【北九州記念】~ダイメイプリンセスなど18頭が登録 [News]
2018/08/12(日) 18:51

8月19日(日)に小倉競馬場で行われる北九州記念の登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。


【フルゲート18頭】
ダイメイプリンセス
ダイアナヘイロー
アレスバローズ
アサクサゲンキ
ゴールドクイーン

ラブカンプー
トウショウピスト
ナガラフラワー
ナリタスターワン
グレイトチャーター

フミノムーン
アンヴァル
ナインテイルズ
アクティブミノル
セカンドテーブル

ツィンクルソード
スカイパッション
カネトシブレス

【札幌記念】~ネオリアリズムなど16頭が登録 [News]
2018/08/12(日) 18:49

8月19日(日)に札幌競馬場で行われる札幌記念の登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

【フルゲート16頭】

ネオリアリズム
サウンズオブアース
モズカッチャン
クロコスミア
サクラアンプルール

サングレーザー
スズカデヴィアス
マルターズアポジー
マカヒキ
ゴーフォザサミット

ミッキースワロー
ナイトオブナイツ
スティッフェリオ
アストラエンブレム
マイスタイル

アイトーン

サマーシリーズポイントランキング [News]
2018/08/12(日) 18:44

●サマーマイルシリーズ(第2戦関屋記念終了時点)
1位 グレーターロンドン 10P
1位 プリモシーン    10P
3位 ワントゥワン    7P
4位 リライアブルエース 5P
4位 ロジクライ     5P

●サマージョッキーズシリーズ(第8戦関屋記念終了時点)
1位 M・デムーロ 18P
2位 田辺裕信   17P
3位 武豊     14P
4位 秋山真一郎  12P
4位 池添謙一   12P
4位 北村宏司   12P
4位 戸崎圭太   12P
4位 丸田恭介   12P

シャーガーカップにおける武豊騎手の騎乗成績について [News]
2018/08/12(日) 18:37

 8月11日、イギリスのアスコット競馬場で行われたドバイデューティフリーシャーガーカップに日本から武豊騎手が参加した。
 武豊騎手は4レース騎乗して、8着、7着、競走中止、9着、だった。
※騎乗予定だった6Rについては、落馬負傷のため騎手変更となった。

 女性騎手選抜チームが優勝を飾った。
 なお、今年のシルバーサドル賞(最多ポイント獲得騎手)は39ポイントを獲得した女性騎手選抜チームのH・ターナー騎手。

武豊騎手のコメント
「アクシデントもあり、良い結果を残せず残念でしたが、今回の経験を今後につなげたいと思います。ケガ自体は大したことなく大丈夫なので、明日のドーヴィル、そして日本に帰ってからも、また頑張ります」

(JRA発表による)

スリムクラブさん、コロコロチキチキペッパーズさんのコメント [News]
2018/08/12(日) 18:29

お笑い芸人として活躍中のスリムクラブさんとコロコロチキチキペッパーズさんが、本日、札幌競馬場のイベントに出演した。コメントは以下の通り。

スリムクラブ・真栄田さんのコメント
「なんと、なんと、人生で初めて3連単が当たりました!第5レース(7-9-1)、札幌競馬場さんありがとう!思い出の場所になりました(涙)。そして、ネタ中は相方が落馬しそうでしたが、お客様が優しく、最後までなんとか走れました。ありがとう、札幌競馬場!イイーヨー!」

スリムクラブ・内間さんのコメント
「札幌競馬場は空気が澄んでいてとても気持ちの良い競馬場でした。現時点ではまだ当てていませんが、ノンストレスです。ニシノオリーブにはいい夢を見させてもらいました。また必ず来たいです。ありがとうございました」

コロコロチキチキペッパーズ・ナダルさんのコメント
「第7レースだけやります。今からです。やっべぇぞ!!真栄田さんが3連単当てていて、こっちも嬉しかったです。真栄田さん、イッちゃってる~!」

コロコロチキチキペッパーズ・西野さんのコメント
「札幌競馬場は初めて来させていただきましたが、すごく大きくて空気感も楽しいところでした。最高の思い出になりました。真栄田さんが当てたのは感動でした。また来たいです。ありがとうございました」

