【馬場情報】東京競馬場 [News]
2019/06/07(金) 13:55

6月7日(金)正午現在の東京競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:雨
馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
今週もCコース(Aコースから6メートル外に内柵を設置)を使用。3コーナーから4コーナーの内柵沿いに傷みはあるが、大きな傷みは少なく全体的に概ね良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約10~12cm、洋芝約14~18cm
障害コース:野芝約10~12cm

(含水率)測定時刻 午前8時30分
芝コース:ゴール前12.2%、4コーナー12.5%
ダートコース:ゴール前1.9%、4コーナー2.6%

(中間の降水量)
7日(金)に3.5mmの降水量を記録した。

(中間の作業内容)
●芝コース
3日(月)、5日(水)~6日(木)芝の生育管理のために散水を実施。
4日(火)芝刈りを実施。
6日(木)殺菌剤を散布。

●ダートコース
4日(火)~7日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

●障害コース
4日(火)芝の生育管理のため散水を実施。
6日(木)芝刈りを実施。

(JRA発表)


【馬場情報】阪神競馬場 [News]
2019/06/07(金) 13:42

6月7日(金)正午現在の阪神競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:曇
馬場状態:(芝)重/(ダート)不良

(芝の状態)
今週もAコース(内柵を最内に設置)を使用。向正面直線から内・外回り3コーナーおよび正面直線に若干の傷みが見られるが、全体的には概ね良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約10~12cm、洋芝約14~18cm
障害コース:野芝約10~12cm
 
(含水率)測定時間 午前10時00分
芝コース:ゴール前10.1%、4コーナー12.9%
ダートコース:ゴール前17.0%、4コーナー16.9%

(中間の降水量)
7日(金)に24.0mmの降水量を記録。

(中間の作業内容)
●芝コース
3日(月)芝刈りを実施。
4日(火)~6日(木)芝の生育管理のため散水を実施。
5日(水)殺虫剤を散布。
5日(水)殺菌剤を散布。

●ダートコース
4日(火)~6日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

●障害コース
2日(日)、5日(水)芝の生育管理のため散水を実施。
6日(木)殺虫剤を散布。
6日(木)殺菌剤を散布。

(JRA発表)

武豊騎手とクリストフ・ルメール騎手が海外渡航届を提出 [News]
2019/06/07(金) 11:19

武豊騎手とクリストフ・ルメール騎手がJRAに海外渡航届を提出した。

武豊騎手は6月11日(火)~20日(木)の期間で、渡航先はフランスとイギリス(プリンスオブウェールズステークスなど騎乗のため)。ルメール騎手は6月14日(金)~18日(火)の期間で、渡航先はフランス(ディアヌ賞騎乗のため)。

(JRA発表)

明後日の出走取消(東京11R) [News]
2019/06/07(金) 11:11

あさって9日(日)の東京競馬11レース・エプソムカップ(GIII)に出走予定だった10番ソウルスターリングは、左前肢跛行のため出走を取り消した。

(JRA 7日11時発表)

【ベルモントS】(アメリカ)~マスターフェンサーは厩舎周りで軽い運動 [News]
2019/06/07(金) 10:34

現地時間6月8日(土)にアメリカ・ベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスに出走予定のマスターフェンサー(牡3、栗東・角田晃一厩舎)について、現地6日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

調教状況
ベルモントパーク競馬場で、厩舎まわりでのウォーキング

高野容輔調教助手のコメント
「昨日追い切りを行ったので、今日は軽い運動のみで終了しました。馬の状態も変わらず、オンとオフの切り替えがしっかり出来ているので、今日もリラックスしているようでした」

(現地情報)

【北海道スプリントC】(門別)~ヤマニンアンプリメ快勝、長谷川厩舎も初重賞 [News]
2019/06/06(木) 21:53

6日(木)に門別競馬場(曇・稍重)で行われた第23回北海道スプリントカップ(JpnIII・1200m、16頭)は、1番人気、唯一頭の牝馬ヤマニンアンプリメ(JRA)が3番手からレースを進め、先行するシュウジ(JRA)とショコラブラン(大井)を直線で交わし去ると、リードを広げ重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは1分11秒5。

3馬身差の2着に、中団から最後の直線で追い込んだ8番人気、地元北海道のメイショウアイアン、クビ差の3着にJRAのノボバカラが続き、先行した2番人気シュウジ(JRA)は最後力尽きて5着に終った。

勝ったヤマニンアンプリメは、父シニスターミニスター、母ヤマニンエリプス(その父サンデーサイレンス)という血統の5歳牝馬。JRA栗東・長谷川浩大調教師の管理馬。今年3月に厩舎を開業した長谷川調教師にとっては、嬉しい重賞初勝利となった。通算成績は26戦7勝(地方4戦1勝)。

【宝塚記念】~ファン投票最終結果発表、アーモンドアイが首位 [News]
2019/06/06(木) 15:29

6月23日(日)に阪神競馬場で行われる第60回宝塚記念(GI)のファン投票最終結果が6日、JRAから発表された。1位はアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)が78778票を集め、2位に72805票のレイデオロ(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)、3位は66032票のキセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)と続いている。1位から10位までは以下の通り。

