【あすなろ賞】(小倉)~ハバナウインドが外から差し切る [News]
2019/02/09(土) 15:45

小倉10Rのあすなろ賞(3歳500万下・芝2000m)は4番人気ハバナウインド(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒9(稍重)。アタマ差の2着に1番人気カセドラルベル、さらに3馬身差の3着に5番人気ウレキサイトが入った。

ハバナウインドは栗東・浅見秀一厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母グァンタナメラ(母の父フジキセキ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ハバナウインド(鮫島克駿騎手)
「馬場が緩い印象があって、上がりがかかりそうだと思いました。理想的な展開でした。レース前は距離が長い気がしましたが、しっかりと対応してくれました。前回から息を抜く所を覚えてくれて、最後は詰められましたが、まだ余裕がありました」

2着 カセドラルベル(藤岡康太騎手)
「耳も覆いのあるメンコにして、落ち着きすぎてゲートの出がゆっくりだったので、ゆっくり走ろうと思いました。ハミを取ったり取らなかったり、まだ集中し切れていない部分があります」

3着 ウレキサイト(中谷雄太騎手)
「調教に乗った時から感触を掴んでいました。良い雰囲気があったので、走ってくれると思っていました。前回は2コーナー手前から引っ掛かっていましたが、それだけが問題ではなく、不真面目な部分があるのかなと思っていました。出来るだけ1頭になってフワッとさせないように気をつけました。あのような形で良かったです。外を回る形だときつかったと思います。最後は藤岡康太騎手の馬が来たので、もう1回スイッチが入りました。スイッチのオン・オフの切り替えが難しいので、その辺がうまくできればさらに良いですね」

【こぶし賞】(京都)~ロードグラディオが好位から押し切り勝利 [News]
2019/02/09(土) 15:33

京都9Rのこぶし賞(3歳500万下・芝1600m)は5番人気ロードグラディオ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(良)。アタマ差の2着に1番人気マイネルウィルトス、さらにアタマ差の3着に4番人気セグレドスペリオルが入った。

ロードグラディオは栗東・西浦勝一厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母シンメイフジ(母の父フジキセキ)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードグラディオ(藤岡佑介騎手)
「切れる感じではありませんが、競馬が上手な馬です。新馬の時より馬がしっかりしていました。差のないレースでしたが、抜かれる感じはありませんでした。両サイドから来られたら、来られた分だけ伸びてくれました。ペースがスローでも我慢してくれるセンスのある馬です」

2着 マイネルウィルトス(川田将雅騎手)
「現状の自分の走りはしてくれています。これで4連続2着ですし、惜しい競馬が続いています」

3着 セグレドスペリオル(池添謙一騎手)
「道中ハミは噛んでいましたが、馬の後ろで我慢はしていました。あと一歩でしたけどね。一度使って良くはなっていました。まだまだ成長途上のこれからの馬です」

4着 レースガーデン(浜中俊騎手)
「前目で流れに乗ってほしいというオーダーでした。少頭数ですし、頑張ってくれています」

5着 アーデントリー(松山弘平騎手)
「スタートしてすぐ隣の馬を噛もうとして置かれました。でも終いはしっかり伸びてくれました」

8着 カヌメラビーチ(M.デムーロ騎手)
「敗因がよく分かりません」

小倉1Rの競走除外について [News]
2019/02/09(土) 14:51

小倉1レースで、14番スピリットクォーツ(丸田恭介騎手)は、馬場入場後に右前肢跛行を発症したため競走除外となった。

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(京都6R)~ペガサスが直線で抜け出し勝利 [News]
2019/02/09(土) 13:37

京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は9番人気ペガサス(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒6(稍重)。半馬身差の2着に3番人気マハーラーニー、さらに2馬身半差の3着に16番人気パリッシュブルーが入った。

ペガサスは栗東・大久保龍志厩舎の3歳牡馬で、父キモンノカシワ、母ベルモントアイリス(母の父アジュディケーティング)。

~レース後のコメント~
1着 ペガサス(和田竜二騎手)
「追い切りでもしっかり動けていました。レースでは途中でハミを取って、後は楽でした。癖も無く素直な馬ですが、抜けてからは物見をして遊んでいました」