【関屋記念】(新潟)~プリモシーンが人気に応えて差し切る [News]
2018/08/12(日) 18:20

新潟11Rの関屋記念(3歳以上GIII・芝1600m)は1番人気プリモシーン(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒6(良)。クビ差の2着に5番人気ワントゥワン、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気エイシンティンクルが入った。

プリモシーンは美浦・木村哲也厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母モシーン(母の父Fastnet Rock)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 プリモシーン(北村宏司騎手)
「スタートを上手く出て、流れに乗ってリズム良く行きました。直線追い出しをもう少し待てば良かったかなという気もしましたが、少し苦しくなっても最後までよく頑張ってくれました」

2着 ワントゥワン(M・デムーロ騎手)
「もう少しペースが流れてほしかったです。他の馬がバテてしまって、我慢したかったのに行くしかありませんでした。苦しくなりながらも頑張りました」

3着 エイシンティンクル(和田竜二騎手)
「自分の競馬を作って強い競馬をしています。最後もしぶとく頑張っています」

4着 ヤングマンパワー(大野拓弥騎手)
「新潟との相性も良いですし、今日は良い感じでした。今日のレースが今後につながると良いです」

5着 ロードクエスト(三浦皇成騎手)
「良い位置につけられましたし、自分のタイミングで追い出せました。ただ、前をかわせず、後ろにかわされるあたり、乗り方の工夫などが必要だと思います」

6着 リライアブルエース(戸崎圭太騎手)
「スタート良く、勝ち馬を見ながら追走しましたが、追い出したら反応がよくありませんでした。差のないところまでは来ているのですが」

7着 チェッキーノ(杉原誠人騎手)
「スタートを伸び上がるように出て、後ろの位置になりました。最後は頑張って伸びてきましたし、馬体が絞れた分、反応が良くなりました」

【報知杯大雪ハンデキャップ】(札幌)~ディアコンチェルトが末脚発揮して差し切る [News]
2018/08/12(日) 17:57

札幌12Rの報知杯大雪ハンデキャップ(3歳以上1000万下・ハンデ・ダート1700m)は6番人気ディアコンチェルト(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒0(重)。3馬身差の2着に4番人気タガノヴェローナ、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気キタサンタイドーが入った。

ディアコンチェルトは美浦・高木登厩舎の6歳牡馬で、父サムライハート、母サイレントベッド(母の父ソウルオブザマター)。通算成績は41戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ディアコンチェルト(勝浦正樹騎手)
「強かったですね。レース前から良いイメージを持っていましたが、今日は全体的に噛みあって良いタイミングで外に出して直線では良い伸びでした。完勝でした」

2着 タガノヴェローナ(国分恭介騎手)
「リズム良く走れて、狭い所も上手く抜けてしっかり走ってくれました」

3着 キタサンタイドー(藤岡佑介騎手)
「勝ちにいく競馬をしましたがよく頑張りました。スピードとパワーを兼ね備えている馬ですし、まだ伸びしろがあります」

5着 メイショウエイコウ(蛯名正義騎手)
「もぐった時にゲートが開いて後方からのレースになりました。後方の位置からよく伸びています。力はあります。初のチークピーシーズの効果は出ていました」

【エルムS】(札幌)~ハイランドピークが勝利し、人馬ともに重賞初制覇 [News]
2018/08/12(日) 17:45

札幌11Rのエルムステークス(3歳以上GIII・ダート1700m)は2番人気ハイランドピーク(横山和生騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分42秒0(重)。1馬身1/4差の2着に3番人気ドリームキラリ、さらに2馬身差の3着に1番人気ミツバが入った。

ハイランドピークは美浦・土田稔厩舎の4歳牡馬で、父トーセンブライト、母ハイランドダンス(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は14戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ハイランドピーク(横山和生騎手)
「スタートを決めて自分と馬のリズムを崩さずレースを進めました。今日は馬に勝たせてもらった感じです。いい時に乗せてもらいました。ゲートなど課題が多い中で結果を出してくれました。将来が楽しみです。自分の初重賞勝ちは時間がかかりましたが、これからも馬に感謝しつつ頑張りたいと思います」

