【メイクデビュー】(中山5R)~トーセンブレスが勝利 [News]
2017/09/17(日) 14:37

中山5Rのメイクデビュー中山(牝馬限定、芝1600m)は2番人気トーセンブレス(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒5(稍重)。1馬身3/4差2着に1番人気プリモシーン、さらに1馬身1/2差で3着に6番人気ヒメベニサクラが入った。

トーセンブレスは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母ブルーミンバー(母の父ファルブラヴ)。

~レース後のコメント~
1着 トーセンブレス(加藤征弘調教師)
「思っていたよりスタートは出ませんでした。走りにゆとりがあって、1600m戦にして良かったです。強い相手と戦った時にどうなるかですね」

3着 ヒメベニサクラ(丸田騎手)
「スタートはひと息でしたが、走りがスムースで、最後は脚を使ってくれました」

4着 レネット(三浦騎手)
「競馬は上手です。牝馬らしい我の強さがありますが、それがレースの方に向くといいですね」

6着 セイウンミツコ(勝浦騎手)
「ゲートが速くていいリズムで走れていたと思います。使っていい方に変わってくると思います」

【2歳未勝利】(中山1R、2R、3R)~ニシノオリーブ、メルムサール、ムーランナヴァンが勝利 [News]
2017/09/17(日) 14:27

中山1Rの2歳未勝利戦(ダート1200m)は6番人気ニシノオリーブ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒7(重)。1馬身1/4差2着に5番人気ドリュウ、さらに3/4馬身差で3着に9番人気ザイオンが入った。

ニシノオリーブは美浦・武藤善則厩舎の2歳牝馬で、父リーチザクラウン、母ニシノキミヨ(母の父バゴ)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ニシノオリーブ(戸崎騎手)
「スタートを出てくれて、スピードがあります。手応え十分で余裕がありました」

2着 ドリュウ(江田照騎手)
「終いはしっかり脚を使ってくれました。新潟の時よりいい状態でした」

3着 ザイオン(石橋脩騎手)
「前走は右にモタれていたようでした。スタート次第だと思っていましたが、全然出てくれませんでした。ハミを外して乗って、終いだけにかける形でよく伸びてくれました」


中山2Rの2歳未勝利戦(芝1600m)は8番人気メルムサール(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒6(稍重)。クビ差2着に11番人気エスターテ、さらに1馬身1/4差で3着に9番人気オールドナシュワンが入った。

メルムサールは美浦・田中剛厩舎の2歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母オナーリーブ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 メルムサール(江田照騎手)
「前走の1200m戦は忙しい内容でしたから、距離を延ばしてもらいました。兄同様、気性に課題がありますが、走ってしまえば素直で、指示通り上手に走ってくれます」

4着 カガスター(田中勝騎手)
「追走は楽でした。もうひと押しです。距離は長くてもいいと思います」

5着 ゴールドシャッツ(柴田大騎手)
「ずっとブレーキをかけて走っています。周りを気にするようになってきています」


中山3Rの2歳未勝利戦(芝1800m)は1番人気ムーランナヴァン(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒9(稍重)。1馬身1/2差2着に5番人気バケットリスト、さらにクビ差で3着に4番人気モンファロンが入った。

ムーランナヴァンは美浦・尾形和幸厩舎の2歳牝馬で、父エイシンフラッシュ、母シュペトレーゼ(母の父ディープインパクト)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ムーランナヴァン(津村騎手)
「自信を持って乗りました。内の馬が牽制していたので、それならと思って行きました。良馬場の方が持ち味を生かせそうです。気性が良くなって、これからの馬だと思います」

2着 バケットリスト(吉田豊騎手)
「前走は逃げてうなっていたようで、抑えてレースが出来ればと思っていました。1~2コーナーでペースが落ちていてもうまく走れていました」

【メイクデビュー】(阪神5R)~リュクスポケットが勝利 [News]
2017/09/17(日) 14:11

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1800m)は8番人気リュクスポケット(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒7(稍重)。クビ差2着に2番人気メガリージョン、さらに2馬身差で3着に5番人気ガールズバンドが入った。

リュクスポケットは栗東・庄野靖志厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母コンカラン(母の父ジャングルポケット)。

~レース後のコメント~
1着 リュクスポケット(藤岡佑騎手)
「前向きな気性で、スタートが決まったので、変に抑えずにハナに行きました。新馬としてはいいペースで行きましたが、こういう展開を自分で作っていけるのは強みだと思います。最後も抜かれる感じはありませんでした」

