【馬場情報】函館競馬場 [News]
2018/06/22(金) 13:17

6月22日(金)正午現在の函館競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)晴
(馬場状態)芝:良 ダート:良

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。1週使用したが、大きな傷みは発生しておらず、全体的に良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース:洋芝約12~16cm

(中間の降水量)
20日(水)に4.5ミリ、21日(木)1ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
17日(日)~19日(火)芝の生育管理のため散水を実施。18日(月)芝刈りを実施。

・ダートコース
18日(月)、20日(水)~22日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

【馬場情報】阪神競馬場 [News]
2018/06/22(金) 13:16

6月22日(金)正午現在の阪神競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)晴
(馬場状態)芝:良 ダート:稍重

(芝の状態)
Bコース(Aコースから直線部3m、曲線部4m外に内柵を設置)を使用。大きな傷みは無く、概ね良好な状態を保っている。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約10~12cm、洋芝約14~18cm

(中間の降水量)
15日(金)に2.5ミリ、19日(火)1.5ミリ、20日(水)41.5ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
17日(日)~18日(月)芝の生育管理のため散水を実施。18日(月)芝刈りを実施。

・ダートコース
19日(火)、21日(木)~22日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

【馬場情報】東京競馬場 [News]
2018/06/22(金) 13:15

6月22日(金)正午現在の東京競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)晴
(馬場状態)芝:良 ダート:重

(芝の状態)
Dコース(Aコースから9m外に内柵を設置)を使用。3コーナーから正面直線にかけて、内柵沿いに傷みが見られる。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約10~12cm、洋芝約12~16cm
障害コース:野芝約12~14cm、洋芝約16~18cm

(中間の降水量)
15日(金)に11.5ミリ、16日(土)0.5ミリ、18日(月)0.5ミリ、20日(水)22.5ミリ、21日(木)0.5ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
19日(火)芝刈りを実施。

・ダートコース
19日(火)、21日(木)~22日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

・障害コース
特記する作業はない。

(JRA発表)

【宝塚記念】(阪神)外国馬情報~ワーザー、飼い食い良く馬体も素晴らしい状態 [News]
2018/06/22(金) 11:04

24日(日)阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に出走予定のワーザー(せん7、香港)の、22日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

(阪神競馬場 天候:晴、馬場状態:良)

【調教状況】
ロマン・クラブルール調教助手が騎乗し、芝コースでダク700m、キャンター2900m

【ジョン・ムーア調教師のコメント】
「今朝は追い切り明けでしたが、馬の飼い食いも良く、馬体も素晴らしい状態です。明日については、本日と同じ内容の運動をダートコースで行う予定です。枠順については、1コーナーまで距離があるので、問題はないでしょう。レースについては、日本の競馬に慣れているボウマン騎手に任せます。馬場については、回復しても大丈夫ですが、雨が降った方が良いですね」

(現地情報)

【宝塚記念】事前発表馬体重~サトノダイヤモンドは510キロ [News]
2018/06/21(木) 17:56

24日(日)阪神競馬場で行われる第59回宝塚記念(GI)の「調教後の馬体重」が発表された。

枠番 馬番 馬名        馬体重 計量日(曜)場所 前走体重
1枠 1番 ステファノス    488 21日(木)栗東 486
1枠 2番 ノーブルマーズ   494 21日(木)栗東 490
2枠 3番 サトノダイヤモンド 510 21日(木)栗東 508
2枠 4番 ミッキーロケット  489 20日(水)栗東 480
3枠 5番 ストロングタイタン 534 21日(木)栗東 520
3枠 6番 アルバート     489 20日(水)美浦 474
4枠 7番 パフォーマプロミス 458 21日(木)栗東 452
4枠 8番 ダンビュライト   488 21日(木)栗東 468
5枠 9番 サトノクラウン   491 20日(水)美浦 前走海外
5枠10番 ヴィブロス     442 21日(木)栗東 前走海外
6枠11番 サイモンラムセス  464 20日(水)栗東 450
6枠12番 タツゴウゲキ    496 21日(木)栗東 490
7枠13番 ワーザー      454 21日(木)阪神 473
7枠14番 スマートレイアー  478 21日(木)栗東 470
8枠15番 ゼーヴィント    510 20日(水)美浦 496
8枠16番 キセキ       502 21日(木)栗東 496

