坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(8月15日) [News]
2018/08/15(水) 16:00

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の、8月15日(水)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

8月15日(水) マレーブリッジ競馬場(オーストラリア)
2R 一般レース(芝1400m) ウッドクロフト 5着(10頭)
4R 一般レース(芝1000m) ラマジック 4着(13頭)

(JRA発表)

【北九州記念】栗東レポート~ラブカンプー [News]
2018/08/15(水) 13:29

8月19日(日)に小倉競馬場で行われる第53回北九州記念(GIII)に登録しているラブカンプー(牝3、栗東・森田直行厩舎)について、追い切り後の森田直行調教師のコメントは以下の通り。

(前走のアイビスサマーダッシュ2着を振り返って)
「デムーロ騎手が返し馬から引っ掛かる馬を上手く導いてくれました。レースでもスタートを決めて、最後までよく追ってくれました」

(前走後の調整について)
「この馬も(同じ厩舎の)ダイメイプリンセスと同様、やや疲れがありましたので、1週間運動と治療に専念して、馬の疲労を取ることに努めました。1週間で疲れは取れました」

(最終追い切りを振り返って)
「ダイメイプリンセスと併せました。終い重点で一杯にやってほしいと指示しました。ダイメイプリンセスの方がよく動いたので、少し見劣りはするかもしれませんが、ラブカンプーなりの好調を持続しています」

(今回のレースに向けて)
「小倉で勝っていますし、この馬は1200mの方が合うのではないかと思います。
 前走で一回叩いて、筋肉の張りが出てきましたし、疲れもなさそうです。
 だんだんトモが大きくなって、見栄えのする馬体になってきました。
 いつも大人しい馬ですから、精神的にはずっとリラックスしています。
 スタートは速いですし、最初から飛ばして行っても最後までスピードを持続しています。その点が強みではないかと思います。
 (斤量51キロは)軽いに越したことはないですし、あとは和田騎手の減量が大変だなとは思います。
 いつもスタートを決めて先行していますので、出たなりで行ってくれればと思います。
 ラブカンプーもダイメイプリンセス同様、いつも一生懸命走ってくれますので、皆さん応援よろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

【北九州記念】栗東レポート~ダイメイプリンセス [News]
2018/08/15(水) 13:28

8月19日(日)に小倉競馬場で行われる第53回北九州記念(GIII)に登録しているダイメイプリンセス(牝5、栗東・森田直行厩舎)について、追い切り後の森田直行調教師のコメントは以下の通り。

(前走のアイビスサマーダッシュ1着を振り返って)
「体調が良かったですし、予想通りの勝ち方と言いますか、鮮やかに勝ってくれました。良かったです」

(前走後の調整について)
「さすがに少し疲れがありましたので、1週間は運動だけにして、治療に専念しました。
 今日の動きは良かったですし、歩様も柔らかくなってきました」

(最終追い切りを振り返って)
「今日は結構ハードにやりました。終い重点で最後は12秒2ですので、良い動きだったと思います」

(今回のレースに向けて)
「1200mでも3勝していますし、今の体調ならある程度はやれるのではないかと思います。
 小倉でも勝っていますし、直線の短い平坦が合うと思います。
 大型の馬ですが、牝馬なので暑さには強そうです。
 最近は体調が良く、筋肉の張りも毛づやも良いので、好調を持続しています。走ってくれると思います。
 馬体減りがしなくなり、筋肉に張りが出てきました。
 (斤量55.5キロは)大型馬ですし、あまり苦にしないと思います。
 出遅れずにある程度先行できれば良いレースをしてくれると思います。
 (サマースプリントシリーズ現在の首位は)あまり気にしないようにしていますが、ダイメイプリンセスは毎回一生懸命走ってくれますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

【北九州記念】栗東レポート~アレスバローズ [News]
2018/08/15(水) 13:26

8月19日(日)に小倉競馬場で行われる第53回北九州記念(GIII)に登録しているアレスバローズ(牡6、栗東・角田晃一厩舎)について、追い切り後の角田晃一調教師のコメントは以下の通り。

(前走のCBC賞1着を振り返って)
「ジョッキーが上手く力を引き出してくれたので、ホッとしました。
 乗り難しい馬なのですが、ジョッキーが先入観を持たずにゲートを出たなりで競馬をしてくれました。展開の助けや、上手く進路が確保できたことも勝因だったとは思います。出来も良くなっていたというか、落ち着きが出てきていました。
 展開などいろいろ恵まれたとは思いますが、ようやく能力ある馬が勝ってくれたと思います」