2着 メガリージョン(福永騎手)
「まだビシッとやっていない中でこれだけ走ってくれたのですから、能力があります。叩いて、次は違ってくると思います」

3着 ガールズバンド(M.デムーロ騎手)
「一生懸命走っていましたが、初戦ということもあってか、最後は集中していませんでした」

7着 ダノンチェリー(ルメール騎手)
「距離が少し短かったです。京都の2000mくらいが合うように思います」

【2歳未勝利】(阪神1R、2R、3R)~レディバード、フィールシュパース、メイショウドウドウが勝利 [News]
2017/09/17(日) 14:10

阪神1Rの2歳未勝利戦(牝馬限定、ダート1400m)は1番人気レディバード(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒0(重)。3馬身差2着に3番人気バーニングガール、さらに3馬身差で3着に2番人気サンドクイーンが入った。

レディバードは栗東・小崎憲厩舎の2歳牝馬で、父スマートファルコン、母シーズインポッシブル(母の父Yankee Victor)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 レディバード(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。能力のある馬です。新馬戦は2着で残念でしたが、勝った馬は強かったですからね。上のクラスでも楽しみです」

2着 バーニングガール(幸騎手)
「ダートは初めてでしたが、合っていると思いますし、この距離も良かったです。勝ち馬は強かったですが、こういう競馬が出来ればすぐにチャンスが来ると思います」


阪神2Rの2歳未勝利戦(ダート1800m)は3番人気フィールシュパース(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒1(重)。1/2馬身差2着に1番人気シゲルホウレンソウ、さらに8馬身差で3着に4番人気ラクロアクリスエスが入った。

フィールシュパースは栗東・中竹和也厩舎の2歳牡馬で、父Kitten's Joy、母Mighty Renee(母の父Maria's Mon)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 フィールシュパース(田辺騎手)
「自分から行くような感じではありませんでしたが、追い出してからは反応が良かったです」

3着 ラクロアクリスエス(岩田騎手)
「初ダートでしたが、よく伸びてくれました。次もチャンスがあると思います」


阪神3Rの2歳未勝利戦(芝1200m)は4番人気メイショウドウドウ(川島信二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(稍重)。ハナ差2着に2番人気メイショウトラマツ、さらに1/2馬身差で3着に1番人気ヤマニンルネッタが入った。

メイショウドウドウは栗東・荒川義之厩舎の2歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母ダンシングブルーム(母の父コマンダーインチーフ)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウドウドウ(川島騎手)
「装鞍所でもテンションが高く、ゲートの中もうるさくて立ち遅れてしまいました。それでも馬の後ろにつけたら外に張らずに運ぶことが出来ました。最後はいい脚でした。今後も楽しみです」

3着 ヤマニンルネッタ(田中健騎手)
「最後にいい脚を使ってくれました。今日のような馬場でもやれましたし、体が戻っていたのも良かったです」

5着 ネオヴォイス(古川騎手)
「行き脚はつきませんでしたが、ラストはいい脚を使ってくれました。競馬が少しずつ上手になっていますし、確実に良くなってきています」

土曜日夜間発売を取り止め [News]
2017/09/16(土) 17:54

明日9月17日(日)の競馬開催、及び明後日9月18日(祝・月)の中山競馬は、台風による競馬開催への影響が見込まれるため、インターネット投票による下記のレース及びWIN5の土曜日夜間発売(土曜午後7時30分から日曜午前7時まで)を取りやめることとなった。

9月17日(日)の中山競馬全レース・阪神競馬全レース
9月17日(日)のWIN5
9月18日(祝・月)の中山競馬11レース(セントライト記念)

なお明日17日(日)の競馬開催の有無、午前7時以降のWIN5を含む電話・インターネット投票による発売などについては、決定次第JRAのホームページ等で発表される。

(JRA発表)

明後日の騎手変更(浜中俊騎手) [News]
2017/09/16(土) 17:05

浜中俊騎手は落馬負傷のため、明後日9月18日(祝・月)の阪神競馬で騎乗予定だった以下のレースで乗り替わりとなることが発表された。

3R デロングスター
浜中俊(54)→川田将雅(54)

4R ショウナンサリュー
浜中俊(56)→福永祐一(56)

5R メジャーシャルマン
浜中俊(54)→福永祐一(54)

7R ミヤジマミー
浜中俊(53)→川田将雅(53)

8R メイショウカリン
浜中俊(53)→武豊(53)

10R ニホンピロヘーゼル
浜中俊(55)→川田将雅(55)

11R ロイヤルストリート
浜中俊(53)→川田将雅(53)

12R ラバピエス
浜中俊(54)→和田竜二(54)

(16:30 JRA発表)

【レインボーS】(中山)~ゲッカコウが鮮やかに逃げ切る [News]
2017/09/16(土) 17:00

中山11Rのレインボーステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は5番人気ゲッカコウ(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(良)。2馬身差の2着に6番人気スズカビスタ、さらにクビ差の3着に4番人気ショウナンマルシェが入った。

