【ホープフルS】美浦レポート~ワーケア [News]
2019/12/25(水) 16:30
12月28日(土)に中山競馬場で行われる第36回ホープフルステークス(GI)に出走予定のワーケア(牡2、美浦・手塚厩舎)について、追い切り後の手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

(前走のアイビーSを振り返って)
「期待通りの走りで良い内容だったと思います。頭数が少なかったのですが、外から捻じ伏せる手応え通りに伸びてくれた内容と、しっかり伸びきって着差もありましたし、時計も詰めて良かったと思います」

(中間の調整は?)
「1カ月ぐらい前に美浦に戻ってきて、予定通りに調教をこなしてきました。アイビーSの時より調教内容を濃くしていますし、それに十分耐えられているということで、上積みも結構あるかなと思います」

(今朝の追い切りの指示は?)
「先週、この子にとっては一杯の追い切りをさせているので、今週は時計はまあまあ出ましたが、馬なりで良いかなと思って、3頭併せでしっかり併せて闘争心をつけるイメージで行いました」

(仕上がり具合については)
「体は大きくなっているので体重的にはどうかと思いますけれど、中身はしっかりと出来ていると思うので万全だと思います」

(デビューしてからの成長は?)
「体は6月の頃に比べて大きくなっていると思います。精神的な面はデビューの頃から割と大人びたところがあって、その点は変わらずにきているので、精神面に体が段々と追いついてきている感じかなと思っています」

(今回、初めての中山コースです)
「距離の2000メートルは全く心配していませんが、コーナー4つで小周りコースということを考えると、そこは初めてなので、やってみないとわからないとは思います。ただ、器用な馬なので、十分こなせると思っています」

(右周りも初めてですが)
「調教でも若干左にいくような仕草を見せる時があるので、逆に右周りの方が操縦し易いかなとは思っています」

(前2走は渋った馬場でしたが、今回は良馬場で行われそうです)
「たまたまレースが稍重と重だっただけで、良馬場が苦手という事はないと思います。また、緩い馬場の中でも上がりの速いラップで駆け抜けているので、良馬場だったら更に・・という思いはあります」

(レースへの意気込みを)
「2戦2勝ということでGIの舞台に立てましたけれども、今回は同じように2戦2勝の馬もたくさん出ていますし、強い相手がいっぱいいるので、チャレンジャーの気持ちではありますが、この子も十分にGIに手が届く能力があると思っているので、応援して下さい」

(取材:木和田篤)