 1位 アーモンドアイ   78778(票数)
 2位 レイデオロ     72805
 3位 キセキ       66032
 4位 アルアイン     56731
 5位 フィエールマン   50938
 6位 ブラストワンピース 49345
 7位 スワーヴリチャード 46880
 8位 オジュウチョウサン 45820
 9位 リスグラシュー   40506
10位 ワグネリアン    38375

(JRA発表による) 

【ベルモントS】(アメリカ)~マスターフェンサー、単走で追い切り [News]
2019/06/06(木) 13:51

現地時間6月8日(土)にアメリカのベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークス(G1)に出走予定のマスターフェンサー(牡3、栗東・角田晃一厩舎)の、現地6月6日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

<調教状況>
ベルモントパーク競馬場のトレーニングトラック(ダートコース)でダク半周、ハッキング1周半。メイントラック(ダートコース)をJ.ルパルー騎手が騎乗して単走で5ハロンから追い切り〔調教時計 61.28秒(5F)〕
ゲートスクーリング

<角田晃一調教師のコメント>
「調教の動きは、チャーチルダウンズの時と比べてスピード感があったと思います。調教過程で言えば今回の方が順調に来ていると思います。ケンタッキーの時は体を戻さないと、という意識もありましたが、今回はレースに向けて専念できました。馬も落ち着いているし、あとは無事に走ってくれれば思います。
(枠順について)外側から順番に決まっていったので、どうなるかと思いましたが、結果的には内枠を望んでいたので良かったと思います。くじ順が1番最後だったので残り物には福があると信じています」

<J.ルパルー騎手のコメント>
「チャーチルダウンズにいた時よりもずっと良くなっていると思います。前回は押して押して、ようやくといった感じもありましたが、今回は持ったままでタイムも出ており、満足できるものだったと思います。
(枠順について)
内側に2頭しかいないので、レースもしやすいと思うし、良い枠に入ったと思います」

(JRA発表)


【エプソムC】美浦レポート~レイエンダ [News]
2019/06/05(水) 14:20

6月9日(日)に東京競馬場で行われるエプソムカップ(GIII)に出走予定のレイエンダ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について、藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

(まずは前走メイステークスを振り返ってください)
「外枠であまりスタートも良くなくて、直線もごちゃついてしまって力を出し切れず、残念な競馬でした」

(それから中2週の様子は?)
「間隔が詰まっているので、ほとんど坂路で軽い調教でしたが、元気よく順調に来ています。前走も体調はよかったですが、今回も維持していると思います」

(最終追い切りはウッドチップコースで行われましたね)
「時計は遅かったですが良い併せ馬だったと思いますし、前回のようなことにならなければもう少し走れると思います。仕上がりは良いのですが、ここ何戦かスタートのリズムが良くなくて外枠にあたったりしていたので、今回また頑張って欲しいです。ただ今回は乗りなれたルメール騎手ですし、スタートに関してはそれほど心配していません」

(東京芝1800メートルという舞台はいかがでしょう?)
「オープンに入ってからここ3戦良くないですが、体調は悪くないので頑張ってくれたらなと思います」

(意気込みをお願いします)
「お兄さんは素晴らしい馬なのでもっと走れる馬だと思っています。ここ何戦かリズムが悪いですが、この馬も良い馬なので応援してください」


(取材:小屋敷彰吾)

【エプソムC】美浦レポート~ミッキースワロー [News]
2019/06/05(水) 14:14

6月9日(日)に東京競馬場で行われるエプソムカップ(GIII)に出走予定のミッキースワロー(牡5歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)について、菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

(前走新潟大賞典を振り返って)
「調子が良くて、トップハンデの57.5キロでしたが力のあるところをみせてくれたのではないかと思います。1枠でしたがジョッキーもうまくエスコートして、最後は脚を使ってくれて、結果2着でも満足いく競馬ができたと思います」

(それからの中間の様子)
「1〜2週間ほど短期で放牧に出してケアをして、それからエプソムカップに向けて調整してきました。一度使ったことで馬体にハリが出てきました。また時期的にこうした暑いところも大丈夫ですので、体調も良く、すこぶる順調です。1週前追い切りでは、1頭で気分よく少し早めの調教を行いました。動きもよく、今までより前進気勢でフォームも変わってきたのかなと思います」

(そして、今朝の最終追い切りは菊沢調教師ご自身が乗って行われましたね)
「調教は調教、というようにこの馬自身が冷めた部分もあったので、前に馬を置いてゴール前だけしっかり走らせるように乗りました。やる気もみせて、馬も弾んで走るような感じでした。前走と比べても確実に上がってると思います」

(東京芝1800メートルという舞台は?)
「ある程度タフなコースではありますが、力の発揮しやすいコースだとも思っているので、問題ないと思います。距離1800メートルは特に気にしていません」

(最後に、意気込みを)
「前走惜しいところまできていたので、なんとか久しぶりに重賞でタイトルを取らせたいと思っています。応援よろしくお願い致します」

(取材:小屋敷彰吾)

全58959件中 101件〜110件目を表示 [ 前の10件 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次の10件 ]