

7着 エンゲルヘン(和田竜二騎手)
「ノメるような感じはなかったのですが、直線で思ったような伸びがありませんでした。パンパンの硬い馬場の方が合っているのかもしれません」

全58959件中 31件〜40件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]