【かしわ記念】(JpnI、船橋)~9歳馬ワンダーアキュート、和田竜二騎手と2年ぶりのコンビ復活で差し切る [News]
2015/05/05(火) 18:25
 5日(祝・火)、船橋競馬場(晴れ・良)で第27回かしわ記念(JpnI、1600m)が10頭の出走で行われ、9歳馬のワンダーアキュートが鋭い伸びで先行馬を交わしてJpnI3勝目を挙げた。

 大外枠からセイントメモリー(大井)が気合いをつけて逃げの手に出て、1番人気のベストウォーリア(JRA)がすぐ外の2番手。ハッピースプリント(大井)、セイクリムズン(JRA)が好位。2番人気のサンビスタ(JRA)、ワンダーアキュート(JRA)、3番人気のクリソライト(JRA)がこれらの直後につけた。
 3コーナーでベストウォーリアが先頭に立つと、ハッピースプリントが外から接近、直後にワンダーアキュートがつけて、3頭が後続を離して直線へ向かう。
 直線に入るところでベストウォーリアを交わしにいったハッピースプリントがやや外に膨らみ、盛り返すベストウォーリアとハッピースプリントの間にワンダーアキュートが迫る。最後はワンダーアキュートが前の2頭をあっさりと交わして、1馬身差をつけてゴール。タイムは1分37秒4だった。
 盛り返しを図ったベストウォーリアが2着は確保し、ハッピースプリントは2着馬から1馬身半差の3着だった。クリソライトは4着、サンビスタは5着に敗れた。

 ワンダーアキュートは父カリズマティック、母ワンダーヘリテージ(母父Pleasant Tap)の9歳牡馬・鹿毛。昨年6月の帝王賞(JpnI、大井)以来の勝利を飾り、JpnIは2012年JBCクラシック(川崎)と合わせて3勝目となった。通算44戦13勝(中央27戦9勝)。

 レース後のコメントは以下の通り。

 1着ワンダーアキュート(佐藤正雄調教師)「アキュートと和田くんに感謝です。フェブラリーステークスの後は、最近にないくらい順調でした。年齢のことは気になっていましたが、馬体重が508kgまで絞れていて、この数字だと切れる馬なので、もしかしたら、とは思っていました。一番いい位置につけられましたが、あまりに末脚が切れたので驚いています。9歳でも筋肉はまだやわらかいですし、衰えを知りません。この後は帝王賞へ向かいます。この勢いで大井でも頑張りたいです。応援よろしくお願いします」
 (和田竜二騎手)「レースは半信半疑でしたが、状態は良かったですし期待をしていました。とはいえ、正直びっくりしています。いい位置にはつけられましたが、3~4コーナーでズブくなっていました。しかし、直線では他馬の間に入った時に脚色が違ったので行けると思いました。抜け出してから遊んでいるような面もあり、まだ余裕があると思います。最近は奮わないレースが続いていましたが、調教では出来が良いと感じましたし、年齢は気になりませんでした。何とか年齢を覆して、今度はJRAのGIを勝たせてあげたいです。今日は久々にこの馬らしいレースが出来て幸せでした。(帝王賞が行われる)大井は走り慣れていますし、また一緒に頑張りたいです」

 2着ベストウォーリア(福永祐一騎手)「3番手の馬に早く来られたのが最後に応えました。積極的なレースをしてほしいという指示でしたが、他馬に早めに来られた分だけ、最後に厳しくなりました」

 3着ハッピースプリント(宮崎光行騎手)「ゲート裏から気合いをつけて、絶対に先行しようと思っていました。久々に乗りましたし、強引にでも行ってみました。4コーナーを出て少しふらつきましたが、思ったよりも善戦してくれました。調教ではスッと行ってくれますが、実戦はジリジリした脚になる、強いですが難しい馬です。なかなか中央の馬たちを負かすのは難しいですね」

 4着クリソライト(武豊騎手)「この距離だと先行するのは厳しいですね。思ったよりも砂を被って嫌がっていました。砂を被らずに引っ張っていけるくらいのほうがいいですし、距離が足りなかったです」

 5着サンビスタ(岩田康誠騎手)「パサパサの馬場で滑っているような感じで、今日は砂のキックバックを嫌がっているように感じました。状態は良かったのですが...」

(取材:山本直)