(前走後の調整について)
「この馬のローテーションと言いますか、いつも連戦はできないので、一旦放牧に出して気持ち的にもオフにさせました。また競馬に向けていくという感じにしています。
 放牧先でも順調に乗り込めて、本当に落ち着いていると聞いているので、良い状態で帰ってきました」

(最終追い切りを振り返って)
「先週にそこそこやっているので、今週は終い重点で伸ばす程度で、あまり気持ちを乗せないようにしました。
 遅い時間帯でしたが、単走でリラックスして走ってくれました。終いの動きも良かったので、あとは無事にジョッキーにバトンを渡すだけだと思います」

(今回のレースに向けて)
「小倉で2勝しているので、小回りもこなしてくれると思います。
 斤量ばかりは(重賞を)勝っているので仕方がないですが、そんなに苦にすることはないと思います。
 スタッフに聞いても、本当に良い状態だということで、自信を持って競馬に挑めると思います。
 (菱田騎手は)良い時も悪い時も分かっているので、彼も期するものがあると思います。良い結果を出してほしいです。
 馬に恵まれて、(過去にこのレースを)たくさん勝たせていただきました。今回もまたチャンスがあるので、それを生かして、勝ち星を増やしていきたいです。
 この馬のレースをするだけなので、相手関係は考えずにスムーズな競馬をしたいです。
 ペースが速い分にはあの馬には助かるので、強い相手と戦った方がレースはしやすいのかなと思います。
 これをステップに、秋も大きなレースがあるので、それに向けて良い結果を残したいと思います。応援の方よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【北九州記念】栗東レポート~アサクサゲンキ [News]
2018/08/15(水) 13:24

8月19日(日)に小倉競馬場で行われる第53回北九州記念(GIII)に登録しているアサクサゲンキ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)について、追い切り後の生野賢一調教助手のコメントは以下の通り。

(前走のCBC賞4着を振り返って)
「外枠ということもあったのでしょうが、テンにあまり馬が進んでいかなかったみたいで、後ろからの形になってしまいました。終いはしっかりと良い脚をつかってくれたと思います」

(前走後の調整について)
「前走後、すぐに放牧に出ました。しっかり疲れを取って入厩させて、ここを目指してきました。
 前走よりもトモの状態が良くなっているなと思いました」

(調教過程を振り返って)
「先週はしっかりと時計を出して、目一杯やりました。先週までにしっかりと時計を出しているので、今週は全体の時計をまとめる形で最後だけしっかりとやるように伝えました。時計しかまだ見られていないのですが、時計だけを見ると良いと思います」

(今回のレースに向けて)
「小回りの1200mですが、実績もありますし、相性は良いと思います。
 (体調は)大丈夫そうです。元気一杯です。
 (強みは)真面目にしっかりと走ってくれるところです。
 (ハンデ53キロは)恵まれたなという感じはあります。
 (松若騎手は)スタートが上手いジョッキーなので、テンからある程度好位を取ってくれたら良いと思います。
 トモの力が2歳の時に比べるとだいぶ付いてきたかなと思います。精神的にはまだまだ幼い部分があります。
 一生懸命走ってくれると思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【サマーチャンピオン】(佐賀・JpnIII)~エイシンバランサー交流重賞初制覇 [News]
2018/08/14(火) 17:21

 第18回サマーチャンピオン(JpnIII ダート1400m)が14日、佐賀競馬場(晴、良)で行われ、中央から兵庫に転入後3戦目だった5番人気エイシンバランサーが、5番手追走から向正面で仕掛け、先行するブルミラコロ(JRA)との追い比べを制して交流重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは1分25秒7。勝利騎手は下原理(兵庫)。

 レースは好スタートからブルミラコロがハナに立ち、2番手にエイシンヴァラー(兵庫)、3番手にルグランフリソン(JRA)が追走し、その後に1番人気のヨシオ(JRA)、エイシンバランサーが続いた。向正面に入ると、エイシンバランサーが仕掛けて好位の外に進出。最後は内で粘るブルミラコロとエイシンバランサーの追い比べになり、エイシンバランサーが半馬身抜けてゴール、勝利を手にした。
 半馬身差の2着にブルミラコロ、1馬身1/2差の3着に1番人気ヨシオ、以下ルグランフリソン、エイシンヴァラーと続き、2番人気のタイセイエクレール(JRA)は7着に終わった。