※前走が海外の競馬であっても馬体重を計量している場合には「前走馬体重」を表記している。

(JRA発表)

【宝塚記念】枠順確定~サトノダイヤモンドは3番、ヴィブロスは10番 [News]
2018/06/21(木) 14:47

24日(日)阪神競馬場で行われる第59回宝塚記念(GI)の枠順が確定した。サトノダイヤモンドは2枠3番、サトノクラウンは5枠9番、ヴィブロスは5枠10番からのスタートとなる。発走は15時40分の予定。

1枠1番 ステファノス 58 岩田康誠
1枠2番 ノーブルマーズ 58 高倉稜
2枠3番 サトノダイヤモンド 58 C.ルメール
2枠4番 ミッキーロケット 58 和田竜二
3枠5番 ストロングタイタン 58 川田将雅
3枠6番 アルバート 58 藤岡康太
4枠7番 パフォーマプロミス 58 戸崎圭太
4枠8番 ダンビュライト 58 武豊
5枠9番 サトノクラウン 58 石橋脩
5枠10番 ヴィブロス 56 福永祐一
6番11番 サイモンラムセス 58 小牧太
6枠12番 タツゴウゲキ 58 秋山真一郎
7枠13番 ワーザー 58 H.ボウマン
7枠14番 スマートレイアー 56 松山弘平
8枠15番 ゼーヴィント 58 池添謙一
8枠16番 キセキ 58 M.デムーロ

(JRA発表)

【宝塚記念】(阪神)外国馬情報~ワーザー、芝コースで1200m追い切る [News]
2018/06/21(木) 13:43

24日(日)阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に出走予定のワーザー(せん7、香港)の21日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

(天候:曇・馬場状態:重)

【調教状況】
ロマン・クラブルール調教助手が騎乗し、芝コースでダク500m、常歩200m、キャンター800m、ギャロップ1200m

【馬主 ジョンソン・チェン氏のコメント】
「個人的に日本には縁があり、ジャパンカップを考えたこともありましたが、タイミング的に宝塚記念への出走を決断しました。日本馬は皆強いですが、ワーザーも良いレースをしてくれると思います」

【フィフィ・ムーア調教助手のコメント】
「馬の状態がとても良く、我々も満足していますし、ワーザー自身もこの遠征を楽しんでいるようです。馬はとても成熟しており、遠征するには良いタイミングだと思います」

【ロマン・クラブルール調教助手のコメント】
「本日は指示通り1200mを追いきりました。阪神競馬場の芝コースも上手にこなしていました。レースに関しては、この馬は渋った馬場を得意としており、宝塚記念が梅雨時期に行われるということが参戦の理由の一つです。前走は休養明けということもあり、この馬にとっては距離が短いレースを使いましたが、宝塚記念の2200mはベストの距離だと思います。枠順については1~5番が希望ですが、この馬の競馬が出来ればと思います」

(JRA発表)

ダノンプラチナ登録抹消、南アフリカで種牡馬に [News]
2018/06/20(水) 17:24

2014年の朝日杯フューチュリティステークス(GI)などに優勝したダノンプラチナ(牡6、美浦・国枝栄厩舎)は、きょう6月20日付で競走馬登録を抹消した。今後は南アフリカ共和国で種牡馬となる予定。

通算成績は15戦5勝。重賞は朝日杯FSのほか、2015年の富士ステークス(GIII)を勝っている。

(JRA発表)

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(6月20日) [News]
2018/06/20(水) 16:56

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の、6月20日(水)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

バラクラバ競馬場(オーストラリア)
5R 一般レース(芝1300m) ブライベック 3着(14頭)
7R 一般レース(芝1400m) アリトルチャンキー 3着(10頭)
8R 一般レース(芝1600m) アーガス 1着(12頭)

