JRA、キャッシュレス発売機などの導入スケジュールを発表 [News]
2018/03/05(月) 14:52
 JRAは5日、今年秋以降に導入する「キャッシュレス発売機」と「情報照会端末機(通称:UMAポート)」の導入スケジュールを以下の通り発表した。

 9月22日(土)東京競馬場
 10月20日(土)福島競馬場
 11月17日(土)中京競馬場、阪神競馬場
 11月24日(土)ウインズ銀座、ウインズ難波、ウインズ神戸(ウインズ神戸B館はUMAポートのみ)

 上記以外の競馬場では来年に、ウインズやエクセルでは来年以降に順次導入される予定。

 キャッシュレス発売機は、専用の非接触型ICカード"JRA-UMACA(ウマカ)"で購入が可能となる。UMAポートは情報提供端末として、キャッシュレス投票の過去投票内容の照会機能や、オッズ印刷機能のほか、UMACAを介したサービスの提供が行われる。
 なお、UMACAの利用に際しては会員加入の必要がある。

 キャッシュレス発売機はインターネット投票システムを利用しており、競馬場やウインズで「海外競馬」「WIN5」の購入が可能になる。また、現行の現金発売機とは異なり、UMACAへのチャージ金や払戻金などを通じて「馬券レス・現金レス」で購入が可能になる。チャージ金や払戻金などの出金は、専用の入出金機にて行う。また、このキャッシュレス発売機は投票所から離れた場所でも設置が可能になっている(入出金機は既存の投票所に設置)。