【阪急杯】栗東レポート~ヒルノデイバロー [News]
2018/02/21(水) 16:43

☆25日(日)阪神競馬場で行われる第62回阪急杯(GIII)に出走する予定のヒルノデイバロー(牡7、昆厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ヒルノデイバローについて、昆貢調教師

・京阪杯はゲートを出た時に直ぐに(他馬に)寄られてポジションが悪くなってしまい、持ち味であるいい位置から頑張るというレースパターンを作れなくて負けてしまいました。しかし敗因がはっきりしているので今回はそのあたりがスムーズにいってくれればと思います。一応リフレッシュのつもりで(放牧に)出しましたが馬もそれほど疲れていませんでした。でもいいリフレッシュになったと思います。

・今朝の最終追い切りは前に馬を置いてそれを抜かすという指示をしました。時計関係無しに指示通りの追い切りが出来たことが良かったです。四位騎手が乗ったのですが先週時計を出した時よりも良くなっているという話でした。徐々に良化しているようです。

・もともとダートを走っていたころから芝も走るというイメージは持っていました。まだ芝での勝利はありませんが、ここで結果を出して高松宮記念に向かいたいと思っています。

・この馬は休み明けでもしっかり攻め馬をやっておけば走る馬です。今回は前哨戦ですが充分に戦えるだけの調教はやってきました。次には上積みを残すような感じでやっています。予定通りの調整で本番に臨めます。

《取材:檜川彰人》

【中山記念】美浦レポート~ディサイファ [News]
2018/02/21(水) 16:40

 25日(日)に中山競馬場で行われる第92回中山記念(GII・芝1800m)に出走するディサイファ(牡9歳、美浦・小島太厩舎)について、追い切り後の小島太調教師のコメントは以下の通り。

「ここ数戦はパッとしない成績だったのですが、前走(AJCC4着)は良い走りでしたね。3走前、2走前は状態は良かったのですが、気分の問題なのか、何か出し切っていないような感じでした。

 前走後は回復に時間がかかるかなと思いましたが、ダメージが少なくて、すぐに坂路に入れられたので、良い感じで中山記念に向かえると感じました。今朝は坂路で、田中勝春騎手に乗って貰いましたが、今までにない素晴らしい動きを見せてくれました。いつも調教駆けしないタイプなので、ある程度気合いをつけて、緩ませないようにという指示でした。追い切りの後ジョッキーにどうだった?と尋ねたら、Aクラスですねと言っていましたね。

 長めの距離にも使っていたのですが、ベストは1800~2000mだと思っていました。9歳ですし上積みを求めるのは酷ですが、馬体は維持できていますし、衰えた感じはありません。気持ちも若いですから、年齢はあまり気になりません。

 自分が引退する最後の週末に中山記念があって、去年の暮れから狙っていたレースでした。この厩舎を長く牽引してくれた馬ですし、最後にこのレースに出るのは感慨深いですね。馬に感謝しています。GIには手が届かなかったのですが、何とかラストで、彼は素晴らしい走りを見せてくれるだろうと期待しています。ぜひ応援してください」

(取材:木和田篤、大関隼)


【阪急杯】栗東レポート~モズアスコット [News]
2018/02/21(水) 16:40

☆25日(日)阪神競馬場で行われる第62回阪急杯(GIII)に出走する予定のモズアスコット(牡4、矢作厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎モズアスコットについて、岡勇策調教助手

・前走は一番人気に支持してもらいましたが4着と結果は残念でした。しかし内容としては昇級初戦でレコード決着。早めに動く自分の競馬をして勝ち馬からそんなに離されていませんでしたから悲観する内容では無いと思っています。

・その後は放牧から帰ってきて、この馬としてはテンションが高めだったのが気になったので、その点を注意しながらの調整でした。いつものように凄い時計は出ていませんが動き自体は悪く無いと思います。

・一週前の追い切りですがルメール騎手に乗ってもらいテンションも考えてやり過ぎず感触を確かめてもらう感じでした。ルメール騎手もいい感じと言ってくれたので悪くないと思います。

・今日の最終追い切りもやり過ぎず、かと言ってやらなさ過ぎずという感じで終いだけ反応を確かめる感じで、想定通りにできました。馬は変わりなく順調に来ている感じです。

・今回の芝1400メートルから1600メートルはこの馬には一番向いているのではないかと思います。それに阪神競馬場でも勝っているので心配はしていませんが、右回りでは直線でずっと右手前で走ってしまうところがあるので、そのあたり上手く手前を変えることが出来ればいいなと思うのですが、その点が少し心配です。とにかく終いの脚は堅実です。