4着 ブラッディムーン(太宰啓介騎手)
「スタートしてすぐに3番手につけられました。ハミがかりが良く行けましたが、直線では思ったほど弾けませんでした。しかし、良いところのある馬ですから、すぐにチャンスはあると思います」

7着 シルバースミス(松山弘平騎手)
「外枠で厳しい形になりました。1400mも忙しい感じで、もう少し距離があっても良いように思います」

★★明日の出走取消(東京1R、東京6R)★★ [News]
2019/02/09(土) 13:10

明日の東京1レースに出走予定だったオルエンは左前肢跛行のため、馬番発表前に出走取消となった。

また、明日の東京6レースに出走予定だったタニノミッションは右前挫跖のため、馬番発表前に出走取消となった。

(2月9日 9:30 JRA発表)

9日(土)の東京競馬は降雪の影響で開催中止、11日(祝・月)に代替競馬 [News]
2019/02/09(土) 06:32

9日(土)の東京競馬は降雪の影響により安全な競馬の施行に支障があると判断されるため、開催中止となった。代替競馬は11日(祝・月)に出馬表の内容を変更せずに行われる(9日のスポーツ紙、専門紙などはそのまま使用できる)。

また、10日(日)の共同通信杯(GIII)の前日発売も取りやめとなった。なお9日(土)の京都競馬と小倉競馬は通常どおり開催される。

(JRA発表)

【ドバイシーマクラシック】(メイダン)~スワーヴリチャードが招待受諾 [News]
2019/02/08(金) 17:35

 3月30日(土)、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイシーマクラシック(G1・芝2410m)にスワーヴリチャード(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎)が選出され、関係者から招待を受諾するとの連絡があった。

(JRA発表)

9日(土)東京競馬の金曜日夜間発売を取りやめ [News]
2019/02/08(金) 17:07

 明日9日(土)の東京競馬(第1回東京競馬第5日)は、降雪による競馬開催への影響が予想されるため、即PAT会員およびJRAダイレクト利用の、9日(土)の東京競馬分の金曜日夜間発売(金曜日午後6時30分~土曜日午前7時)を取りやめることになった。

 また、9日(土)の「東京競馬開催の有無」、「9日(土)7時以降の電話・インターネット投票の発売」等については、決定次第、ホームページ等で発表される。

※「第2回京都競馬第5日」および「第1回小倉競馬第1日」の金曜日夜間発売は通常通り行われる。

(JRA発表)

【馬場情報】小倉競馬場 [News]
2019/02/08(金) 13:50

2月8日(金)正午現在の小倉競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:曇
馬場状態:(芝)稍重/(ダート)稍重

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。第2回小倉競馬終了後、傷んだ箇所の蹄跡補修を行い、10月上旬に洋芝をオーバーシードした。生育は順調で、全体的良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース 野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm
 
(含水率)測定時間 午前10時30分
芝コース:ゴール前8.7%、4コーナー10.3%
ダートコース:ゴール前12.3%、4コーナー10.3%

(中間の降水量)
1日(金)に0.5mm、3日(日)0.5mm、6日(水)に1.5mm、7日(木)0.5mmの降水量を記録。

(中間の作業内容)
●芝コース
4日(月)肥料を散布した。
4日(月)芝の生育管理のため散水を実施した。

●ダートコース
1日(金)、4日(月)、6日(水)~8日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

(JRA発表)


【馬場情報】京都競馬場 [News]
2019/02/08(金) 13:28

2月8日(金)正午現在の京都競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:曇
馬場状態:(芝)良/(ダート)稍重

(芝の状態)
今週もBコース(Aコースから直線部4メートル、曲線部3メートル外に内柵を設置)を使用。正面直線に傷みがある。その他の箇所も内柵沿いに傷みが出始めた。

(芝の草丈)
芝コース 野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm
障害コース 野芝約12~14cm
 
(含水率)測定時間 午前9時40分
芝コース:ゴール前8.2%、4コーナー7.7%
ダートコース:ゴール前10.2%、4コーナー10.3%

(中間の降水量)
3日(日)に6.0mm、4日(月)1.0mm、6日(水)に2.0mmの降水量を記録。

(中間の作業内容)
●芝コース
特記する作業はない。

●ダートコース
6日(水)~8日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

●障害コース
特記する作業はない。

(JRA発表)


全57895件中 101件〜110件目を表示 [ 前の10件 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次の10件 ]