(JRA発表)

【宝塚記念】美浦レポート~サトノクラウン(堀宣行調教師) [News]
2018/06/20(水) 14:20

 24日(日)阪神競馬場で行われる第59回宝塚記念(GI)に出走予定のサトノクラウン(牡6、美浦・堀宣行厩舎)について、追い切り後の共同会見での堀宣行調教師のコメントは以下の通り。

「今回はドバイ遠征後の参戦で、その疲れがないかの確認を慎重にやってきました。正直、馬の状態は一進一退で、確実に良化しているという手応えはなかったのですが、その中で、これなら競馬に向けて行けるかなと思えたのが、特別登録の前くらいでした。いつも心肺機能の良い馬ですが、しっかり一週前追い切りをやらなければいけない状態でしたから、先週は3頭併せで負荷をかけました。

 先週はしっかりやりたかったのですが、誘導する馬が引っかかり、それにも増して強い負荷をかける状況になりました。追い切りの後は疲れが出たので、先週末の、通常行う軽めの調整追い切りを省いていますが、今週になってグンと上向いている様子が伺えます。
 先週の追い切りを終えた時点での、心拍数などの数値的な事を言えば、去年の宝塚記念の時よりは一枚落ちるけど、去年の秋の天皇賞の時とは同等くらいの状態にはなっている印象でした。馬が応えてくれた事が大きかったと思います。

 今日は、今週もある程度しっかりやりたい、ただし競馬に疲れを残したくないという状況でした。たまたま同じような状況の馬がいましたので、その馬と併せて、強度としては、狙い通りしっかりこなせたかなと思います。普段のレースの直前は、仕上がっていれば単走の多い馬ですが、今日は3頭でしっかり併せられて、終いまでハミをとって走れて、非常に良かったと思います。

 石橋騎手は日頃厩舎の調教を手伝ってくれていますが、この馬に関してはほぼ乗ったことがなかったので、2週ほど前から、普段の調教も追い切りも可能な限り乗ってもらっています。その中で、しっかり馬のクセを細かいところも掴んでほしいと思っていて、今日3頭併せできた事が少しは足しになったかと思います。

 ドバイの結果は残念でしたが、敗因はモレイラ騎手の言っていることが全てだと思います。暑い気候での競馬という事を優先順位の上に置き、少し調教を軽めに、フレッシュな状態で持っていこうという考え方でやりましたが、レースでの出来事に対し、特にそれが悪い方に向かってしまったなというところが残念でした。
 そういうコンセプトでやりましたから、少しテンションの高いところはありましたがそれは許容範囲で、逆に暑い中で良い傾向だと思っていましたし、状態は良かったと思います。

 去年の宝塚記念の勝因としては、ゲートインするまで良い状態でもっていけたのが大きな要因で、もう一つはデムーロ騎手が非常に上手く乗ってくれた事です。

 この馬は非常に能力が高く、そんなに絶好調に仕上げなくても整ってくる馬です。勝敗を常に左右しているのは、輸送、滞在してどうか、当日の精神面など、そういう部分をうまく持っていくのが難しい事です。
 宝塚記念の舞台としては去年勝っていますが、(舞台が)向いているからというより、それがうまく整ったところが大きいと思いますので、この後も、そのあたりを見抜いて的確な対応をとっていきたいと思います。特にドバイではそのあたりがうまくいかず惨敗していますので、去年勝ったから良いとは思っていません。

 馬場状態は去年と今年、先週と今週でも違うと思いますので、うまく見抜いて競馬の作戦に生かしたいと思います。この馬は道悪が上手というより、他の馬よりも苦にしないという表現の方が当たっていると思います。コースレイアウトは変わりませんから、十分に対応できる事は証明しています。
 当日の馬場状態は勝敗を分けると思います。梅雨時で天気予報もコロコロ変わりますが、良馬場で走れない馬ではないので、しっかり対応した作戦を考えていきたいと思います。ただ、先週の時計が速かったので、その辺りが気にはなっています」

(取材:中野雷太)

全55618件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]