・正直トモの緩さが残っているようなので、その分まだ上積みの余地は充分にありそうです。フランケル産駒で厩舎としても期待しているところがあるので、この先に期待が繋がるようなレースをして結果を出してもらいたいです。

《取材:檜川彰人》

【中山記念】栗東レポート~ペルシアンナイト [News]
2018/02/21(水) 16:38

☆25日(日)中山競馬場で行われる第92回中山記念(GII)に出走を予定しているペルシアンナイト(牡4、池江厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ペルシアンナイトについて、池江泰寿調教師

・昨年の秋はマイルにこだわって使って来ましたがマイルCSは大外枠で不利な条件をデムーロ騎手の好騎乗もあって克服して差し切ってくれました。3歳での勝利ということで非常にマイル適性の高い馬と感じさせてくれました。

・その後は放牧に出ました。あまりにも元気がいいと牧場で手を焼くのですが、その点放牧先のスタッフが慣れていて強弱をつけながらしっかり調整をしてくれました。年が明けてそんなに馬体重の変化はありませんが身体つきに逞しさが出て古馬らしくなってきたと感じます。

・この春は中距離路線を見据えて大阪杯を大目標としています。マイルならあの切れ味を見せられるのですが中距離になるとその切れ味が影を潜めるので中距離戦でもその切れ味を引き出すことがこの春のテーマです。

・一週前の調教は長めから追い切って終いを伸ばすもので、マイルの切れ味を中距離でも引き出すことに主眼を置きました。最終追い切りはデムーロ騎手が乗りました。当該週はビッシリやりません。調教は6ハロンからですが実質時計が出たのは4ハロンから3ハロンで併せにいったのは2ハロンでラストは馬なりで、実質先週が本追い切りでした。今週は微調整でした。

・今回の舞台中山1800メートルは距離的にこなすと思います。器用ですからコーナー4つでも大丈夫です。ただ今までマイル戦で見せた切れ味はなかなかのもので、それをこの舞台で出すことができるかというところがポイントです。同じ休み明けでも富士ステークスの時より仕上がっています。マイルと中距離、両方で大きなタイトルが取れるよう頑張ります。

《取材:檜川彰人》

【中山記念】栗東レポート~ヴィブロス [News]
2018/02/21(水) 16:35

☆25日(日)中山競馬場で行われる第92回中山記念(GII)に出走を予定しているヴィブロス(牝5、友道厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ヴィブロスについて、友道康夫調教師

・エリザベス女王杯はムキになって行った分、終いが甘くなってしまいました。距離が2200メートルだったので折り合いがついていたら違う結果になったと思いますが、敗因がハッキリしているので今回に向けて修正できたと思います。

・今年もドバイを目標にしますから、そこから逆算してあまり秋には無理をさせずに中山記念からドバイに集中していこうとここまできています。前走後は牧場に放牧に出して昨年と同じく年明け正月に栗東トレーニングセンターに帰ってきて、そこからここまで順調に来ています。精神的にも落ち着きが出て昨年の秋に比べても少し背がのびたように感じます。昨年より自信をもって出走できます。昨年は全てが初めてで半信半疑というところもありましたが今年は一度経験していることなので、昨年と比較してもいい感じで中山記念からドバイへと行けそうです。

・追い切りに関してはこの馬のパターンで先週しっかり併せ馬でやって今週は坂路でサッと54.7でした。見ていてもいい感じで駆け上がってきていますし落ち着きもあり休み明け初戦としてはいい感じです。息の入りも良く先週でほぼ仕上がっている感じです。

・距離は1800メートルぐらいが一番いい感じです。コースは小回りですが問題無いと思います。目標のドバイに向けていいスタートが切れると思いますので応援よろしくお願いします。

《取材:檜川彰人》

【中山記念】美浦レポート~マイネルハニー [News]
2018/02/21(水) 16:34

 25日(日)に中山競馬場で行われる第92回中山記念(GII・芝1800m)に出走するマイネルハニー(牡5歳、美浦・栗田博憲厩舎)について、追い切り後の横田雅博調教助手のコメントは以下の通り。

