【柳都S】(新潟)~スタートを決めたミッシングリンクが勝利 [News]
2018/08/12(日) 16:43

新潟10Rの柳都ステークス(3歳以上1600万下・ダート1800m)は1番人気ミッシングリンク(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒0(良)。3馬身差の2着に5番人気サトノアッシュ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気ビスカリアが入った。

ミッシングリンクは美浦・斎藤誠厩舎の4歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母エーソングフォー(母の父More Than Ready)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ミッシングリンク(戸崎圭太騎手)
「今日はスタートが決まりましたし前がやり合う形でした。最後までよく頑張ってくれました」

2着 サトノアッシュ(北村宏司騎手)
「前半は離されましたが、マイペース。4コーナーで砂を被って置かれるところはありましたが、直線で、また伸びました」

3着 ビスカリア(M・デムーロ騎手)
「早めに追い出した分、最後が甘くなりました」

4着 ブライトンロック(田中勝春騎手)
「ペースが速すぎて、脚がたまりませんでした」

【HTB賞】(札幌)~馬群を割って抜け出したレッドローゼスが勝利 [News]
2018/08/12(日) 16:32

札幌10RのHTB賞(3歳以上1000万下・芝2000m)は1番人気レッドローゼス(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒7(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ゴールドギア、さらに2馬身半差の3着に6番人気ハウエバーが入った。

レッドローゼスは美浦・国枝栄厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母リヴィアローズ(母の父Galileo)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドローゼス(蛯名正義騎手)
「今週の調教の感じが今までで1番良く、自信がありました。いつもは少し甘くなる所がありますが、最後までしっかり伸びました。まだ伸びる余地はある馬ですが、今日は良い感じでレースができました」

2着 ゴールドギア(C・ルメール騎手)
「この馬も良く頑張りましたが、今日は勝った馬が強すぎました」

3着 ハウエバー(井上敏樹騎手)
「最後の直線で内を開けてしまって、そこを抜けられたのは悔いが残りますが、この馬の力は出してくれたと思います」

4着 ラテュロス(秋山真一郎騎手)
「今日の流れで一気に来られたのですから、やはり上位に来た古馬は強いということでしょう。ここに来て馬は良くなっています」

大和田成調教師、JRA通算100勝達成 [News]
2018/08/12(日) 16:10

新潟2Rで、6番バットオールソーが1着となり、同馬を管理する大和田成調教師(美浦)は、現役148人目となるJRA通算100勝を達成した。

~大和田成調教師のコメント~
「思ったより達成するのに時間がかかったかなという気持ちです。100勝達成できたのは多くの方々に応援していただいた結果だと思います。馬主さんをはじめ牧場関係者やファンの方など、応援してくださる方々のためにもこれからも頑張っていきたいと思います」

(JRAの発表による)

北村宏司騎手がJRA通算1300勝達成 [News]
2018/08/12(日) 16:02

北村宏司騎手(美浦・フリー)は、新潟9レースで13番アルーシャに騎乗して1着となり、中央競馬史上22人目、現役10人目となるJRA通算1300勝を達成した。

~北村宏司騎手のコメント~
「今日もたくさん乗せていただきチャンスをもらっていたので、1300勝を達成できて嬉しいです。なかなか早く達成できませんでしたが、今後もペースを上げて、まずは次のレースを勝てるように頑張ります。暑い中、応援ありがとうございます」

(JRA発表による)

川田将雅騎手のイギリスでの騎乗成績(8月11日) [News]
2018/08/12(日) 15:55

川田将雅騎手(栗東・フリー)の、8月11日(土)のイギリスでの騎乗成績は以下の通り。

8月11日(土) ヘイドックパーク競馬場
3R 一般レース(芝1600m) ナレーラ 11着(11頭)

(JRA発表による)

【豊栄特別】(新潟)~アルーシャが人気に応えて押し切る [News]
2018/08/12(日) 15:42

新潟9Rの豊栄特別(3歳以上1000万下・芝1400m)は1番人気アルーシャ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒2(良)。クビ差の2着に5番人気デスティニーソング、さらに半馬身差の3着に13番人気アクセラレートが入った。

アルーシャは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ザズー(母の父Tapit)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アルーシャ(北村宏司騎手)
「スタートを上手く出て、少しフワフワしていたので、急かしましたが、結果良いペースでした。前の馬はしぶとかったですが、よく頑張ってくれました」

2着 デスティニーソング(田辺裕信騎手)
「前で運ぼうと思いましたが、流れが速かったので中団からになりました。馬場が速くて少しかわいそうでしたが、馬込みも平気で真面目によく対応してくれました」

3着 アクセラレート(柴田善臣騎手)
「ステイゴールド産駒らしく我の強い馬ですが、競馬では問題ありませんでした。最後はすごい脚でした」

4着 オーマイガイ(和田竜二騎手)
「スタートが速く行きました。スピードが勝っているタイプです。最後脚が上がりましたが、展開ひとつだと思います」

【筑後川特別】(小倉)~ウインミレーユが直線一気で差し切る [News]
2018/08/12(日) 15:35

小倉9Rの筑後川特別(3歳以上500万下・芝1800m)は7番人気ウインミレーユ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒6(良)。半馬身差の2着に1番人気アロハリリー、さらに2馬身半差の3着に6番人気シャフトオブライトが入った。

ウインミレーユは栗東・梅田智之厩舎の5歳牝馬で、父ステイゴールド、母アラームコール(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は24戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインミレーユ(幸英明騎手)
「ゲートはそれほど速くはないと聞いていました。ペースが速くなってくれるのではないかと思い、出たなりでレースをしました。終いは良い脚を使ってくれました。小倉の相性が良いようです」

