【浦和記念】(JpnII)~マイネルバサラが重賞初制覇 [News]
2017/11/23(木) 16:28
 浦和競馬場(晴、不良)で23日、第38回浦和記念(JpnII・ダート2000m)が行われ、5番人気だったマイネルバサラ(牡4歳、JRA美浦・松山将樹厩舎)が重賞初制覇を飾った。

 レースは好スタートを切ったタマモホルン(浦和)が逃げ、2番人気に推されたヒガシウィルウィン(船橋)とバルダッサーレ(大井)がマークする形。4番手にマイネルバサラ、その直後を4番人気のナムラアラシ(JRA)と1番人気のオールブラッシュ(JRA)が追走した。3番人気のクリノスターオーは後方からレースを進めた。

 2周目の向こう正面で一気にマイネルバサラが動いて先頭に立つと、ヒガシウィルウィンが追走。そこにナムラアラシとオールブラッシュが並びかけて4コーナーへ。直線では、マイネルバサラがリードを開いて6馬身差の圧勝。タイムは2分08秒2。一旦は後退したかに見えたヒガシウィルウィンが盛り返して2着を確保、3着はオールブラッシュだった。クリノスターオーは5着だった。

 マイネルバサラは父シニスターミニスター、母サザンレイスター(母の父サザンヘイロー)の牡4歳、鹿毛。通算20戦6勝で重賞初制覇。JRA・柴田大知騎手の騎乗だった。

【レース後のコメント】

1着 マイネルバサラ(柴田大知騎手)
「正直忙しいかと思っていましたが、うまくこなしてくれて、いい位置で競馬ができました。長くいい脚を使う馬で、後続に脚を使わせる競馬をしました。最後は、あそこまで後続を離しているとは思いませんでしたから、驚きました。本当に力をつけていますし、まだ4歳。これから強くなると思います」

2着 ヒガシウィルウィン(森泰斗騎手)
「まずまず仕上がっていたと思いますが、まだこれから良くなると思います。休み明けの3歳ですし、次が楽しみです」

3着 オールブラッシュ (C.ルメール騎手)
「勝ち馬の後ろでリラックスして、息も入りました。向正面で位置を上げたかったのですが、上げられませんでした。コーナーもきつく、バテてはいませんが、反応が今ひとつで、58kgもあったと思います」

4着 ナムラアラシ(福永祐一騎手)
「いい形で行けましたが、そこから上がって行けませんでした」

5着 クリノスターオー(幸英明騎手)
「ゲートで滑ってしまい、自分の競馬ができませんでした。具合が良かっただけに、残念です」

(取材:中野雷太)