JRA、来年以降の一部オープン競走を「リステッド」に格付けへ [News]
2018/03/05(月) 14:19
 JRAは5日、来年の春季競馬からオープン競走の一部を「リステッド競走」に格付けすることを発表した。これは競走体系や生産の指標としてグレード競走に次ぐ重要な競走であることを明示するため。

 リステッド競走はGI、GII、GIIIのグレード競走の次に重要な競走として、パートI国の主要競走に位置づけられている。グレード競走同様、優勝馬がセリ名簿にブラックタイプ(太字)で記載されることから、生産の指標としても非常に重要な競走として認識されており、競走一覧は「インターナショナル・カタロギング・スタンダーズ」に掲載されている。

 JRAでは来年以降、オープン競走の中で質の高い競走をリステッド競走として格付けするとともに、レース名の後ろに「(L)」を付す。リステッド競走への格付けは、グレード競走の格付けと同様に「日本グレード格付け管理委員会」で審査と承認が行われる。

 リステッド競走は前年11月中旬頃に、重賞競走と合わせて発表される。