2着 アロハリリー(北村友一騎手)
「馬が落ち着いて、理想的なレースができました。折り合ってリズムも良かったです。こういうレースができたことは、この馬にとって良かったと思います」

3着 シャフトオブライト(酒井学騎手)
「力む所があるのですが、今日は上手くリラックスして走れました。外からまくられることを注意しながら、上手く運べたと思います。最後追ってからは、脚色が(他馬と)同じになりました。リラックスしたらこれぐらいは走れます。できれば内めの枠が欲しかったです」

4着 メイショウモウコ(荻野極騎手)
「思い通りのレースが出来ましたが、所々力むところがありました。それでもしぶとく残ってくれたわけですから能力があります」

5着 シゲルホウレンソウ(鮫島克駿騎手)
「道中リズム良く走れました。使って良くなりそうな馬ですから、休み明けとしては良い内容でした」

【2歳未勝利】(新潟1R)~伏兵トーラスジェミニが2番手から押し切る [News]
2018/08/12(日) 15:09

新潟1Rの2歳未勝利(芝1800m)は9番人気トーラスジェミニ(木幡育也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒9(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気チェサピークベイ、さらに半馬身差の3着に3番人気マイネルモーディグが入った。

トーラスジェミニは美浦・小桧山悟厩舎の2歳牡馬で、父キングズベスト、母エリモエトワール(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は4戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 トーラスジェミニ(木幡育也騎手)
「馬のリズムで楽について行けました。直線も持ったままで追ってからもしっかりと反応してくれました」

2着 チェサピークベイ(田辺裕信騎手)
「良い手応えで行けましたが、勝った馬も良いポジションで楽でした。あまり切れるタイプではないです」

3着 マイネルモーディグ(津村明秀騎手)
「終始右にもたれていました。現状では右回りの方が良いと思います」

【メイクデビュー】(新潟5R、6R)~アマーティ、サルサレイアがデビュー勝ち [News]
2018/08/12(日) 14:56

新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1600m)は3番人気アマーティ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ノーブルスコア、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気ニシノドクターヘリが入った。

アマーティは美浦・武井亮厩舎の2歳牝馬で、父ルーラーシップ、母アマファソン(母の父フレンチデピュティ)。

~レース後のコメント~
1着 アマーティ(三浦皇成騎手)
「臆病で慎重な馬ですが、競馬まで良い感じで来ました。ゲートを出てリラックスして走って、最後も目一杯追わなくても、良い反応でした。テンションを上げずに勝てたのは何よりです。全ての面で我慢して走ってくれました。次も楽しみです」

2着 ノーブルスコア(福永祐一騎手)
「上手に走っていました。最後苦しくなってモタれましたが、ビシッと追っていない分伸び切れませんでした。初戦としては及第点、将来性を感じました」

3着 ニシノドクターヘリ(田辺裕信騎手)
「上手に競馬をしていました」

4着 アレクサンドレッタ(石川裕紀人騎手)
「良い位置で競馬ができました。センスもあります。切れ味勝負は分が悪いと思い、早めに行きましたが、次はもっと良くなると思います」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(ダート1800m)は2番人気サルサレイア(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒1(良)。5馬身差の2着に8番人気セイドアモール、さらに2馬身差の3着に3番人気イシュタルゲートが入った。

サルサレイアは栗東・羽月友彦厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母サルサクイーン(母の父リンドシェーバー)。

~レース後のコメント~
1着 サルサレイア(丸山元気騎手)
「スタートして内へ切れこんだり、性格的に危なっかしいところがあります。それでも奥がありそうですし、良い馬です」

2着 セイドアモール(宮崎北斗騎手)
「ゲートセンスがあります。1回使って気持ちがレースに向いてくれれば、もっと頑張れると思います」

3着 イシュタルゲート(福永祐一騎手)
「能力だけで走っています。素質を感じます」

【メイクデビュー】(小倉5R)~タムロドリームが人気に応えて逃げ切り、デビュー勝ち [News]
2018/08/12(日) 14:45

小倉5Rのメイクデビュー小倉(芝1200m)は1番人気タムロドリーム(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒2(良)。クビ差の2着に5番人気タマモメイトウ、さらに3/4馬身差の3着に4番人気イメルが入った。

タムロドリームは栗東・西園正都厩舎の2歳牝馬で、父ジャスタウェイ、母タムロウイング(母の父ブラックホーク)。

~レース後のコメント~
1着 タムロドリーム(幸英明騎手)
「スタートが速く、マイペースで行けました。フワッとするところはありましたが、着差以上に余裕がありました」

1着 タムロドリーム(西園正都調教師)
「練習の時よりゲートが速く、4コーナーでは安心して見ていられました。良いスピードがありますし、(厩舎の先輩である)タムロチェリーに続けるように頑張りたいです。このあとは一度栗東に戻って、小倉2歳ステークスを目指します」

2着 タマモメイトウ(鮫島克駿騎手)
「他馬を気にしたり、直線で馬群がバラけるまでフワフワしていたりと、幼いところがあります。使って、レースに慣れてくれば変わってくると思います」

5着 ゼッケイ(B・アヴドゥラ騎手)
「スタートが速くなく、内の馬とぶつかってしまい、馬が怒ってしまってダッシュがつきませんでした。そこからはリラックス重視で、直線に賭けたらよく伸びてくれました。子供っぽさが解消すれば走ってきそうです」

全56117件中 31件〜40件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]