【エーデルワイス賞】(JpnIII)~ウィッシュハピネスが逃げ切り初重賞制覇 [News]
2014/10/17(金) 10:11
 16日(木)、門別競馬場(曇、稍重)で2歳牝馬の交流重賞・第17回エーデルワイス賞(JpnIII)が行われ、1番人気に推されたウィッシュハピネス(JRA)が好ダッシュからそのまま逃げ切り。デビュー3戦目で初重賞制覇を決めた。

 レースはウィッシュハピネスが逃げ、15番人気のネガティヴ(北海道)が2番手、16番人気のマイファンファーレ(北海道)、8番人気のジュエルクイーン(北海道)、12番人気のパシコペンネッタ(北海道)などが好位を占め、2番人気のノットフォーマル(JRA)、3番人気のステファニーラン(北海道)は中団の後ろを追走した。
 直線に入ると、ウィッシュハピネスはリードを広げ、そのまま逃げ切った。勝ちタイムは1分12秒9、勝利騎手は戸崎圭太。
 2着争いは粘り込もうとするネガティヴに、内からジュエルクイーンが接近。最後はアタマ差交わしてジュエルクイーンが2着、ネガティヴが3着。4コーナーでは最後方にいたフィーリンググー(北海道)が追い上げて4着、中団にいたブライトギャル(北海道)が5着。
 人気を集めていたノットフォーマルは12着、ステファニーランは9着に敗れた。

 ウィッシュハピネスは父ゴールドアリュール、母フロムスクラッチ(母父Grand Slam)の2歳牝馬・青鹿毛。JRA栗東の沖芳夫厩舎所属。芝1200mだったデビュー戦こそ6着に敗れたが、ダートに路線を切り替えた後はこれで2連勝。3戦目での初重賞制覇となった。通算3戦2勝(中央2戦1勝)。