ゲッカコウは美浦・高橋義博厩舎の4歳牝馬で、父ロージズインメイ、母チューベローズ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は22戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ゲッカコウ(丹内祐次騎手)
「偶数枠も良かったですし、マイペースで行けました。まだまだ余力がありました」

2着 スズカビスタ(田辺裕信騎手)
「前走の時計も良かったですし、積極的に行って粘ってくれないかと思っていました。勝った馬に追いつける感じではありませんでしたが、昇級戦ですし、頑張っています」

3着 ショウナンマルシェ(三浦皇成騎手)
「難しいですね。力はある馬ですし、乗り方一つで変わってくると思いますが......」

6着 テオドール(戸崎圭太騎手)
「思ったより流れが遅かったです。我慢は利いていましたが、動くに動けない形になってしまいました。それに直線では動き切れていない感じです」

7着 ソールインパクト(大野拓弥騎手)
「ペースが遅く、向正面から早めに動きました。感じは良かったのですが、上がりをまとめられてしまいました」

【松戸特別】(中山)~断然人気バイタルフォースがゴール寸前で差し返し勝利 [News]
2017/09/16(土) 16:53

中山10Rの松戸特別(3歳以上1000万下・ダート2400m)は1番人気バイタルフォース(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分34秒9(良)。ハナ差の2着に5番人気テイエムコンドル、さらに2馬身半差の3着に3番人気スズカマサルが入った。

バイタルフォースは美浦・萩原清厩舎の5歳セン馬で、父Quality Road、母タップゴールド(母の父Pleasant Tap)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 バイタルフォース(戸崎圭太騎手)
「一旦前に出られましたが、差し返す根性を見せてくれました。力のある馬ですし、今後が楽しみだと思います」

2着 テイエムコンドル(丸山元気騎手)
「直線一旦前に出て、うまくいったのですが、最後はソラを使ってしまいました」

5着 デグニティクローズ(石橋脩騎手)
「逃げて3コーナーから引き離すレースができればと思っていました。2番手からの競馬でも頑張っています。うまく策がはまればという感じです」

6着 キールコネクション(吉田豊騎手)
「今日のような流れだと、勝負どころで厳しいですね。この馬は乱ペースのほうが向くと思います」

【オークランドRCT】(阪神)~ドラゴンバローズが差し切り人気に応える [News]
2017/09/16(土) 16:40

阪神11Rのオークランドレーシングクラブトロフィー(3歳以上1600万下・ダート1800m)は1番人気ドラゴンバローズ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒9(重)。1馬身半差の2着に10番人気ロイヤルパンプ、さらにクビ差の3着に9番人気ファドーグが入った。

ドラゴンバローズは栗東・渡辺薫彦厩舎の5歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ポーリッシュピンク(母の父Polish Precedent)。通算成績は29戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ドラゴンバローズ(和田竜二騎手)
「いいところにつけられましたし、勝負所では楽に行けました。力をつけていると思います。スッと流れに乗れて、この時計で走れています。上に行っても楽しみです」

2着 ロイヤルパンプ(松若風馬騎手)
「外枠でしたし、スタートが決まって自分の競馬をしました。しっかりと伸びてくれていますが、勝った馬が強かったです」

3着 ファドーグ(菱田裕二騎手)
「丁寧に乗ろうと心がけました。力のある馬なので来てくれましたし、いい馬だなと思いました」

4着 イーストオブザサン(鮫島克駿騎手)
「リズム良く運べればしっかりとした脚が使えるので、それを生かす競馬を心がけました。ドラゴンバローズを目標にスムーズに運べました。乾いた馬場のほうがいいと思います」

5着 マイネルトゥラン(川田将雅騎手)
「外枠でスムーズに競馬ができました。この馬の力は出していると思います」

6着 マイネルバサラ(国分優作騎手)
「スタートの時に隣の馬がうるさくて、ビックリしてポンとスタートを切れませんでした。早め早めに仕掛けて、手応えの割りには伸びていました。馬群も割れましたし、悪くないと思います」

9着 ガンサリュート(北村友一騎手)
「ダートの方が走りやすそうな感じはありました。ここ最近は終いの脚を使えず止まっていたので、初ダートで何とか脚を温存して終いに脚を使えればと思っていました。それでもバッタリと脚が上がってしまいました。距離が少し長いのでしょうか......」

阪神8Rの競走中止について [News]
2017/09/16(土) 16:26

阪神8レースで、4番ソロル(北沢伸也騎手)は、下記疾病を発症したため、10号障害手前で競走を中止した。

 馬:右前浅屈腱不全断裂
騎手:異状なし

(JRA発表による)

全53196件中 31件〜40件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]