2着 ドリームキラリ(藤岡佑介騎手)
「上手く先手を取れてイメージ通りのレースが出来ました。最後は勝ち馬にねじ伏せられた形ですが、差し返す脚も使いましたし、今、充実している感じです」

3着 ミツバ(松山弘平騎手)
「札幌のコースは大丈夫だったのですが、今日は枠順が悪かったです。内の枠がこたえました。今日は枠順が全てでした」

4着 ロンドンタウン(蛯名正義騎手)
「少しずつ状態が良くなっています。函館からの輸送で絞れるかと思っていましたが、まだ体に余裕がありました。今後に向けてキッカケが掴める内容のレースでした」

【博多S】(小倉)~伏兵スズカディープが勝利 [News]
2018/08/12(日) 17:25

小倉11Rの博多ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・芝2000m)は6番人気スズカディープ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒1(良)。1馬身差の2着に4番人気ケンホファヴァルト、さらにクビ差の3着に2番人気サトノケンシロウが入った。

スズカディープは栗東・橋田満厩舎の6歳セン馬で、父ディープインパクト、母ローマンスズカ2(母の父Seattle Slew)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 スズカディープ(浜中俊騎手)
「『少頭数』、『外枠』など揉まれ弱い難しいところのある、この馬にとっていろいろ良い条件が重なったことが良かったのだと思います」

2着 ケンホファヴァルト(荻野極騎手)
「逃げることはできませんでしたが、2番手で折り合って気分良く運べました。最後もしぶとく残っています。良いレースでした」

3着 サトノケンシロウ(B・アヴドゥラ騎手)
「思い通りのレースができましたが、ラスト100mで前と脚色が同じになってしまいました。原因についてはよくわかりません」

4着 ヴァフラーム(富田暁騎手)
「ゲートがうまくいかず、腹をくくって後ろから運びました。少しずつギアを上げてというイメージでレースをしましたが、前が残る形になりました。でも馬は最後までよく頑張ってくれました」

5着 メイズオブオナー(北村友一騎手)
「スタートして、思っていた位置を取るまで外と内からプレッシャーをかけられて、力みが出てもったいなかったですね。ペースもある程度流れていた分3コーナーで動きたい時に動けなかったこともあり、ロスの多い競馬になってしまいました」

【西部日刊スポーツ杯】(小倉)~伏兵アレットが押し切る [News]
2018/08/12(日) 17:08

小倉10Rの西部日刊スポーツ杯(3歳以上1000万下・ダート1000m)は7番人気アレット(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは57秒9(良)。1馬身3/4差の2着に4番人気アグネスエーデル、さらに半馬身差の3着に1番人気ハトマークレディが入った。

アレットは栗東・岡田稲男厩舎の7歳セン馬で、父コマンズ、母プリムローズレーン(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は31戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アレット(酒井学騎手)
「以前に小倉の1000mのレースを見た時に強いと思いました。1000mですし、思い切ったレースをしようと思いましたが、行かせた分ぐっと勢いが乗りすぎました。しかし、このクラスならこれぐらいのペースで行っても良いだろうと思いました。最後は思っている以上に応えてくれて、もうひと脚使ってくれました。スタッフが万全の状態で送り出してくれましたし、良い時に乗せてもらいました」

2着 アグネスエーデル(荻野極騎手)
「調教師からは『ためてほしい』と言われていましたし、ためが利いていました。折り合いがついて、良い内容で終えられました。良い脚を使っています。メンバー次第では勝ち上がれると思います」

3着 ハトマークレディ(藤懸貴志騎手)
「状態面も競馬も展開も完璧でした。言うことありません。やりたい競馬が出来ました。持ち時計も詰めています。得意のダート1000mで力を発揮してくれました。雰囲気が良く、厩舎側が完璧に仕上げていて、陣営はみんな自信を持っていました。あれで負けたら仕方がありません。勝った馬が強かったです」

4着 メイショウボノム(幸英明騎手)
「一歩目は遅れましたが、二の脚で2番手につけました。砂を被って嫌がっていましたが、踏ん張っていました。勝ち馬が強かったです」

全56117件中 21件〜30件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]