 勝ったエイシンバランサーは父Ghostzapper、母Mayomast(その父Mizzen Mast)、兵庫の新子雅司厩舎所属の牡6歳馬。通算成績27戦7勝(中央24戦5勝)、重賞は前走のサマーカップ(笠松)に続く2勝目。初の交流重賞挑戦を勝利で飾った。

【ジャックルマロワ賞(仏・G1)】アルファセントーリ、G14連勝 [News]
2018/08/13(月) 15:00

12日(日)にフランスのドーヴィル競馬場で行われた第97回ジャックルマロワ賞(G1・芝直線1600m)は、1番人気のアルファセントーリが好位から抜け出し1分34秒27の時計で快勝、G14連勝を飾った。レース結果は以下の通り。
※着差は先着馬からの着差を表している。

1着 アルファセントーリ(愛) 1:34.27
2着 レコレトス(仏) 2 1/2
3着 ウィズユー(仏) 3 1/2
4着 ヌールアルアワ(仏) 1
5着 ローマナイズド(愛) 3/4
6着 インテロジャント(仏) 短クビ
7着 トレスフリュオース(仏) 1
8着 カスカディアン(仏) 1 1/4
9着 サクセスデイズ(愛) アタマ
10着 アクシデンタルエージェント(英) 3
11着 ザラメア(仏) 短クビ   

【ヤングジョッキーズシリーズ】トライアルラウンドの騎乗予定騎手が変更に [News]
2018/08/13(月) 13:18

「ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド」の騎乗予定騎手が、以下の通り変更となった。

●騎乗予定騎手の変更(地方競馬所属)
8月21日(火) 金沢競馬場
『ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド金沢』
田村直也(兵庫)<2競走騎乗> → <騎乗なし>
山口以和(佐賀)<1競走騎乗> → <騎乗なし>
水野翔(笠松)<1競走騎乗> → <2競走騎乗>
石堂響(兵庫)<騎乗なし> → <1競走騎乗>
長谷部駿弥(兵庫)<騎乗なし> → <1競走騎乗>

9月11日(火) 佐賀競馬場
『ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド佐賀』
山口以和(佐賀)<2競走騎乗> → <騎乗なし>
塚本雄大(高知)<騎乗なし> → <1競走騎乗>
松木大地(高知)<騎乗なし> → <1競走騎乗>

11月7日(水) 園田競馬場
山口以和(佐賀)<2競走騎乗> → <騎乗なし>
出水拓人(佐賀)<騎乗なし> → <2競走騎乗>

※変更理由(田村直也騎手):疾病療養中のため
※変更理由(山口以和騎手):自己都合により辞退の申し出があったため

(NAR発表による)

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(12日) [News]
2018/08/13(月) 12:39

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の8月12日(日)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

8月12日(日) ポートオーガスタ競馬場(オーストラリア)
3R 一般レース(ダート1396m) カラシャニジェム 3着(11頭)
5R 一般レース(ダート1498m) ダイヤモンドデュ-ク 7着(8頭)
6R 一般レース(ダート1867m) アンダウタブル 10着(11頭)
7R 一般レース(ダート1100m) パンデイア 2着(10頭)

(JRA発表による)

的場文男騎手(大井)、地方競馬通算勝利数の日本記録を樹立 [News]
2018/08/12(日) 22:25

的場文男騎手(大井)は、8月12日(日)の大井競馬第5レースでシルヴェーヌ(櫻木英喜厩舎)に騎乗して勝利。地方競馬通算の7152勝目を挙げ、佐々木竹見元騎手が持つ日本記録7151勝を17年ぶりに更新した。1973年のデビュー以来、40567戦目での記録達成となった。

的場文男騎手のコメント
「(記録達成まで)佐賀、浦和とファンの皆様には大変お待たせして申し訳ありませんでした。1勝するのがこんなに苦しいとは思わなかった。でも大井で達成できて本当に良かった! (ファンに向けて)今日は暑い中ありがとうございました。7152勝という新しい記録を皆さんの前で達成できて喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。大井競馬場は永遠に不滅です! これからもよろしくお願いします」

(TCK特別区競馬組合のリリースによる)

全56117件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]