【ヒヤシンスS】(東京)~人気のスマハマが突き抜け3連勝 [News]
2018/02/18(日) 15:41

東京9Rのヒヤシンスステークス(3歳オープン・ダート1600m)は1番人気スマハマ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒5(良)。2馬身半差の2着に9番人気タイキフェルヴール、さらに1馬身半差の3着に10番人気ルッジェーロが入った。

スマハマは栗東・高橋亮厩舎の3歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母サウンドザビーチ(母の父アフリート)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 スマハマ(藤岡佑介騎手)
「前2走は逃げる形になりましたが、今日は行く馬がいて、2番手からの競馬となりました。前走は左にもたれるところがあり、それも課題の一つでしたが、今日は残り300mを切るところから追い出して、しっかり伸びました。今日は期待以上の走りでした。距離は延びても大丈夫そうです。今後が楽しみですね」

(高橋亮調教師)
「今日は2番手で流れに乗れて上手に走っていましたし、収穫のあるレースでした。(ジャパン・ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーの対象レースを勝って30ポイントを獲得し、)向こうの関係者からも是非ケンタッキーダービーに来てほしいとオファーを頂きましたが、まだレースが終わったばかりですから、状態を確認して決めたいです。夢が広がりましたね」

3着 ルッジェーロ(鹿戸雄一調教師)
「厳しい競馬の割に頑張っています。後もうひと踏ん張りですね」

15着 メイショウオーパス(幸英明騎手)
「馬群の中に入ると嫌がり方がきついですね。極端なレースをしたほうが良いかもしれません」

【春日特別】(京都)~ストンライティングが大外から差し切る [News]
2018/02/18(日) 15:17

京都9Rの春日特別(4歳以上1000万下・芝1800m)は4番人気ストンライティング(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒5(良)。半馬身差の2着に1番人気プリンセスルーラー、さらにクビ差の3着に3番人気メイショウテンシャが入った。

ストンライティングは栗東・川村禎彦厩舎の5歳牡馬で、父ストーミングホーム、母フォトジェニック(母の父Sinndar)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ストンライティング(松山弘平騎手)
「休み明けで1回使ったことで、しっかりと動けるようになりました。能力の高い馬ですし、外差しが決まる馬場なので、焦らずに行きました。良い所を通らせたら良い脚を使えると思っていました。しっかりと伸びて強い競馬でした」

2着 プリンセスルーラー(M.デムーロ騎手)
「最後までよく頑張ってくれました。勝った馬が強かったです。仕方がありません」

4着 メイショウミツボシ(四位洋文騎手)
「インコースを取りたかったのですが、あまり器用さがないのであの位置になりました。じっくりと行きました。内の馬場が悪いので、外に出して伸びてはいますが、もう少しでした。テンに器用さがあれば良いですね。良い馬ですが、難しいところがあります」

ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」最終結果 [News]
2018/02/18(日) 15:08

2016年9月に創設された日本馬を対象としたケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の最終結果は以下の通り。

1位 スマハマ 30P
2位 ルッジェーロ 16P
3位 タイキフェルヴール 12P
4位 ルヴァンスレーヴ 10P

※ポイント最上位の馬は本年のケンタッキーダービー(5月5日・チャーチルダウンズ競馬場)に出走可能

※ポイント4位の馬まで上位の馬の辞退による繰り上げで出走可能

【3歳500万下】(京都6R)~バイラが2番手から押し切りV [News]
2018/02/18(日) 14:20

京都6Rの3歳500万下(ダート1400m)は3番人気バイラ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒2(良)。ハナ差の2着に1番人気シヴァージ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気メイショウコゴミが入った。

バイラは栗東・川村禎彦厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母コウエイテンプウ(母の父デヒア)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 バイラ(松山弘平騎手)
「スタート良く、好位につけられました。道中は集中していないところがありましたが、それでも最後までしっかりと踏ん張っていました。能力は高いです。集中してくれればもっと良くなると思います」

2着 シヴァージ(藤岡康太騎手)
「芝のスタートでしたが、上手に切ってくれて、良い位置を取れました。道中の流れが新馬とは違うので、勝負どころで手応えに余裕がありませんでした。差は詰めていますが、着差が着差だけに何とかしたかったです」

3着 メイショウコゴミ(四位洋文騎手)
「気の弱い馬なので、外へ逃げたり、最後は内が開いていても躊躇して入れなかったりしていました。しかし、良い馬なのでこのクラスではすぐに勝てると思います。(今日が)良い経験になると思います」

5着 マイウェイアムール(国分優作騎手)
「スタートでよろけてしまい、位置取りの差が出ました。もう1列、2列前だったら、違う競馬になっていたと思います。砂を被っても問題ありませんでした」

【メイクデビュー】(東京5R)~ライラックカラーが鮮やかに差し切る [News]
2018/02/18(日) 14:08

東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は3番人気ライラックカラー(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2(良)。クビ差の2着に5番人気ランドネ、さらに3馬身差の3着に6番人気ロードザナドゥが入った。