「前走は東京の2000mで条件的にはどうかなと思いましたが、うまく競馬をしてくれて、いい結果が出たので良かったです。去年の暮れあたりからどっしりしてきた感じで、馬体にも芯が入って、完成期に入った印象です。前走後も変わりなく順調に調整できましたし、今日の追い切りにも乗ったのですが良かったですね。

 使い詰めで来ているので、そんなに大きな上積みはないかも知れませんが、良い意味で平行線、いい状態をキープ出来ています。ここに来て乗っていてもブレなくなった印象ですね。以前はちょっとひ弱な所があったのですが、今はしっかりした、ブレないフォームになりました。

 中山1800mは条件的には合うと思いますが、今回はメンバーも強いですし、同型の馬もいますから、そのあたりが鍵になるでしょう。ただ、自分のリズムで運べれば、結果もついてくるはずです。このレースの結果次第でオーストラリアへ遠征というプランが出ていますし、何とかここで良い結果を出して、海外へ行ければと思っています」

(取材:木和田篤、大関隼)

【阪急杯】美浦レポート~レッドファルクス [News]
2018/02/21(水) 16:30

 25日(日)に阪神競馬場で行われる第62回阪急杯(GIII・芝1400m)に出走するレッドファルクス(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)について、追い切り後の尾関知人調教師のコメントは以下の通り。

「(マイルCSを振り返って)マイル戦は安田記念でも頑張ってくれましたが、1600mのGIとなると、全てが噛み合わないと上位に来るのは難しいのかなという印象でした。それでも0.4秒差ならよく頑張ってくれたと思います。マイル戦がダメという訳ではありませんが、この馬にとってはギリギリの距離で直線が平坦、という要素もあったのかなと思います。

 前走後は阪神カップというレースもありましたが、GIを走った後の状態を見て、高松宮記念にフレッシュな状態で行けるのかということを考えました。GIの後はそれなりの疲れもあったので、一度山元トレセンへ放牧に出して、疲れを取ってから立ち上げました。

 やはり目標は高松宮記念なので、レース前にしっかり作るけれど仕上げすぎず、この後フレッシュな状態でGIに行けるように、という事はこの中間意識しました。今朝の追い切りは単走で、先週しっかりやったので気持ちも入ってきましたし、これ以上気持ちが入り過ぎないように終いの反応を見るようにしました。時計的に最初もう1秒くらい速く入りたかったかな、という気持ちもありますが、方向性として速くなり過ぎるよりはいいかな、という感じです。厩舎に戻ってきてからも順調ですし、1週前追い切りの反応も、去年秋のレースに向かう時の1週前より素軽いような走りでしたね。順調に来ていると思います。

 スプリンターズステークスを見ても、坂で最後にみんなが苦しくなる所からこの馬の末脚が生きるので、直線に坂のある阪神は良いと思います。1200m戦のように急かさなくていいので、1400mはこの馬にとって一番レースがしやすいでしょう。最優秀短距離馬に選ばれて最初のレースですし、前哨戦でも皆さんに納得して頂けるレースをしたいな、と思っています」

(取材:木和田篤、大関隼)

グランシルクが故障 [News]
2018/02/21(水) 13:10

 JRAは21日、昨年の京成杯オータムハンデキャップ(GIII)に優勝したグランシルク(牡6歳、美浦・戸田博文厩舎)が、左第1指骨複骨折したと発表した。
 グランシルクは、18日に美浦トレーニング・センター競走馬診療所で手術を実施しており、予後については経過観察中のため未定。

【阪急杯】~レッドファルクスなど18頭が登録 [News]
2018/02/18(日) 18:06

2月25日(日)に阪神競馬場で行われる阪急杯の登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

レッドファルクス
ダイアナヘイロー
アポロノシンザン
ヒルノデイバロー
モーニン

カラクレナイ
ミッキーラブソング
モズアスコット
ムーンクレスト
シュウジ

コロマンデル
ペイシャフェリシタ
ニシノラッシュ
ユキノアイオロス
マイネルバールマン

ディバインコード
コスモドーム
タイムトリップ

【中山記念】~ヴィブロスなど10頭が登録 [News]
2018/02/18(日) 18:02

2月25日(日)に中山競馬場で行われる中山記念の登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

ヴィブロス
ペルシアンナイト
アエロリット
ディサイファ
ウインブライト

サクラアンプルール
マルターズアポジー
マイネルハニー
ショウナンバッハ
マイネルサージュ

全54558件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]