ライラックカラーは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母ルルパンブルー(母の父ジャングルポケット)。

~レース後のコメント~
1着 ライラックカラー(北村宏司騎手)
「馬は落ち着いていました。ペースが遅くハミを噛むところがありましたが、それでも我慢が利いていました。追い出してからフォームが沈んで上手に走ってくれました」

2着 ランドネ(戸崎圭太騎手)
「余計なことをしない良い馬です。走る馬だと思います」

3着 ロードザナドゥ(三浦皇成騎手)
「ゲートの出が鈍いと聞いていましたが、それなりに出てくれました。そこからの出脚も良く、次につながる良い競馬でした。使ってからさらに良くなると思います」

5着 カプア(F.ミナリク騎手)
「スタートして良い位置を取ることが出来ました。最後も抜かされてから差し返す気持ちの強いところを見せました。芝と距離は問題ないです」

6着 オルトルート(大野拓弥騎手)
「レース後半の動きは良かったです。ペースがもっと流れてくれれば、違った結果になると思います」

【メイクデビュー】(小倉5R)~ダンサールが逃げ切り勝ち [News]
2018/02/18(日) 13:53

小倉5Rのメイクデビュー小倉(芝2000m)は4番人気ダンサール(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒7(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気コンテント、さらにアタマ差の3着に2番人気デサフィアンテが入った。

ダンサールは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母バラダセール(母の父Not For Sale)。

~レース後のコメント~
1着 ダンサール(木幡巧也騎手)
「積極的に乗ってほしいという指示の通りに乗りました。まだ余裕があって将来性があると思います」

2着 コンテント(川田将雅騎手)
「調教本数をこなしていない中で、思っていたよりも良い内容でした。これで変わってくればと思います」

5着 カリンカ(吉田隼人騎手)
「気持ちがまだ前向きではないのか、ゲートを出てくれませんでした。スローペースで脚は使っていますし、変わっていけばと思います」

【3歳500万下】(東京3R)~レピアーウィットが人気に応えて連勝 [News]
2018/02/18(日) 13:44

東京3Rの3歳500万下(ダート1400m)は1番人気レピアーウィット(R.ムーア騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒7(良)。2馬身差の2着に11番人気セイウンクールガイ、さらに5馬身差の3着に6番人気ドリュウが入った。

レピアーウィットは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母ランニングボブキャッツ(母の父Running Stag)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レピアーウィット(R.ムーア騎手)
「スタートで躓いて出遅れてしまった上に、砂を被ると嫌がっていました。まだまだ良くなる余地があるでしょう。今日のレースで(馬が)色々と学んだと思いますし、この先が楽しみです」

2着 セイウンクールガイ(武藤雅騎手)
「この馬の競馬は出来ましたが、相手が悪かったです。能力はありますし、精神的な脆さが改善されていけば、もっとやれると思います」

3着 ドリュウ(田辺裕信騎手)
「元々差す競馬の方がいい馬で、マイペースで脚を溜めて行けました。未勝利を勝つ前から陣営とも東京が良いのではないかと話していた馬ですし、東京にコースが替わったのも良かったと思います」

小倉1Rの競走中止について [News]
2018/02/18(日) 13:36

小倉1レースで、7番タカラトゥーン(柴山雄一騎手)は、下記疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止した。

 馬:右第3中手骨開放骨折 ※予後不良
騎手:異状なし

(JRA発表による)

D.バルジュー騎手、海外渡航届を提出 [News]
2018/02/18(日) 13:31

ダリオ・バルジュー騎手はエミールズトロフィー(カタール)に騎乗するため、カタールへの海外渡航届を提出した。期間は2018年2月22日(木)から2月25日(日)まで。

(JRA発表による)

【大牟田特別】(小倉)~ピナクルズが先手を奪って押し切る [News]
2018/02/17(土) 17:33

小倉12Rの大牟田特別(4歳以上500万下、芝1200m)は8番人気ピナクルズ(小崎綾也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒8(良)。クビ差2着に3番人気タイセイブレーク、さらに1馬身1/2差で3着に4番人気マイネルパッセが入った。

ピナクルズは栗東・牧田和弥厩舎の5歳セン馬で、父ブラックタイド、母ダンゼロゴールド(母の父Danzero)。通算成績は14戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ピナクルズ(小崎騎手)
「気分にムラのある馬ですが、今日は調子が良さそうでした。このあたりがレースにつながったと思います」

2着 タイセイブレーク(丸山騎手)
「すごい脚でした。ここまでの脚を使うとは...。気性の課題はありますが、自分のリズムで行けるといいです。いい馬です」

4着 シュエットヌーベル(西田騎手)
「芝の走りは良かったです。気合を入れたら位置を取りに行ってくれました。芝1200mは合いそうです」

全54558件中 31件〜40件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]